ブランドイメージを守りたい業者必見!在庫処分の方法とは?

「在庫がたくさん残っているから、値下げセールを行いたい」このように考えているアパレル業者は多いのではないのでしょうか?
しかし、値下げを行うことによって、ブランド力が落ちてしまうのではないのかという懸念もありますよね。

そこで今回は、このような不安をなくすためにブランドイメージを守るための在庫の処分方法をご紹介します。

■アパレル業界の悩み

アパレル業界は流行の移り変わりが非常に早いです。
そのため常に何が流行るのかを予想して、デザインを決めたり、発注を行ったりしなければなりません。
こうすることで、季節が移り変わる前に、次の季節の衣料品を出すことが可能になります。

しかし、季節外れのものやデザインが古いものは商品としてだすことが難しくなってきますよね。
また、衣料品はたくさん発注する傾向があるのでどうしても在庫が多く残ってしまうのがアパレル業界の現状であります。

■アパレル業界の在庫問題

アパレル業界では随分と前から準備を行わなければならない分、予測していたより多くの商品を入荷してしまったり、入荷が遅くなり、季節外れになってしまうことがあります。
また、上手くできていなくてB級品になってしまったり、売れ行きが順調ではなかったり、特定のものがたくさん残ってしまったりとたくさんの問題が起こってしまうのも事実です。

このような事情で、アパレル会社に返品され不良在庫となってしまうものがたくさんあります。

■在庫は現金化すべし

不良在庫は、倉庫に置いていても倉庫代がかかってしまうだけです。
続々と出てくる新しい商品を置く必要があるので、
不良在庫については在庫処分として低価格で売りに出した方が運転資金にすることができます。

しかし、それでも売れない物は当然出てきます。
また、値下げセールをしたことによって、ブランドの低下を懸念しているお店が多いのも事実です。

■ブランドのイメージを守りたい

ブランドのイメージを守りたい時に是非利用していただきたいのが、訳あり商品や在庫の買取を行う業者です。

このような業者を利用することによって、ブランドへの
イメージが低下するという心配をなくすことができます。

また、商品についているタグを切り取っての販売や、国内ではなく海外で販売するなど融通を利かしてくれるところもあるので、法人のアパレル業者の方たちでも、安心して依頼することができますよ。

■まとめ

今回は、ブランドイメージを守ったうえで在庫を処分する方法を紹介しました。
是非参考にしてみてくださいね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です