在庫処分でお困りですか?販売方法について紹介します!

「在庫処分はどのようにすれば良いのだろう」とお悩みの方はいらっしゃいませんか。
多くの在庫を抱えているとリスクが伴います。
在庫処分のための販売方法を知ることは大切でしょう。
そこで今回は、在庫のリスクや販売方法を紹介します。

余剰在庫の問題点とは?

余剰在庫とは、その名の通り余っている在庫のことを指します。
お客様に商品をお届けするために在庫は必要ですよね。
そのため、在庫を管理する方の中には、欠品をなくすために多く発注してしまいがちです。
しかし、売れ残った場合は余剰在庫を抱えてしまい、管理も大変になってしまいます。

余剰在庫があることはどのような点が問題なのでしょうか。
確認していきましょう。

1つ目は、キャッシュフローが悪くなることです。
余剰在庫は、支払いから入金までの期間が長くなってしまいます。
そのため、キャッシュフローが悪化し、資金繰りも悪くなってしまうのです。

2つ目は、商品の価値が下がってしまうことです。
長期間、在庫として残っているものは品質が下がってしまいます。
保管期間が長くなると、適正価格で売れなくなってしまうことはリスクだと言えるでしょう。

3つ目は、維持にコストがかかることです。
維持するだけで、保管スペースを確保したり、人件費を用意したりする必要がありコストがかかります。
在庫の量が増えれば増えるほど費用もかさみ、支出が大きくなってしまいます。

余剰在庫の対処法とは?

余剰在庫の対処法には、リサイクルやネットオークション、買取などが挙げられます。
その中でもおすすめは買取です。
その理由について解説します。

リサイクルはご自身で処分費用を払う必要があります。
また、ネットオークションの場合は、買い手がつかず売れ残るリスクがあります。

しかし、買取の場合、商品の価値を見極め、適切に価格が決定されるため前者の2つよりも高く処分できるでしょう。
また、売れ残る心配もなく安心なことも魅力の1つです。

当社は、ジャンルを問わずさまざまな商品の買取が可能です。
また、新品だけでなく、中古品の大量買取もできます。

まとめ

今回は、在庫処分の販売方法について紹介いたしました。
余剰在庫があるとキャッシュフローが滞るなどのリスクがありますので、早めに対処することが大切です。
当社は在庫買取の査定やお見積りは無料で行っております。
大量の在庫をお持ちでお悩みの方はお気軽に当社にご相談ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

【買取事例】アダルトグッズの買取

こんにちは

アダルトグッズの余剰在庫品の買取もさせて頂きます。

アダルトグッズは日本向けに作られたパッケージ品のみ買取対応をしています。

 

 

 

 

 

※現在は英語のみのパッケージ、中国語パッケージのアダルト商品は買い止めをしています。

 

 

 

倒産品の処分に困っている!買取の専門家にお任せください!

「お店が倒産してしまい、倒産品の処分に困っている」という方はいらっしゃいませんか。
倒産品の処分では買取という形で利益に変える方法があります。
倒産品を買取ってもらえたら嬉しいですよね。
こちらの記事では、倒産品の処分について買取の専門家が解説します。

倒産品の在庫処分はどうなるの?

会社や個人事業が倒産してしまった場合、倒産品の在庫は、破産者の所有する財産を管理・売却しお金に換える「破産管財人」が売却や処分を行います。
ただし、売却や処分には注意点がありますので、以下で確認していきましょう。

破産直前の動きというのは、裁判所および破産管財人から厳しく見られています。
例えば、破産直前にあまりにも安価な売却を行わないか、商品を知人や親族に横流ししないかなどです。
このような場合、破産管財人が商品の取戻し請求を行うこともあるので気を付けましょう。

さらに、売れ残りの在庫が多く存在し、廃棄費用が多額になるような場合は、裁判所に処分費用を納めないと破産手続開始が認められないことがあります。
そのため、破産申請を考えるときには、倒産品の在庫処分について弁護士としっかり相談すると良いでしょう。

倒産品の分類とは?高値で売却するコツをご紹介!

倒産品といっても多様な商品がありますが、せっかくなら高値で買取ってほしいですよね。
以下では、倒産品の分類と高値で売却するコツをご紹介します。

倒産品の分類は主に「中古品」と「アウトレット品」の2つに分けられます。

中古品の分類では、文房具や収納用品などの「事務用品」、次にシュレッダーやコピー機といった「事務機器」、そしてデスクや椅子をはじめとする「オフィス家具」、最後にテーブルやショーケースなどの「店舗什器」が挙げられます。

アウトレット品は、一定期間販売数の動きがなく売れない商品や在庫の回転率が悪い商品、品質検品検査に合格できない不良品、賞味・消費期限が切れている商品などが挙げられます。
買取に出す前に一度確認してみるのが良いでしょう。

次に、高値で買取ってもらうコツについてご紹介します。
「ホコリや汚れなどが商品に付着していたら綺麗にすること」「商品の付属品があればセットで査定に出すこと」「商品をまとめて買取に出すこと」に気を配ると良いでしょう。

しかし、商品によっては買取ができない倒産品もあります。
専門家によって取り扱う商品が異なるため、査定前に一度問い合わせすると良いでしょう。

まとめ

今回は、倒産品の処分方法について解説しました。
こちらの記事を参考に、ぜひ買取について検討してみてください。
倒産品を処分する際の注意点を確認し、高値の買取を目指しましょう。

当店では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

倒産品の文房具の処分でお困りですか?買取のプロが紹介!

「コロナ禍で営業が厳しく閉店してしまったが、倒産品の在庫処分ができていない」という方はいらっしゃいませんか。
その中でも、今回は文房具の処分方法について買取のプロがご紹介します。

高値で売れる倒産品文房具のポイントを3つご紹介!

文具が高額買取の可能性を秘めていることをご存知ですか。
今回は、高値で売れる文房具のポイントを3つご紹介します。

1つ目は、高級ブランドの文房具であることです。
人気の高い高級ブランドの文房具は高く売れる傾向にあります。
例えば、MONTBLANC (モンブラン)やPARKER (パーカー)、WATERMAN(ウォーターマン)などの文房具ブランドをはじめ、世界的にもハイブランドとして知られるファッションブランドのエルメスやシャネル、グッチ、ルイ・ヴィトンなどが高級ブランドの文房具として挙げられます。

当店では、国内で安価に販売されてほしくない商品や、廃盤商品の倒産品を海外輸出することにより、日本国内で再流入しないようにもできます。

2つ目は、コレクター向けの文房具です。
先ほどの高級ブランド文房具とは異なり、アイドル事務所などが公式として販売しているグッズは根強いファンからの需要が高いです。
特にイベント限定の商品は高値で売却できる可能性が高いでしょう。

3つ目は、まとめ売りです。
文房具の種類が異なっていても、まとめ売りをしていただくことで1点1点の高値売却が可能になります。
当店では、再販売可能と判断したものは、ジャンルを問わず買い取らせていただきます。
価値があると感じた場合にはどんなものでもお問い合わせください。

文房具の倒産品の処分方法とは?

では、実際に倒産品を処分するにはどのような方法があるのかみていきましょう。

1つ目は、売却です。
倒産品は中古市場でも人気があることをご存知ですか。
その理由は、大量に仕入れやすく、単価を安く販売できるためです。
また、倒産品を売ることで倒産による廃棄費用の節約や負債の軽減といったメリットがあり、有効な方法と言えるでしょう。

2つ目に、独自に処分することです。
例えば、知人に譲る、ごみとして廃棄する、ネットで出品するなどの方法があります。
ただし、ごみとして廃棄する場合は適切に処分する必要があるため、入念に確認した方が良いでしょう。

3つ目は、リサイクルの専門家による買取です。
保存状態が比較的良い倒産品については、専門家による買取が有効でしょう。
加えて、その場で査定してもらえるため、資金を素早く確保したい方にはおすすめの方法です。

また、ネットで出品などを行う場合、梱包や送料として別途費用がかかってしまいますよね。
それらの費用を削れることもメリットと言えるでしょう。

まとめ

今回は、倒産品の文房具の処分方法についてご紹介しました。
倒産品の処分には様々な方法があるとご理解いただけたと思います。
こちらの記事を参考にぜひ検討してみて下さい。

当社では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

倒産品の食品はどう処分しよう?買取が可能な場合があります!

「コロナ禍で閉店に追い込まれてしまい、食品の在庫処分に困っている」という方はいらっしゃいませんか。
せっかく在庫があるならば、利益に変えたいですよね。
実は、倒産品の食品も買取が可能な場合があります。
こちらの記事では倒産品の食品処分について解説していますので、ぜひ参考にしてください。

食品の倒産品も在庫品買取してもらえる?

食品の倒産品も在庫買取が可能です。
しかし、食品の場合は賞味期限や消費期限といった劣化の問題があるため、価値を損なう前に早い対策が必要です。
特に、賞味期限が短い食品については通常の食品よりもスピードが大切です。
取り扱い品目が多く、迅速な対応ができる在庫品買取の専門家を選ぶと良いでしょう。

当店では、法人様だけではなく、個人事業主様も含めた25年以上の買取実績がありますので、ぜひこの機会に検討していただけると幸いです。

なお、早い段階で対策を打てなかった場合、買取にて現金化することもできず、廃棄費用でコストがかかってしまうこともあります。
利益を逃さないためにも、食品の倒産品が出た際にはスピードを意識して行動しましょう。

食品の倒産品を買取に出す時のルールとは?

食品の倒産品在庫が出ても、すべてを買取れるとは限りません。
当店でも食品の買取は行っておりますが、買取には細かいルールがございます。
したがって、以下では食品買取のルールについて説明いたします。

まず、白米、玄米、茶葉、コーヒー豆や、食品工場の原材料といった、時間が経つにつれて鮮度が著しく落ちてしまうものは買取が難しい傾向にあります。
また、業務用食材に多く見られるデザインパッケージが無い食品も同様に取り扱いができないためご注意ください。
その他にも、震災用の保存水も清涼飲料水やスポーツドリンクなどと異なり、買取が困難なためお気を付けください。

上記の説明をご覧になった方は、取り扱い商品が少なく感じてしまうかもしれませんが、当社では食品・飲料類だけでも20種類以上の買取を取り扱っております。
判断が難しい場合は、一度お気軽にお問い合わせください。
当社の経験豊富なスタッフが親切・丁寧に対応いたします。

まとめ

今回は、食品の倒産品の処分方法について解説しました。
食品の在庫は、スピーディーに対応することで負担を減らせるでしょう。
今回の記事を参考にぜひ買取をご検討ください。

当店では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫の処分をお考えの方へ!不良在庫とは何か紹介します

「不良在庫とは何だろう」「不良在庫を処分するメリットはあるのだろうか」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、不良在庫についてや不良在庫を処分するメリットについて紹介します。
商品の在庫を抱えてお悩みの方の参考になれば幸いです。

不良在庫とは?

不良在庫とは、何らかの原因により適正価格で販売できない商品のことを指します。
例えば、部品が欠損していて販売や使用できない商品が挙げられるでしょう。
適正価格を下回ってしまった在庫は、人件費などのコストを考慮するとマイナスになります。
こうした在庫は不良在庫として扱われます。

ではなぜ不良在庫が生まれるのでしょうか。
不良在庫が発生する原因について確認していきましょう。

一番の原因は、買いすぎです。
商品を買いすぎてしまい、売れ残り、適正価格を下回って売る場合がこれにあたります。
また、商品には経年劣化があるため、使用しないで置いておくだけでも品質が下がってしまいます。

他の原因として、作りすぎや管理不備などが考えられます。
適切な量以上の商品の数は在庫を増やし、最悪の場合廃棄されます。
また、適切な管理をしなかったら、商品が劣化してしまい不良在庫になってしまうでしょう。

不良在庫を処分するメリットとは?

不良在庫を抱えた場合は処分することをおすすめします。
そこで、不良在庫を処分するメリットを紹介します。

1つ目は、管理コストの削減につながることです。
不良在庫は、保管するために倉庫や人によるチェックが必要です。
これらには倉庫代や人件費、光熱費などのコストがかかります。
不良在庫を処分すると、これらの管理コストを減らせるため、キャッシュフローも改善できるでしょう。

2つ目は、金融機関から融資を受けやすくなることです。
なぜなら、金融機関の融資審査の際には「在庫回転率」をみて判断することがあるからです。
不良在庫を処分すると、在庫回転率が上がるため審査に通過しやすくなるでしょう。

3つ目は、節税の効果があることです。
不良在庫のままでは、税金が発生してしまいます。
これは、在庫が棚卸資産として計上されるからです。
不良在庫の値引き販売や、廃棄などによって節税できることがあります。

まとめ

今回は、不良在庫とは何かについて紹介しました。
また、不良在庫を処分することで得られるメリットについても解説しました。
不良在庫をお持ちで、お悩みになっている方はぜひ一度当社にご相談ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

不良在庫は資産扱い?買取のプロが詳しく解説します!

「不良在庫は資産だと判断されるのだろうか」とお考えの方はいらっしゃいませんか。
在庫は棚卸資産として計算されます。
そのため、不良在庫であっても資産になってしまうのです。
そこで今回は、在庫や不良在庫の処分方法をご紹介します。
不良在庫をお持ちでお悩みの方は参考にしてみてください。

3月末の決算で在庫はとても重要!

3月末に決算を迎える企業様は多いのではないでしょうか。
決算前のチェックポイントとして、在庫を確認しておく必要があります。

なぜなら、期末の在庫高が期首より増えていた際、その分の税金が加算されるからです。
逆の場合もあり、期首より期末の在庫高が減っていると利益も減ってしまいます。
これにより、配当などの利益処分が思うようにできない可能性もあります。
このように、売上上は問題がないように見えても在庫によって税金や決算が変わるかもしれません。

また、在庫高が増えている場合、キャッシュフローが見えにくくなってしまいます。
それによって、自由に使える現金などが思っているよりも少なくなるかもしれません。
これは、計算上は利益であっても、回転資金が在庫に変わっているだけだからです。

また、在庫が不良在庫や過剰在庫などであった場合、現金化することが難しいです。
それにもかかわらず、会計上は会社の利益の一部として構成されてしまいます。
これらの不良在庫などは、決算前に処分を検討しましょう。

在庫の処分方法とは?

では、在庫はどのように処分すればよいのでしょうか。
具体的な方法をご紹介します。

1つ目は、見切り品として処分することです。
決算セールなどで、価格を下げて在庫を処分します。
現金を得られるため、会社の資金繰りにも良い効果があります。
値下げ幅を記載するなどの工夫によって、セールの売れ行きも上げられるでしょう。

2つ目は、在庫の評価を見直すことです。
在庫を評価減することで、節税対策になります。
これは、棚卸資産評価損として計上できるためです。
しかし、災害による損傷、季節商品のため今後売れる可能性が低いものなど一定の条件があるため注意しましょう。

3つ目は、廃棄処分です。
上記の2つで処分ができなかった場合は、廃棄処分をしてみるのも良いでしょう。
廃棄処分をすると廃棄損として計上できます。
しかし、廃棄に対してコストがかかってしまうなどのデメリットもあります。

まとめ

今回は、不良在庫についてご紹介いたしました。
不良在庫を抱えた場合は、上記の方法を参考にしながら処分しましょう。
会社の決算に影響を与えないように、あらかじめ在庫について考慮しておきましょう。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

閉店に伴って在庫処分をしたい方にプロが詳しく説明します

「閉店が決まってしまったが在庫を多く抱えていて困っている」という方はいらっしゃいませんか。
在庫の処分方法が分からない場合、どうすれば良いか分からず困ってしまいますよね。
そこで今回は、在庫処分の方法や在庫処分において高く売るコツをご紹介します。
 

閉店時の在庫はどうやって処分する?

 
閉店が決定した際には、残った在庫をすべて処分したいですよね。
そこで、在庫の処分方法を紹介します。
 
1つ目は、閉店セールを行うことです。
思い切った値引きをすれば、在庫を一気に処分できるかもしれません。
しかし、セールを行っても処分が難しいものもあったり、商品のイメージを貶めないような注意が必要だったりと在庫によっては難しいものもあるでしょう。
 
2つ目は、業者に買い取ってもらう方法です。
在庫を専門業者に買い取ってもらうことで、処分できます。
また、契約が成立すれば必ず在庫を買い取ってもらえます。
閉店セールのようにご自身で売る手間が必要ないことはメリットでしょう。
 
3つ目は、廃棄です。
上記の2つの方法でも残ってしまった在庫は廃棄を考える必要があるでしょう。
しかし、廃棄には費用もかかるため最終手段として考えておきましょう。
 

在庫品を高く売るには?

 
できれば、在庫品でも高く売りたいですよね。
そこで、高く売るコツを紹介します。
 
まずは、できるだけ早く売ることです。
在庫期間が長くなってしまうと劣化が進んでしまい、商品の価値が下がります。
特に、洋服や食品などは早めに買取を依頼することが大切です。
タイミングが遅れると査定額が大幅に下がってしまったり、買い取ってもらえなかったりします。
 
次に、汚れをきれいにしておくことです。
在庫期間が長くなると、ほこりなどが外観に付着することがあるでしょう。
その状態では、管理が行き届いていないとみなされ、買取価格が下がる可能性があります。
 
最後に、数量をまとめて売ることです。
数量がまとまっている方が、再販先の選択肢が増えることが理由として挙げられます。
また、一定数量以上の取引ならば、買取金額に数パーセント程度上乗せされる場合もあります。
複数回にわたって買取に出すよりも1回の方が手間がかからないこともメリットだと言えるでしょう。
 

まとめ

 
今回は、閉店時の在庫処分の方法と高く売るコツを紹介いたしました。
閉店が決まっている中で、在庫を多く抱えていて困っている方はぜひ参考にしてみてください。
 
閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。
 

不良在庫でお困りの方必見!買取で問題解決しませんか?

不良在庫でお困りの方はいらっしゃいませんか。
不良在庫はどうやって処分すれば良いのか悩みますよね。
そんな方におすすめなのが、買取に依頼するという方法です。
今回は不良在庫を処分する理由や処分方法についてご紹介します。

不良在庫はなぜ処分する必要があるのか?

不良在庫とは、売れる可能性が低く、保管しておくだけで経営的に悪い影響を与える在庫のことを指します。
例えば、不良品や欠陥品などが当てはまります。
不動在庫などと言われることもあります。

単に余っている在庫とは何が異なるのでしょうか。
不良在庫は他の商品に悪い影響を与える可能性があるという点で、それらの在庫とは大きく異なります。
例えば、腐ったみかんはもちろん売れませんよね。
しかも、そのまま保管していると他のみかんも腐らせてしまいますよね。

また、色あせたジャケットなどの衣服も不良在庫と言えるでしょう。
売れないだけではなく他の服にも色が移ってしまうからです。

このように、不良在庫はそれ自体に価値がないだけでなく、他の商品の価値も減らしてしまう可能性があります。
不良在庫はそのままにしておくと会社を経営する上で悪い影響を与え、倒産の原因になってしまうケースもあります。
このような事態を未然に防ぐために、不良在庫を抱えている場合にはすぐに処分することをおすすめします。

不良在庫の処分方法とは?

それでは、実際に不良在庫を抱えてしまった時の具体的な処分方法を紹介します。
それは、他の在庫に悪影響が出る前に、全ての不良在庫を売るという方法です。
在庫処分品を割引して売るというような形も1つです。

また、楽天やアマゾンなどのネットショッピングサイトを利用するという手段もあります。
お金に還元しようという意識を持つことがとても大切だと言えるでしょう。

それでも不良在庫が残ってしまった場合は、専門業者に買取を依頼するという方法があります。
専門業者は幅広いネットワークを持っているため、処分せざるを得ないと考えていた商品でも買い取ってもらえる場合があります。
専門業者のホームページで、買取可能な商品の種類などの情報を確認できます。
当社の買取一覧表もぜひ一度ご確認ください。

まとめ

今回は、不良在庫とは何かということと不良在庫の処分方法について詳しく解説しました。
今回の記事で具体的なイメージが膨らんだのではないでしょうか。
当社では、閉店商品、買取商品を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをぜひご確認ください。

【買取事例】家具・雑貨メーカー様からの買取

こんにちは

家具、インテリア雑貨を扱うメーカー様からの

来期から販売をしない型番商品の余剰剤品の買取をさせて頂きました。

このときは大型トラック1台+4トントラック3台分の物量になりました。

ありがとうございました。

 

※紹介した買取事例は最新の事例ではございません。過去に買取した商品をピックアップして紹介しています。

こちらから、ほかの在庫買取事例をご覧いただけます。