【買取事例】ヘアカラーの買取

こんにちは

在庫品買取の事例としまして白髪染めの買取をしたときのものを選びました。

同メーカーの1カラーのみ全部で約40万円分の買取となりました。

有名メーカーの商品は比較的高く買うことができます。お気軽にお問合せください。

※紹介した買取事例は最新の事例ではございません。過去に買取した商品をピックアップして紹介しています。

こちらから、ほかの在庫買取事例をご覧いただけます。

【買取事例】中古テレビの買取事例

こんにちは。

白石商事では中古品の買取もさせて頂いております。

新品商品の過剰在庫品等のまとめ買いも得意ですが、中古品の大量買取も大歓迎です。

写真は買取をさせて頂いたテレビの荷下ろしをしているところです。

大型トラックにテレビだけを積載し

パレットに載せて動作チェックをして倉庫に収納していく形です。

 

※紹介した買取事例は最新の事例ではございません。過去に買取した商品をピックアップして紹介しています。

 

こちらから、ほかの在庫買取事例をご覧いただけます。

【買取事例】ゴミ袋の買取

こんにちは。

買取の事例をご紹介します。

弊社がある愛知県の豊橋市専用ごみ袋の買取をさせて頂きました。

物量はトラック1車分のゴミ袋でした。

特定の市町村専用のごみ袋は普段買取を控えさせてもらっていますが、直営の店舗が豊橋市にございますので店舗販売向けでの買取となります。お安く販売させて頂きましたので人気の商品となっています。

※紹介した買取事例は最新の事例ではございません。過去に買取した商品をピックアップして紹介しています。

こちらから、ほかの在庫買取事例をご覧いただけます。

余ったこたつは在庫処分しよう!ポイントを紹介します!

「こたつの在庫処分をしたいけど、買取のことはよく分からない」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
今回はこたつの買取について解説します。

こたつ買取のメリットとデメリットとは

こたつを在庫処分するにあたって、買取を検討される方は多いでしょう。
ここでは、こたつの買取のメリットとデメリットを紹介します。

こたつ買取のメリット

買取をしてもらうと、処分費用がかかりません。
こたつは、大型に分類されますし、家電なので、ほとんどの地域で不用品として処分する場合に、費用が必要となります。

行政機関を通しての処分の場合は1000円前後、処分業者を通す場合であると、さらに費用がかかるでしょう。
在庫処分品の数が多いほど費用も膨れ上がるので、避けたいところですよね。

こたつ買取のデメリット

デメリットは、買取ってもらっても、あまり高額にならない可能性が高い点です。
こたつは、一般的にあまり高額で買取されない商品です。
しかし、費用を払って処分するよりも良いですよね。

また、こたつはデザインや大きさで好き嫌いが分かれます。
つまり、売れるものと売れないものがはっきりしています。
有名メーカーが作った、デザインが現代風なものは、人気があるため、高値で売れる可能性が高いです。
その一方で、古風なこたつは人気がなく、買取できない場合もあるでしょう。

こたつを高く売るためのポイント

売る際には、少しでも高い値段で売りたいですよね。
在庫処分の際に、買取を検討中の方は、確認してみて下さい。

まず1つ目のポイントは、型番や年式についてです。
型番や年式は、天板の側面のラベルに記載されていることが多いです。
型番や年式を事前に伝えることによって、正当な値段で売れる可能性が高くなりますよ。

次のポイントは、一括で買取ってもらうことです。
1点からの取引よりも、まとめて買取に出した方が1つの単価が高くなるでしょう。

また、清掃、動作確認の実施もポイントです。
こたつは季節家電ですよね。
1年で稼働していない期間が長いため、買取に出す前にしっかり清掃や動作確認をすることが大切です。

まとめ

今回は、こたつの在庫処分を検討している方に、買取のメリットとデメリット、また高く売るためのポイントを紹介しました。
こたつは一般的にあまり高値で売れないですが、少しでも高く売るために、参考にして実践してみて下さい。
閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

ブランド品の在庫を処分したい方へ!ポイントをご紹介!

「ブランド品の在庫が余ってしまい、買い取ってもらいたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
ブランド品は価値が高いので、できるだけ価値を損わずに在庫処分したいですよね。
今回は、ブランド品の在庫処分のポイントを解説します。

ブランド品の在庫を処分する際の買取業者を選ぶ基準

ブランド品を在庫処分する際に、どの買取業者に依頼しようか迷いますよね。
そこでまずは、その買取業者を選ぶ基準について解説します。

まずは、タグカットをしっかり行っている業者がおすすめです。
ブランド品を再販するにあたり、そのメーカーやブランド側から、首タグや品質タグを外すよう条件が課されている場合があります。
購入者はタグからメーカーやブランド名を知ることはないので安心ですよね。

その一方で、有名なメーカーやブランドであっても、次の購入者が知らないということは、買取価格も元値より下がるでしょう。
また、タグカットなどのコストも勘定にいれて買取価格を出す必要があります。

次に、海外への販路を持つ業者を選びましょう。
ブランド品によっては国内での再販が不可能という条件で、在庫買取を許可される場合があります。
その場合は、海外への輸出販売になるでしょう。
ただし、輸出にかかる費用や現地の気候、為替などによって買取条件が不安定になる傾向があります。

さらに、高価買取可能な商品の取り扱いが多い業者を選ぶのもおすすめです。
メーカーやブランドから課されている条件が厳しくない場合は、シーズンに沿ったものや、知名度の高いブランドの商品が、比較的高い値段で売却できますよ。

ブランド品を高く売るためのポイント

価値の高いブランド品はできるだけ高い値段で、在庫処分したいですよね。
ここでは、ブランド品を高く売るためのポイントを紹介します。

1つ目のポイントは、できるだけ早く売ることです。
販売価格はトレンドに大きく左右されます。
また、販売してまもない商品の方が人気も高く、市場価値が高いです。

2つ目のポイントは、付属品も合わせて査定することです。
付属品とは主に、保証書や箱のことです。
本物であるという証拠になりますし、修理やメンテナンスの保障が受けられるため、重要ですよね。

3つ目のポイントは、高く購入してくれる買取業者を選択することです。
問い合わせの対応が良い業者や、査定士の腕がいい業者は、正当な高い値段で購入してくれるかもしれません。

まとめ

今回は、ブランド品の在庫処分のポイントを解説しました。
買取業者選びや、高く売るためのポイントで、実際の買取価格も変わってくるでしょう。
ぜひ参考にしてみて下さい。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

家電の在庫処分にお悩みの方へ!買取がおすすめです!

家電の在庫処分にお悩みの方はいませんか。
必要のない家電を効率よく処分するためにも買取という方法も考えてみると良いでしょう。
そこで今回は、買い取ってもらう際のコツ、買い取ってもらうメリット、当社では様々な在庫のスタイルに合わせて買取していることをご紹介します。

家電を買い取ってもらう際のコツをご紹介!

ここでは、家電を買い取ってもらうコツを4つご紹介します。

1つ目は、購入後5年以内のものは買い取ってもらえる点です。
スムーズに買取をしてもらうには、商品を購入してから5年以内のものを買取に出すのがおすすめでしょう。
5年以上経過したものは劣化が進んでいたり、製品自体が壊れやすくなっていたりするため、買取は難しくなります。
しかし、希少価値の高い製品であれば買い取ってもらえることもあるためしっかり確認しておきましょう。

2つ目は、あらかじめ綺麗にしておく点です。
ホコリや汚れをしっかり落としておくことで、少しでも査定金額をアップさせられます。
汚れがひどい場合は、査定自体を受け付けてもらえない場合もあるため注意しましょう。

3つ目は、需要の高いシーズンに売る点です。
引っ越しシーズンの3~4月は新生活を始める人が多いため、その時期に合わせて買取に出すと、買い取ってもらいやすく、さらに査定価格も高い場合が多いです。
シーズンを過ぎた場合に翌年まで待つと年式も古くなるため、査定価格が安い場合でも早めに買い取ってもらうべき製品もあります。
そのため、計画的に買取を依頼しましょう。

4つ目は、壊れていても買い取ってもらえるケースがある点です。
一部の損傷だけで、使用期間が短く、状態が良い場合は買取が可能になる場合があります。
また、修理してもさほど費用がかからない場合は、壊れていても買い取ってもらえる場合があります。

買取業者に売却するメリットをご紹介!

ここでは、買取業者に売却するメリットと、当社での買取の特徴を紹介します。

買取は、処分費用がかからずに不用品の買取価格を手に入れられるためお得であると言えます。
また、店頭での買取以外にも宅配や出張での買取に対応しているところも多く、手間が少ないのもメリットの1つです。
さらに、冷蔵庫や洗濯機などの家電リサイクル法の対象品目も買取業者に依頼すれば売却できるため、在庫をまとめて売却するのにも向いているでしょう。

当社では、様々な在庫スのタイルに合わせて買取が可能です。
種類が多いバラバラの商品や同じ商品が数千点ある場合、小売店の全ての閉店商品、国内で再販売してほしくない商品など様々なケースに対応して買取が可能です。
売却をお考えの方はぜひ当社にご依頼いただきたいと思います。

まとめ

今回の記事では、買い取ってもらう際のコツ、買い取ってもらうメリット、当社では様々な在庫スタイルに合わせて買取していることをご紹介しました。
家電の在庫処分にお悩みの方はぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫を買取してもらいたい方必見!査定のポイントをご紹介!

在庫の買取をお考えの方はいませんか。
せっかく在庫を買い取ってもらうのであれば、高値で買い取ってもらいたいですよね。
そこで今回は、買取査定のために必要な情報と高値で査定してもらうポイントをご紹介します。

買取査定のために必要な情報をご紹介!

ここでは、買取査定のために必要な情報をいくつかのケースに分けてご紹介します。

まずは、商品の種類が少ないケースです。
この場合は、商品名や商品の写真または情報が載っているURL、商品の在庫数、商品のサイズ・容量、使用期限・賞味期限、商品の保管地域(都道府県)などが必要な情報でしょう。

次に、商品の種類が多いケースです。
この場合は、大まかなリストで構いませんので、在庫リストを用意してください。
その他にも、全体の量をイメージするために必要な保管状況の写真であったり、最低でも代表的な複数枚の商品写真であったりを準備します。
商品の保管地域は、変わることなく都道府県で開示しましょう。

最後に、店舗・倉庫にある商品の一括取りのケースです。
この場合は、もしございましたら在庫リスト、そして全量が写るような店内の商品写真やバックヤード、倉庫内の商品写真を準備しておきます。
店舗の面積を開示しておくとなお親切です。

高値査定のポイントをご紹介!

ここからは、高値査定のポイントを5つご紹介します。

1つ目は、販売されてから間もない商品です。
販売されてから間もない商品であるほど、需要が高い可能性があるでしょう。

2つ目は、あらかじめ綺麗にしておく点です。
買い取ってもらう商品は、綺麗であるほど需要は高まります。
人気の商品であっても、外箱だけでも劣化していると査定金額は下がってしまうことがあるので注意が必要でしょう。

3つ目は、ある程度量がある商品です。
量も重要で、10個単位の商品よりも、100個単位、1000個単位の方が査定額が上がる可能性があります。

4つ目は、同じ商品でまとめて梱包しておく点です。
まとめて梱包されていれば、検数、検品の作業が早く終わり、作業に必要な時間を削減できるため、買取価格が上がりやすいでしょう。

5つ目は、バラの商品はバラでまとめて梱包しておく点です。
この作業をしておくことで、業者の作業時間を短縮できるため、高値査定に繋がるでしょう。

まとめ

今回の記事では、買取査定のために必要な情報と高値査定のポイントをご紹介しました。
在庫の売却をお考えで、高値査定を目指している方はぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

余剰在庫と滞留在庫の違いとは?対処方法を知っておこう!

余剰在庫と滞留在庫の違いをご存知でしょうか。
売れ残っている在庫を何とかしたいと思いつつも、どうしたら良いかわからない方が多いのではないでしょうか。
そこで今回は、余剰在庫と滞留在庫の違いとそれぞれのデメリット、またこれらの対処法をご紹介します。

余剰在庫と滞留在庫の違いをご紹介!

在庫のなかでも2種類に分類でき、それぞれに特徴があります。
ここでは、余剰在庫と滞留在庫のそれぞれの特徴とデメリットを見ていきましょう。

余剰在庫とは倉庫内に存在する売れ残りの在庫です。
これに対し、滞留在庫とは売れなくなった在庫を指します。

これらのデメリットは、在庫管理をする上で、欠品や納期の確認を注意深くする必要がある点です。
これによって余分な在庫管理費用がかかったり、倉庫の中の場所を奪い作業効率を下げたりする可能性があるでしょう。
また、在庫を管理する必要が増えるほど、キャッシュフローの悪化が考えられます。
さらに、保存期間が長ければ長いほど、商品の品質は様々な要因で低下します。

余剰在庫と滞留在庫の対処法をご紹介!

不要となった在庫は、なるべく早く処分したいですよね。
ここでは、余剰在庫の対処法と滞留在庫の対処法をご紹介します。

余剰在庫の対処法は、値下げセールで売るという方法です。
需要のある商品であれば、セールで売り出すことで大量に販売できるでしょう。
多くの方に購入してもらえれば、損失を出さずに在庫を一掃できる可能性があります。
タイミングを見計らって最適な値下げをするのがおすすめですが、頻繁に行わないよう注意しましょう。

滞留在庫の対処法は、業者に買取を依頼するという方法です。
その商品を買い取ってくれる業者を幅広く探し、それでも売れない場合は業者に依頼しましょう。
在庫処分業者には、水増し請求したり、追加料金を請求したりする企業もあるため注意してください。

この両方に使える対処方法には、アウトレット商品として売る方法があります。
どちらも、通常の価格では売れなくなってしまった商品です。
この方法を利用すれば、仕入れ価格の何割かを回収できるためおすすめです。

まとめ

今回の記事では、余剰在庫と滞留在庫の違いとそれぞれのデメリット、また余剰在庫と滞留在庫の対処法をご紹介しました。
在庫の処分で悩んでいる方はぜひ、今回の記事を参考にしてみてください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

倒産品を売りたいとお考えの方へ!買取のメリットを紹介します!

「倒産品が多く残っているが、どうすれば良いか分からない」「倒産品を売りたいが、どの買取業者にするか悩んでいる」という方はいませんか。
今回は、買取で倒産品を処分するメリットと、買取業者を選ぶ際のポイントを紹介します。
倒産品を売りたい方はぜひ参考にしてください。

買取で倒産品を処分するメリットとは

手元資金を確保できる

倒産品を買取業者に処分してもらうと、手元に資金が入ります。
破産手続きが必要な方は、ある程度まとまった金額が必要ですよね。
買取処分した場合、短期間で現金を受け取れるのでおすすめですよ。
一方で、倒産品をセールス品として売り出したり、ネットのオークションに出したりする場合は、なかなか売れずに現金を調達できない可能性があるので気をつけましょう。

どんな商品でも買取してくれる

再販できると判断された商品は、どのジャンルでも買取可能です。
今までは、なかなか売れなかったものでも、買取してくれるのでうれしいですよね。
家具や家電だけでなく、衣服や日用品も可能なため、価値があると思ったものは一度処分できるか、相談してみましょう。
中古商品を扱っている業者や、数千個以上ある同じ商品を買取してくれる業者もあるので、ぜひチェックしてみてください。

買取業者の選ぶ際のポイントとは

業者によって、対応の速さや質が異なるため慎重に選ぶ必要があります。
今回紹介するポイントをもとに、最適な買取業者を決めてくださいね。

まずは、買取業者の実績を確認しましょう。
業者のホームページやサイトに買取実績や事例が掲載されていることが多いので、チェックするのがおすすめですよ。
取り扱い件数や取引企業が豊富な業者であれば、多くの知識を持っているため安心でしょう。

次に、対応の良さや速さにも注目してください。
例えば、ご自身の倒産品の再販売ルートを説明してくれたり、会社のブランドイメージが悪くならないために、販売方法の打ち合わせをしてくれたりする業者がおすすめですよ。
対応が親切な業者であれば、後々トラブルを防げるので安心です。
対応や問い合わせが遅い業者の場合、「早く現金が欲しいのに、なかなか見積りを出してくれない」といった問題が起こるかもしれないので、気をつけてください。

最後に、その買取業者が資格を保持しているか、また専門知識のあるスタッフや顧問弁護士がいるかを確認しましょう。
買取業者を開業する際には、古物商許可を申請する必要があります。
この資格を持っていない業者は、悪徳業者である可能性が高いため危険です。
また、倒産品を買取る場合、法律的な問題が関与するため、弁護士や知識のあるスタッフがいる業者だと安心でしょう。

まとめ

今回は、買取で倒産品を処分するメリットと、買取業者を選ぶ際のポイントについてお伝えしました。
当社は、25年以上の買取実績があり、お客様の信頼と商品の入荷・安全を大切にしています。
倒産品の処分をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

また、当社では、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫はなぜ増えるの?在庫が増えるデメリットも紹介します!

在庫が増え続けて悩んでいる方はいませんか。
業務を円滑に進めるには、適度な在庫は必要ですが、過剰に保有してしまうと様々な悪影響も発生します。
そこで今回は、在庫が残る理由、在庫が増えるデメリットをご紹介します。

在庫が残る理由をご紹介!

ここでは、在庫が残る理由を5つご紹介します。

1つ目は、過剰在庫です。
品切れや原料、部品切れなどで生産ができなくなることを恐れて、また、機会損失を避けるために在庫を過剰に持つのでしょう。

2つ目は、流行や季節です。
商品によっては、流行の波が早いために型落ちすると売れにくくなる場合や、シーズンものだと季節が外れて売れ残る場合があるでしょう。

3つ目は、部品などの仕様変更に伴う滞留在庫です。
仕様変更に伴い発注していた部品などの在庫が使われなくなることがあります。
これは在庫が余る原因になるでしょう。

4つ目は、閉店や廃業です。
閉店や廃業が決まり、在庫を値下げして販売しますが、セール後に余る場合があるでしょう。

5つ目は、発注ミスや返品です。
オーダーミスや発注された商品をキャンセルされることで、在庫が残る場合があるでしょう。

在庫が増えるデメリットをご紹介!

ここからは、在庫が増えるデメリットを6つご紹介します。

1つ目は、収益が悪化することです。
過剰在庫は、廉価販売でも売れない場合は廃棄するため、収益の悪化を招くでしょう。

2つ目は、商品の価値が低下することです。
在庫を保管している間に品質が劣化したり、陳腐化したりして商品価値が低下するでしょう。

3つ目は、管理費用が発生することです。
在庫には保管場所と管理が必要です。
仮に広い倉庫を持っていたとしても、在庫を煩雑に積み上げたり、温度・湿度管理が必要な在庫に対する管理がずさんだったりすると品質劣化が早くなるでしょう。

4つ目は、付加価値を生まない無駄な作業が発生することです。
仕入れ先から倉庫へ、倉庫から在庫置き場へ、倉庫から販売店や消費者へ、売れ残った商品は販売店から倉庫へと運搬されます。
在庫店数が多くなると売れない商品を移動させて在庫スペースを確保したり、在庫の数を数えるといった作業も発生します。
これらの作業は全て付加価値を生まないものと言えるでしょう。

5つ目は、維持費の増加です。
在庫が過剰に増えると様々な経費がかかります。
また、運送費や人件費、生産に要した電力やそのほかの資源、燃料などの浪費に繋がるでしょう。

6つ目は、キャッシュフローが減少することです。
在庫は期末に棚卸資産として会社の資産となります。
貸借対照表上では資産として価値は維持されますが、キャッシュフローは悪化します。
そのため、自由資金が減少するでしょう。

まとめ

今回の記事では、在庫が残る理由、在庫が増えるデメリットをご紹介しました。
在庫が増え続けていることで悩んでいる方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。