在庫商品の棚卸方法について!業界別に解説します!

「棚卸という言葉を聞いたことはあるが、具体的に何をするのか分からない。」
「業界ごとの適切な棚卸方法を知りたい。」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
今回は棚卸の役割と、またそれぞれの業界に最適な棚卸方法を説明します。
棚卸に関して疑問を抱いている方はぜひ参考にしてください。

□「棚卸」の役割とは何なのか?

棚卸とは、決算期の末日の時点で残っている製品や商品を数えて、品質の調査を行う作業を意味します。
棚卸をすると、在庫の金額を正しく計算・管理できるのです。
実際に店舗や倉庫の中にある商品を1つずつ数えて正確な数を把握する「実地棚卸」と管理システムなどを使用して、帳簿上で商品の数を数える「帳簿棚卸」の2種類があります。
もちろん、月ごとに実地棚卸と帳簿棚卸の両方を行うことが理想的な棚卸です。
しかし手間と時間がかかってしまうため、普段は帳簿棚卸を行い、負担とならない程度で定期的に実地棚卸を行うのが良いでしょう。
会社の利益を正しく算出するため、そして商品の管理のためには定期的に棚卸の作業を行うことが重要です。

□業界別の棚卸の方法

*小売業の場合

小売業は、商品の種類と個数を記録するための棚卸表の作成をおすすめします。
実施日や商品名、合計金額などの項目を記入できるようなフォーマットを作成すると、あとから見返しやすい棚卸表が完成するでしょう。

*建設・土木・不動産業の場合

建設・土木・不動産業の場合は、建設途中の工事費の金額を理解しておくことが重要です。
工事ごとや建築現場ごとに作業にかかる費用などをまとめた管理表があれば、それを参考に楽に経費の計算ができます。

*製造・加工業の場合

この場合は、2種類の棚卸を行わなければなりません。
つまり、完成済みの商品と未完成の商品の両方に関して棚卸の作業を行う必要があるのです。
製造・加工業の場合は未完成の商品でも売れることがあるので、こちらも忘れずに棚卸の作業を行う必要があります。
建設業の場合と同じように、製造品の管理表を活用しながら経費を計算します。
他の業界より作業が多いため大変ですが、正確な会社の利益計算のためにしっかりと作業を進めましょう。

□まとめ

今回の説明で、棚卸に対する理解が少しでも深まったでしょうか。
棚卸は負担な作業ではありますが、商品の品質管理と利益計算のためにしっかりと行いましょう。
ご不明な点がございましたら、お気軽に当社までご連絡ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

ソファの買取処分を検討中の方へ!高値で売却するためのコツとは?

「家にあるソファの買取処分を検討しているので、少しでも高く売るためのコツを知りたい。」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
そこで今回は、ソファを高値で売却するためのコツと、人気のソファブランドについて詳しく説明します。
ソファの買取処分を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

□ソファを少しでも高く売却するためのコツ

ソファを売却する際に重要なのは、その見た目を少しでもよいものにした状態で業者に査定してもらうということです。
例えば、革製のソファの汚れなどは眼鏡拭きやタオルなどで優しく撫でるように拭き取るのが良いでしょう。
このとき洗剤などを使用してしまうと、退色や傷の原因となってしまうことがあるので、できるだけ使用を避けることをおすすめします。
また、予備の部品や保証書、ブランドカードなどの付属品はできるだけそろえておくようにしましょう。
これらの不足が無いほど、高額な査定となる可能性が高まります。
このような方法で、できるだけきれいにした状態で、業者に査定してもらうように心がけましょう。
ただ、ソファの傷を自分で修繕するのは避けることをおすすめします。
修繕してしまうと、かえって傷が目立ち買い取ってもらえないという場合があります。
傷以外の汚れなどを拭き取るだけでも、十分きれいに見えるのでそこから優先的に手入れするようにしましょう。

□高額査定が期待できる人気のブランド

*飛騨産業

このブランドは、こだわって選ばれた木材を使用して手作業で家具を製作しています。
品質が高く、長持ちすることから人気のソファブランドだと言われています。
新品の物を購入すると、どうしても高額になってしまうので、中古の家具の需要が高いブランドともなっています。

*カリモク

こちらも素材にこだわり、あらゆるスタイルのインテリアに馴染む家具を製作しているブランドです。
ただシンプルなだけというわけでない、独特な雰囲気が特徴です。
品質も高いため、末永く使えることから人気なブランドとなっています。

*カッシーナ

カッシーナはイタリアの家具メーカーで、世界的に有名なブランドです。
美しいデザインと高品質の両方を兼ね備えているため、中古商品でも需要が高いと言えるでしょう。

 

□まとめ

今回は、ソファを高値で売却するためのコツと、人気のソファブランドについて詳しく説明しました。
今回の説明を参考に、ソファの買取処分を行ってみてはいかがでしょうか。
買取処分を検討中の方、ご不明な点がある方は、お気軽に当社までご連絡ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

在庫処分をお考えの方必見!在庫の買取業者の選び方とは?

「余った在庫を処分したいが、在庫買取業者にできるだけ高く買い取ってもらいたい。」
「在庫を買取してもらう業者の選び方がわからない。」
余った商品の在庫処分でお困りの方々、このようにお考えでしょうか?
在庫処分には様々な方法がありますが、中でも便利なのが業者に買取を依頼する方法です。
良質な業者に依頼して、在庫をできるだけ高く買い取ってもらいたいですよね。
この記事では、在庫買取業者の選び方のポイントについて解説します!

□買取業者を選ぶポイント

*様々な商材を取り扱っているか

様々な商材の買取を依頼したいときは、1つの業者に全て依頼した方が手数料などのコストを削減できます。
しかし、取り扱いのできる商材の種類が少ない業者では、全てを買取できません。
そのため、様々な商材を取り扱っている業者を選び、一括で買取を依頼するのがおすすめです。

*再販売の打ち合わせをしっかりやってくれるか

在庫買取業者は買い取った商材を独自の物流で再販売します。
しかし、再販売したときにあまりにも安い値段で売り出されると、商品のブランドイメージを損ねてしまう可能性があります。
そのため、再販売の打ち合わせを入念に行ってくれる業者を選びましょう。

*見積もりが無料か

悪質な業者は見積もりをすすめておきながら、見積もり後に依頼しないことになると、高額の見積もり料金を請求することがあります。
無駄な出費を防ぐためにも、あらかじめ見積もりが無料であることが確認できる業者を選ぶのが賢明です。

*買取実績が十分にあるか

商材を正確に査定して適切な買取金額を提示するには、それなりの実績とデータが必要です。
また、買取価格が安すぎるとトラブルになってしまうことがあります。
納得のいく買取金額で気持ちのいい取引をするためにも、実績が十分にある業者を選びましょう。

□まとめ

買取業者を選ぶポイントについて、お分かりいただけたでしょうか?
業者次第で大幅な損をしてしまうこともありますので、業者選びは慎重に行いましょう。
不要な在庫は長期間保管したり廃棄してしまったりするより、業者に買取を依頼する方が断然お得です。
当社の在庫買取サービスでは、中古品の取り扱いも行っていて、且つ様々なジャンルの商品に対応することが可能です。
また、買取商品の再販売についてお客様と打ち合わせを行い、ブランドイメージを守るための努力もしております。
買取査定のお見積もりは完全無料で行っておりますので、気軽にお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

在庫処分をお考えの方必見!在庫を高く買い取ってもらうコツとは?

「余った在庫を処分したいが、在庫買取業者にできるだけ高く買い取ってもらいたい。」
「在庫を高くで買い取ってもらうコツが知りたい。」
余った商品の在庫処分でお困りの方々、このようにお考えでしょうか?
在庫処分には様々な方法がありますが、中でも便利なのが業者に買取を依頼する方法です。
余った在庫はできるだけ高く買い取ってもらいたいですよね。
この記事では、在庫買取を業者に依頼する際、高く買い取ってもらうポイントについて解説します!

 

□高価で買取してもらうコツ

*在庫を良い状態で管理する

余剰在庫は長期間保管していると管理がおろそかになってしまいがちですが、できるだけ新品の状態をキープすることで、高価買取の可能性が高まります。
また、長期間の保管は商品の質を下げる要因になるため、処分の判断を早めることで商品の状態が良い状態で買い取ってもらえるでしょう。

*複数業者で見積もりを取る

複数業者に査定を依頼して見積もり金額を出してもらうと、どの業者が高く買い取ってくれるか比較できます。
そのため、複数業者の見積もりを比較するのも一つの手です。

*複数の種類の在庫をまとめて買取に出す

余剰在庫品には様々な種類があることが多いですが、種類ごとに業者を変えて依頼すると、手間やコストがかかります。
そのため、ジャンルを問わず様々な商材を取り扱っている業者にまとめて買い取ってもらうのがおすすめです。
また、まとめて買取を依頼する場合、多少の不具合がある在庫品でも値引きをしてもらえる可能性があるのもメリットです。

*付属品をつけて買取に出す

付属品というのは、商品の取扱説明書や予備の部品などのことです。
例えば、取り扱い説明書がないと買取業者がその商品を再販売する際に困ってしまいます。
付属品をつけて在庫品を出すことで、買取額がより高額になります。
そのため付属品は必ず無くさないように管理しておきましょう。

□まとめ

業者に在庫を高く買い取ってもらうポイントについて、お分かりいただけたでしょうか?
買取を依頼する際はぜひ工夫してできるだけお得な在庫処分を行いましょう。
不要な在庫は長期間保管したり廃棄してしまったりするより、業者に買取を依頼する方が断然お得です。
当社の在庫買取サービスでは、中古品の取り扱いも行っていて、且つ様々なジャンルの商品に対応することが可能です。
また、買取商品の再販売についてお客様と打ち合わせを行い、ブランドイメージを守るための努力もしております。
買取査定のお見積もりは完全無料で行っておりますので、気軽にお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

在庫処分のデメリットとは?思わぬ落とし穴や注意点を解説します!

「余った在庫を処分すべきかどうかわからない。」
「在庫を処分することにどのようなデメリットがあるのか知りたい。」
余った商品の在庫処分にお困りの方々、このようにお考えでしょうか?
不要な在庫が溜まってしまうとその管理費用などで経営を圧迫してしまうことも多いです。
しかし、あまりよく考えずに在庫を処分してしまうと意外な落とし穴があるので注意が必要です。
そこでこの記事では、在庫処分のデメリットや注意点について解説します。

□在庫処分のデメリット

*廃棄にコストがかかる

在庫を廃棄処分する場合、廃棄するための経費がかかります。
特に大型の電化製品や大量の在庫数を廃棄するには、それなりのコストがかかってしまいます。
そのような商品は仕入れの際にも高いコストがかかっているので、無計画に廃棄処分を選択すると会社の首を絞めかねません。

*買取には一定の時間がかかる

在庫買取業者に在庫の買取を依頼する場合、査定や打ち合わせなどに一定の時間が割かれます。
また、業者によって得意分野などが異なるので、商品分野によって業者を選ばなければなりません。

*安売りするとブランド毀損につながる

余剰在庫をセールやアウトレットで安く売り出すと、ブランドイメージを損ねてしまう可能性があります。
安売りすることで少しでも手元に資金を確保するのも一つの手ですが、むやみな低価格での販売はブランドを傷つけてしまうこともあるので検討が必要です。

*人件費がかかる

在庫を安く販売するのにも人件費がかかります。
在庫買取業者に買取を依頼する場合も、取引の手数料が発生することがあるので注意しましょう。
また、すべての在庫を一括消化することはできないので、かえって負担になる場合もあります。

 

□まとめ

在庫処分のデメリットや注意点について、お分りいただけたでしょうか?
もちろん、不要な在庫を処分することにはメリットもたくさんありますが、最低限の注意点は意識しているべきでしょう。
ただし、不要な在庫は長期間保管するより、セール商品として売り出したり業者に買取を依頼した方が断然お得です。
当社の在庫買取サービスでは、中古品の取り扱いも行っていて、且つ様々なジャンルの商品に対応することが可能です。
また、買取商品の再販売についてお客様と打ち合わせを行い、ブランドイメージを守るための努力もしております。
買取査定のお見積もりは完全無料で行っておりますので、気軽にお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

 

覚えておくべき!在庫処分をした場合の仕訳について詳しく解説します!

「余った在庫を処分したいが、仕訳がどうなるのかわからない。」
「在庫の処分時の仕訳はどのようにやったら良いのかわからない。」
余った商品の在庫処分をする方々、このようにお考えでしょうか?
店舗の閉店や新しい在庫の入荷などの理由で不要な在庫を処分する際、どう仕訳していいか困っているという方は多いです。
節税効果などを計算するためにも仕訳が必要なので、その方法を知っておかなければなりません。
今回は、在庫処分をしたときの仕訳について説明します!

 

□「仕訳」とは?

そもそも「仕訳」とはどういったものなのでしょうか。
仕訳とは、簿記上の取引を「借方」と「貸方」で分けて記帳することです。
簿記上では、全ての勘定は「借方」と「貸方」に分けられます。
借方とは増えた資産を示すもので、貸方とは出て行くお金や商品を示すものです。
また、借方と貸方は必ず同じ金額になります。
企業は、借方と貸方を記入する貸借対照表を必ず開示しなければならないという義務があります。
正確に仕訳をすることで節税にも役立つので、注意して分類しましょう。

□在庫処分を行なったときの仕訳

*セールで値引き販売を行った場合や、業者に在庫の買取を依頼した場合

これらのケースでの仕訳は、通常の販売取引と同じ仕訳です。
借方が現金預金の金額、貸方が売上高の金額です。
さらに、それに加え借方に仕入れ額(売上原価)、貸方に棚卸資産の金額として記帳する必要があります。

*在庫を廃棄処分した場合

在庫を廃棄した場合の仕訳は、借方が棚卸廃棄損の金額で、貸方が棚卸資産の金額として計上します。
在庫を廃棄処分する場合はその証明書が必要になるので忘れずに用意しましょう。

□まとめ

在庫処分をした場合の仕訳の方法について、お分かりいただけたでしょうか?
在庫処分をすることは、仕訳の際に節税に有利に働きます。
しかし、帳簿を操作して事実にないことを記入すると、法律違反となり重いペナルティが課せられますので注意しましょう。
不要な在庫は長期間保管しておくより、セールで売り出したり業者に買取を依頼した方が節税に有利です。
当社の在庫買取サービスでは、中古品の取り扱いも行っていて、且つ様々なジャンルの商品に対応することが可能です。
また、買取商品の再販売についてお客様と打ち合わせを行い、ブランドイメージを守るための努力もしております。
買取査定のお見積もりは完全無料で行っておりますので、気軽にお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

在庫処分をすれば節税できる!在庫処分と節税の関係を解説します

「余った在庫を処分したいが、できるだけコストを減らしたい。」
「在庫を処分すると節税できるって本当?」
余った商品の在庫処分にお困りの方々、このようにお考えでしょうか?
在庫処分には廃棄代など、何かとお金がかかるので、できるだけコストを減らしたいですよね。
実は、在庫を減らすだけで節税できる方法がいくつかあることをご存知でしたか?
この記事では、在庫の処分と節税の関係について解説します!

□在庫処分をすると節税できる仕組み

なぜ、在庫処分をすると節税できるのでしょうか?
その理由は決算書上の粗利益の計上方法にあります。
「粗利益=売上−原価」
上記の方法で粗利益は計算されるのですが、原価が大きくなるほど利益は小さくなります。
課税対象は得られた利益に対してなので、原価が大きくなるほど節税効果が期待できるというわけです。
そこで、原価を大きくするために在庫処分が必要なのです。
「原価=期首棚卸高+当期仕入高-期末棚卸高(在庫)」
原価は上記のように計算されるため、期末棚卸高(在庫)を減らすことで、原価を大きく計上できるという仕組みです。
このような理由で、在庫処分をすることは節税効果につながります。

□節税できる在庫処分の方法

*業者に買取を依頼する

在庫買取業者に余っている在庫を一括で買い取ってもらう方法です。
買取業者は買い取った商品を独自の物流で再販売するため、商品が市場に出回るというメリットがあります。
また、一度に大量の在庫を処分できるので便利な手法です。

*セールで安く販売する

在庫処分のために定価よりも大幅に値下げして売り出す方法があります。
少しでも手元資金を確保でき、在庫処分もできるので節税できるというメリットがあります。

 

*廃棄処分

セールでも売れ残り、業者にも買い取ってもらえなかった在庫は保管するのにも費用がかかります。
売れるまで長期間保管しておくよりも廃棄する方が節税効果も期待できます。
しかし、廃棄するのにも費用がかかるので注意しましょう。

□まとめ

在庫処分と節税の関係について、お分かりいただけたでしょうか?
不要な在庫はすぐに廃棄するより、セールで売り出したり業者に買取を依頼した方が断然お得です。
当社の在庫買取サービスでは、中古品の取り扱いも行っていて、且つ様々なジャンルの商品に対応することが可能です。
また、買取商品の再販売についてお客様と打ち合わせを行い、ブランドイメージを守るための努力もしております。
買取査定のお見積もりは完全無料で行っておりますので、気軽にお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

余剰商品を在庫処分するメリットとは?節税効果やコスト削減効果アリ!

「余った在庫を処分すべきかどうかわからない。」
「在庫を処分することにどのようなメリットがあるのか知りたい。」
余った商品の在庫処分にお困りの方々、このようにお考えでしょうか?
不要な在庫が溜まってしまうとその管理費用などで経営を圧迫してしまうことも多いです。
しかし、余剰在庫を処分することに抵抗があるという方も少なくありません。
そこでこの記事では、余剰商品を在庫処分するメリットについて解説します!

□在庫処分のメリット

*倉庫費を削減できる

在庫が大量に余っている場合、それらを管理するための倉庫の費用が高くなってしまうことがあります。
倉庫の敷地面積が大きければ大きいほど、家賃や土地代が高くなるからです。
在庫処分をすることで、倉庫に必要な敷地を削減でき、管理費用を削減できるというメリットがあります。

*在庫買取で手元資金を確保できる

在庫買取業者に買取を依頼することで、一度に大量の在庫を処分できます。
買取の場合、少しでも手元資金を確保できます。
また、買取業者は買い取った商品を需要のある市場で再販売するので、自社商品を市場に流通させることができるというのもメリットの一つです。

*値引き販売による節税効果

余剰在庫は大幅に値下げすることでまだ売れる可能性がある場合、セールやアウトレットストアなどで売り切ってしまうのも一つの手です。
仕入れ金額よりも安い金額で販売することで、利益が赤字になるので、課税対象の利益に税率をかけた分の節税ができます。

*在庫の回転率が上がる

在庫処分を積極的に行う方針を取ることで、在庫の管理スペースが小さくなるので、新しい在庫をどんどん仕入れて余剰在庫を処分するフローの回転率が良くなります。
余剰在庫は保有期間が長くなるほど値崩れが進んで利益が少なくなり、保管コストや人件費などが増えてしまいます。
キャッシュフローが改善されるとコストの無駄が省けるというメリットがあります。

 

 

□まとめ

在庫処分のメリットについて、お分りいただけたでしょうか?
不要な在庫は長期間保管するより、セール商品として売り出したり、業者に買取を依頼した方が断然お得です。
当社の在庫買取サービスでは、中古品の取り扱いも行っていて、且つ様々なジャンルの商品に対応することが可能です。
また、買取商品の再販売についてお客様と打ち合わせを行い、ブランドイメージを守るための努力もしております。
買取査定のお見積もりは完全無料で行っておりますので、気軽にお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

電化製品の在庫買取をしてもらう方法とは?買取の流れを説明します!

「電化製品の買取をしてもらおうか迷っている。」
「電化製品はどうすれば在庫買取してもらえるのかわからない。」
電化製品の処分にお困りの方々、このようにお考えでしょうか?
電化製品販売業の方は一定数の在庫を抱えているものの、在庫が増えてくると保管管理に経営を圧迫されることも多いです。
また、電化製品は未使用品であっても長期間保管していると処分しなければいけなくなるケースがあります。
そこでこの記事では、そんな不要な電化製品の在庫を買取してもらう方法について解説します!

 

□在庫買取に必要な情報

在庫買取をするためにはまず買取業者に必要な情報を提示して、査定をしてもらう必要があります。
必要な情報は商品に関するもの全般です。
商品名・商品の写真・在庫数・サイズ・使用期限・保管地域などです。
商品の種類が多い場合は、大まかな在庫リストや、保管状況の写真が必要です。
また、店舗や倉庫の商品の一括買取を希望する場合は、店舗の面積や店内の全体の写真などが求められます。
要するに、業者が買取する在庫の全体量を把握しておくために、査定が行われます。

 

□在庫買取の流れ

*買取査定

上記のような必要な情報を業者にメールなどの形で送り、その情報から概算での買取査定金額が出されます。
多くの場合査定は無料で行ってもらえるので、査定金額が思ったよりも安いようであれば、この時点で買取を取りやめることも可能です。

*サンプルを送る

査定金額に納得できたら、商品のサンプルを業者に送ります。
サンプルが業者の元に到着したら、現物を見た上での買取価格を確定します。

*商品を出荷する

確定した買取金額に納得できれば、すべての商品を業者の元へ出荷します。
業者側は到着した全商品を検品し、数のチェックも行います。

*買取金額が指定口座に振り込まれる

業者側の検品が確認できたら、買取金額がお客様の指定の口座に振り込まれ、取引完了です。
振り込みのタイミングは、業者によって異なりますが、一般的には検品が確認できてから1週間以内です。
しかし、振り込みのタイミングで業者との認識のズレがあるとトラブルになりかねませんので、あらかじめ業者に確認を取っておきましょう。

 

 

□まとめ

電化製品の在庫買取の方法について、お分りいただけたでしょうか?
不要な在庫は処分するより、買取を依頼した方が断然お得です。
当社では、中古品の取り扱いも行っていて、且つ様々なジャンルの商品に対応することが可能です。
また、買取商品の再販売についてお客様と打ち合わせを行い、ブランドイメージを守るための努力もしております。
買取査定のお見積もりは完全無料で行っておりますので、気軽にお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。

意外と知らない!要領の良い在庫管理の考え方とは?

「在庫管理を要領よくする考え方が知りたい。」
「在庫管理を効率的に行う方法がわからない。」
製造業や小売業を運営している方は、このようにお悩みでしょうか?
在庫管理には倉庫代など、それなりの費用がかかります。
そのため在庫を長期間保管することでコストがかさんでしまいますが、処分するタイミングも難しいものです。
そこでこの記事では、要領よくキャッシュフローを回す在庫管理の考え方について解説します!

□在庫管理の目的

そもそもの在庫管理の目的を見直してみましょう。
在庫管理の真の目的は、キャッシュフローを改善することです。
キャッシュフローとは、手元に残る資金の流れを意味します。
在庫は現金化されることを待っているものなので、できなければ単に管理費がかかるだけです。
そのため、いつまでも管理し続けることはかえってキャッシュフローを悪化させてしまいます。
売れないと判断された在庫は処分して、新しい在庫を仕入れることが、キャッシュフローの改善につながります。
その反面、在庫の処分は販売機会の損失になり、利益を減らしてしまうこともあります。
在庫を処分する判断は、そのときの経済状況や商品の需要などを考慮して慎重に行う必要があるということを意識しましょう。

 

□在庫削減を行うには

では、効率的に在庫を削減するにはどうすればよいのでしょうか。
方法は様々ありますが、ここでは二つ紹介します。

*買取業者に依頼する

在庫買取業者は、余剰在庫の買取を行い、独自の物流で再販売する業者です。
余剰在庫を買取業者に買い取ってもらうことで、手元に資金を確保できるというメリットがあります。

*セールで値下げ販売をする

在庫の需要を高めるためにセール商品として大幅に値下げして売り出す方法があります。
この方法も、手元に資金を確保できますが、値下げをし過ぎるとブランド価値を損ねてしまう可能性があるので気をつけましょう。

□まとめ

在庫管理の考え方について、お分かりいただけたでしょうか?
在庫処分をお考えなら、ぜひ買取業者に買取を依頼してみてください。
不要な在庫は長期間保管したり廃棄してしまったりするより、業者に買取を依頼する方が断然お得です。
当社の在庫買取サービスでは、中古品の取り扱いも行っていて、且つ様々なジャンルの商品に対応することが可能です。
また、買取商品の再販売についてお客様と打ち合わせを行い、ブランドイメージを守るための努力もしております。
買取査定のお見積もりは完全無料で行っておりますので、気軽にお問い合わせください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか閉店倒産商品ページをご確認ください。