食品の在庫に悩んでいる方へ!3つの在庫処分方法のヒント

「誤って発注してしまった商品をどうにかしたい」「予想より売れず余ってしまった商品をどうにかしたい」
などの理由で、食品の在庫の処分に困っている方は少なくないでしょう。

他の商品とは異なり食品には、賞味期限や消費期限があるので処理は大変でしょう。確かに食品在庫の処理は難しいですが、そうような食品の処理方法は複数存在します。

 

そこで、今回は食品の処理方法について3つに絞ってご紹介します。

[値引きする]

スーパーなどでは、毎日一定の時間を過ぎると20%引き、また一定の期間を過ぎると半額‥のように賞味期限および消費期限が近づく毎に価格を徐々に下げていく手法が見られます。

これは店頭のみならず食品のネット通販などにも見られます。このように値引きすることで、消費者が商品を購入するハードルを下げ、お得感を演出することによって消費者の購買意欲をそそります。

 

[家畜の飼料にする]

もちろん酒などのアルコール類やドリンクは不可能ですが、食品であればリサイクル業者を通して家畜の餌とすることができます。

家畜の餌としてでも再利用できるなら、そうしてしまうことで廃棄して無利益で終わるよりかは少々の収益を上げることができるので良い選択肢の一つと言えるでしょう。

[在庫買い取り業者への売却]

「在庫買い取り業者では、食品は買い取ってくれないんじゃないの?」そうご心配の方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに生鮮食品や消費期限が過ぎてしまた一定の食品などの買い取りは難しいかもしれません。

しかし、弊社では食品在庫でも買い取り可能なケースが多数ございます。実際に食品を買い取りした例もあります。大量の食品在庫でお悩みの方は是非一度ご相談ください。

以上、食品の不良在庫でお悩みの方々へ向けて在庫の処理方法を3つご紹介しました。一つは、値引きを行い、消費者の購買意欲を誘い売り切ってしまうことです。次に、家畜の餌へのリサイクルするという方法です。

会社にとって収益を上げることは可能ですがリサイクル業者を通したりするなどするので、収益を上げれるとしてもごくわずかでしょう。またそういった手続きを少々複雑であることが予想されます。

最後に、在庫買い取り業者に売却する方法を上げました。多くの方は食品在庫の売却は不可能と考えでしょかが、実際のところそうではありません。実例として、大量の食品を買い取ったケースもございます。

よって一度電話で売却可能であるかどうか確認されることをおすすめします。上述した内容を参考に、食品の在庫処理をお考えになってはいかがでしょか?

 

せどりで滞留在庫の処分に困っている方へ!在庫の処分方法3選

「自分でビジネスをやってみたい」「副業でお小遣い稼ぎがしたい」「自分の知識と経験を生かした商売がしたい」などの理由でせどりを始めた方もたくさんいらっしゃるでしょう。

しかし、思ったより売れずに在庫を溜まってしまっている方も多いと思います。溜まった在庫を誰かにあげるのも、諦めて自分で消費するのも一つの方法ですが、破棄してしまうのはもったいないですよね。できる限りお金に換えたいはずです。

そこで今回は、せどりで溜まってしまった在庫をうまく処理する方法についてご紹介します。

[値段を下げる]

これが一番手軽にできる対処法です。特に、比較的売れ行きの上がる土日に価格を下げると良いでしょう。土日の方が、商品を見てくれるお客様の数は増えますし、休日に何かをお求めになっている可能性が高いからです。

[まとめて売る]

まとめ売りをすれば、お得感が増します。関連性の高い商品を一緒に売れば、その潜在的購入者からすると、ついてくる商品に対するニーズがある可能性が高いため、「安く買える」というお得に感じる気持ちが増しますよね。

例えば、スマホのみを売るのではなくて一緒に画面シールもつけて、スマホ単体の値段と同じにするなどです。画面シールを販売することに対する収益はなくなってしまいますが、売れなくて0円のままよりかはいいですよね。

またこうすることによって、スマホの売れ行きもよくなります。

[在庫買い取り業者に売却]

在庫買い取り業者であれば、幅広い商品の買いとりを行っています。そのため、転売できそうな様々な種類の商品が余っている場合でも、それらを一度に売却することが可能でしょう。

また、在庫買い取り業者は国内外に多くの販路をもっています。よって、比較的優位に商品を再販売することができるので、予想よりも高い金額での商品買い取りが行われる可能性があります。

今回は、せどりで溜まってしまった在庫をうまく処分するための方法について3つご紹介しました。一つは、安売りをすることです。特に土日に値下げを行うのが効果的でした。

二つ目は、まとめ売りです。これは関連性の高い商品を一緒に売ることによって相乗効果を起こしてお客様の購買意欲をそそる方法です。そして最後に、在庫買い取り業者への売却がありました。

在庫買い取り業者は幅広い商品に対応することができて、多くの販路をもっているので、様々な種類の商品を販売することができかつ比較的効果での販売が可能なのでおすすめされます。

以上のことを参考にせどりで溜まった滞留在庫を効率的に処分してはいかがでしょうか?

不良在庫処分にお困りの方へ!廃棄する前に知ってほしい処分方法をご紹介!

みなさん、不良在庫にお悩みではありませんか?

不良在庫は、早く処分しなければならないと思いつつも、つい目をそむけたくなるものです。しかし、不良在庫はただ売れ残っている在庫品ではありません。もう売れる見込みもなく、ずっとためていることで、企業の経営にも悪影響を与えてきます。

そんな不良在庫のお悩みを解決したい!というかたへ、今回は、不良在庫の処分方法を3つご紹介します。

 

 

●在庫処分セール

「利益のない価格でもとにかく売り切ってしまおう!」と、在庫処分セールを行っているお店は多く見かけますよね。販売が可能な商品であれば、在庫処分セールで売るというのは、一般的に見られる一つの手段です。

しかし、あまり頻繁に行うと、「よく安売りを行っている」と感じさせ、その商品や会社のブランドイメージの低下につながってしまうというデメリットがあります。

 

●廃棄

不良在庫であったとしても、廃棄してしまうのには抵抗があるかもしれません。

しかし、在庫は保管しているだけでもコストがかかります。

賞味期限切れの食品や、使用期限が過ぎた化粧品など、もう廃棄するしかないものは、しっかりとした手続きに従い、速やかに廃棄してしまわなければいけません。

 

●業者へ買い取り依頼

最もおすすめの不良在庫の処分方法として、業者に買い取りを依頼することが挙げられます。

「国内で安売りしてほしくない」、「国内での再販はしてほしくない」という希望を通す業者であれば、在庫処分セールのように、ブランドイメージを悪くすることなく、不良在庫を処分することができます。

また、一見「廃棄するしかない」と判断されそうな不良在庫でも、買い取りが可能なものがあるかもしれません。

ホームページをみて、どんな在庫スタイルを買い取ってくれるのか、買い取り可能な商品であるかを確認し、条件に当てはまる場合は、業者へ買い取り依頼をするのが最適な不良在庫の処分方法と言えるでしょう。

 

今回は、不良在庫の処分方法として「在庫処分セール」、「廃棄」、「業者への買い取り依頼」という3つの方法をご紹介しました。

もちろん、不良在庫を作らないことが一番です。そのためには、在庫管理システムを導入するなどの方法で、適正な在庫の量を保てるように、定期的に調整することが必要です。

 

現在、不良在庫にお困りの方は、まずは今回ご紹介した方法で不良在庫を処分し、同時にそれから先に不良在庫を作らない方法も見つけてください。

不良在庫の処分で、「業者への買い取り依頼」をご検討の方は、お気軽に白石商事までご相談ください。

 

返品在庫を減らしたい!返品によるダメージを減らすための3つの対策とは?

たくさん溜まってしまった返品在庫にお悩みではありませんか?

商品自体に問題は無いにも関わらず、返品によって中古扱いになってしまうのは売り手にとっては大きなダメージですよね。

今回は、返品在庫でお悩みの方へ、返品によるダメージを減らすための3つの対策についてお話しします。

 

1.購入者のイメージのギャップを防ぐ

返品の一番大きな理由の理由が、「イメージと違った」という理由ではないでしょうか。この理由の返品を減らすためには、購入が決定する前に、商品と購入者のイメージの大きなギャップを防ぐしかありません。そのための対策を今まで以上に重要視しましょう。

店頭販売の場合は、商品の返品が特に多いのは衣服類であるため、アパレルの例を挙げてお話しします。返品を減らすためには、お客様のイメージを伺ったり、試着を進めたりすることで購入後のギャップを防げます。その他には、コーディネイト案を提示するなど、一つの商品に対する幅を広げてもらうことなどが対策として挙げられます。

ネット販売の場合では、さらにイメージとのギャップが生まれやすくなります。画面上で伝えるためには、実際に使った際の写真を様々な角度から乗せること、とても詳しく商品の情報を書くこと、クチコミを集めることといった対策があります。

2.返品されにくい商品を選ぶ

商品には、よく返品されるものとされないものが出てきます。返品在庫でお悩みの方は、商品のジャンルや大きさ、ターゲットなどから、どのような商品が返品されやすいのかを知っておくことが大切です。仕入れの際に、返品されにくいものの比率を増やすことで、返品率を減らすことが可能でしょう。

3.返品があったときの対処法を用意しておく

返品を防ぎたいと考えても、完全に防ぐことは難しく、どうしても返品は出てしまうものです。新品の商品が、一度返品されると、ほとんどの場合は中古という扱いになってしまいます。中古としてもう一度売るようなルートを確保していると、返品在庫が溜まっていくことを防げます。

しかし、中古での再販では、点検や再梱包などの手間がかかる上、返品のリスクは依然として残っています。

そこでおすすめの返品在庫の対処法は、買い取り業者に依頼することです。様々なジャンルを扱っている業者であれば、返品在庫を一気に買い取ってくれる可能性があります。返品在庫をいつまでも置いていてもメリットがないため、返品在庫を現在お持ちの方は、まずは無料見積もりを依頼してみるとよいでしょう。

 

 

今回は、返品在庫でお悩みの方へ、返品によるダメージを防ぐ3つの対処法についてお話ししました。「とりあえず現在の返品在庫をなんとかしたい!」という方は、お気軽に白石商事までご相談ください。

 

返品在庫が増える原因はなに?返品在庫でお困りの方がまず行うべきこと

「返品の際は全額返金保証!」、「お客様に合わなかった場合はお気軽に返品してください!」といった広告、テレビコマーシャルが多くみられるようになりました。消費者にとって、返品が可能であるということは安心感があり、企業にとっては、消費者の購入のハードルが下がるため、売り上げ増加を見込めるのでしょう。しかし、返品が想定よりも多く、返品在庫の処分に困る・・・という状態になっていませんか?

今回は、返品在庫が増える原因と、どのように対処したらよいのかについてお話しします。

 

 

●返品がしやすいシステム

日本人の多くがネットショッピングで利用する、「Amazon」では、ほとんどの商品が手軽に返品できます。そのため、Amazonを利用している企業や個人事業主は、返品在庫のお悩みが多いといわれています。また、冒頭でもお話ししたように、あらゆるところで「返品の手軽さ」と売り文句とする商品も増えています。このような風潮において、ネットショッピングを利用する世代を中心に、「返品はできてあたりまえ」というような感覚を持つ消費者が増えているようです。

この返品可が当たり前のサービスであるという流れによって生まれる返品在庫への対処法は、まず、返品の条件をきちんと設定することでしょう。Amazonに代表されるようなサービスに販売を依頼する場合、その設定は自らではできません。しかし、その他の自ら設定可能な部分においては、厳密に返品条件を設定することで、過剰な返品を防ぐことができます。

 

●イメージのギャップの生まれやすさ

返品の理由の大きな割合を占めるのが「イメージと違った」という理由です。

ネット販売の場合でも、実際に店頭で見た場合でも、実際に使ってみたらイメージと違ったため、返品するというケースが多いでしょう。

これは、ネット販売では、実際に手で触れないため、サイズ感や質感などのギャップが生まれやすいからです。サイズを明記していても、そこまで見ていない方が多いため、イメージとのギャップを防ぐには、実際のサイズや、素材の質感イメージしやすいような画像を使う、クチコミを集めるといった方法があります。

店頭販売においては、事前に様々な商品をネットで調べてから買う方が増えているため、そこでモデルが来ている洋服のイメージや、プロが使っている調理器具のイメージなど、実際の商品を使用した場合と異なる強いイメージを持ちやすくなっています。購入の前には、試着をおすすめしたり、細かな機能を説明するなどの対策で、購入者のイメージと、実際の商品のズレを減らす工夫が必要です。

 

 

今回は、返品在庫が増える原因についてお話ししました。

しかし、どうしても返品は出てしまうものです。返品在庫を増やさない対策をしながらも、溜まってしまった返品在庫の処分方法も考えておきましょう。おすすめの処分方法は、在庫買い取り業者に依頼することです。現在、返品在庫にお困りの方は、どうしても生まれてしまう返品在庫の処分方法として、まずは、在庫買い取り業者に無料見積もりを依頼することから始めてみてはいかがでしょうか。

 

返品在庫ってどうやって処分するの?3つの処分方法をご紹介

ネット販売が一般的になり、「他にもっといいと思うものが見つかった」、「購入してみたらイメージと違った」、といった理由で返品が増えています。返品が増えるにつれて、「返品在庫」でお悩みの方も増えているようです。返品理由が購入者の問題の場合、商品自体には問題ありません。そのため、捨ててしまうのはもったいない・・・と、返品在庫の扱いに困ってしまいますよね。

今回は、返品在庫の扱いにお悩みの方へ、返品在庫の処分方法についてお話しします。

 

●値下げして再販

値下げをして再販するというのは在庫処分においてスタンダードな方法です。在庫を再販する方法は様々ありますが、返品在庫の場合は、一度開封されている可能性があるため、再販方法が限られてきます。適切な販売方法を確保できたならば、返品在庫として置いておくより、値下げしてでも販売してしまう方がよいでしょう。

しかし、返品された商品を再販するためには、多くの場合、丁寧に点検し再梱包しなればなりません。また、安売りをすることでブランドイメージを損なってしまう可能性があります。それらのコストに見合った利益が望める場合のみ、値下げをして再販をするという選択が望ましいでしょう。

●在庫買い取り業者

ブランドイメージを守るため国内で再販してほしくない場合や、自社での再販ルートを持っていない場合は、在庫買い取り業者に依頼することがおすすめです。在庫買い取り業者の中にも様々ありますが、買い取られた商品のその後の再販方法などを相談可能な信頼できる業者を選びましょう。現在お持ちの返品在庫のスタイルや内容が、買い取り可能かを確認し、どれくらいの価値があるかを知りたい場合は、まずは無料の見積もり依頼をすることをおすすめします。

 

●廃棄

賞味期限が切れた食品や、使用期限が過ぎた化粧品などは、再販も買い取りも難しいでしょう。その場合は、廃棄するしかありません。

「もったいない」と感じてしまうものもありますが、返品在庫は溜めておくだけでもデメリットがあります。これからの利益につなげるためにも、まずは返品在庫を処分することを優先しましょう。最終的な「廃棄」という方法に至らないためにも、返品在庫は早めの対応が大切です。

 

今回は、返品在庫の処分方法についてお話ししました。返品在庫を処分する方法を準備しておくことは、経営改善のためにも重要な点です。自社での再販ルートを明確にしておくこと、在庫買い取り業者へ依頼するタイミングを決めておくこと、市場に出すことが不可能なものは早めに廃棄すること。様々な方法の中から、適宜最適な方法を選択できるように準備しておき、返品在庫のお悩みを解決してくださいね。

 

返品在庫をそのままにしていませんか?返品在庫を溜めるデメリットとは

返品商品の返品理由とはどのようなものでしょうか。様々な理由が存在しますが、「思っていたイメージと違った」、「自分の体質に合わなかった」、「他にもっといいものが見つかった」など、商品自体の問題というよりも、購入者の方の事情によるものがほとんどでしょう。

つまり、ほとんどの返品された商品自体には問題はありません。そのため、「いつかもう一度売れるかもしれない」と、手元にそのまま置いたままにしてしまったり、「処分するのはもったいない」と、手放せなくなったりするのでしょう。

しかし、たとえ商品に問題がなくてもそのまま返品在庫として溜めてしまうことにはデメリットが存在します。

今回は、つい溜めてしまいがちになる返品在庫のデメリットについてお話しします。

 

 

●商品の価値の最大化

あらゆる商品は、人々の購買意欲を高めるように、様々な価値を付加されています。購入者は、その商品の価値が、支払うコストよりも上回ったときに購入を決めるのですね。

しかし、ほとんどの商品の価値は長くは続きません。例えば、金(きん)は長期間財産として保有されます。これは、金は希少性があり、品質が劣化しないため世界中で共通の価値をもつこと、金そのものが価値を持ち、物価変動などの影響を受けないこと、換金性が高いことといった様々な特殊な価値があるからです。これが、今売れている電化製品であればどうでしょうか。人気のあるうちはたくさん保有していると、高値で販売でき、大きな利益を得られます。しかし、1年も経てば、新たな機能を持つ電化製品が市場に出回るため、保有している旧式の電化製品の価値は、1年前と比べてかなり小さいものとなります。

すなわち、商品を市場に出す「タイミング」というものがあるのです。そのタイミングを逃してしまうと、商品の価値は失われてしまい、処分するしか方法がなくなってしまいます。返品商品であっても、市場にもう一度出すためには、価値が最大であるタイミングを逃すことは大きなデメリットです。

 

今回は、返品在庫を溜めておくデメリットについてお話ししました。もちろん、返品在庫を溜めていると、管理のコストもかかってきます。返品在庫を溜めておくデメリットにより不利益を被らいないためにも、なるべく早く対処しなければなりません。

返品在庫のおすすめの処分は買い取り業者に依頼することです。まだ商品としての価値がある返品在庫を市場に回すためにも、まずは無料見積もりを行っている買い取り業者に相談することをおすすめします。

 

 

 

滞留在庫を溜めないための対策とは?滞留在庫を溜めないシステムづくり

皆さんの倉庫ではどのくらいの在庫が「滞留在庫」になっているでしょうか。売れると思って仕入れたものの、いつまでも在庫として残っている滞留在庫にお悩みの方も多いでしょう。「せっかく仕入れたから・・・」、「いつか売れるかもしれない・・・」という思いで、どんどんと滞留在庫が増えていくケースも多いようです。しかし、滞留在庫を保持するだけでも、税負担が大きくなる、管理コストがかかるなどといったデメリットがあります。

今回は、そんな滞留在庫を溜めないための対策についてお話しします。

 

●仕入れ・生産量の変更

滞留在庫を作らないためには、まずは「売れると思ったのに・・・」という失敗を減らしていくということに注目しなければなりません。社会には様々な波があるため、「なんとなく売れそう」というような感覚で仕入れ数量や生産数を決めてしまっては、大量の滞留在庫を生んでしまう可能性があります。

仕入れ数の参考になるのは、現在の滞留在庫です。どのようなものが滞留在庫になりやすくて、それはなぜかという分析をしっかりと行い、こまめに仕入れ数・生産量を見直すことで、滞留在庫を生みにくいシステムができるでしょう。

 

 

●滞留在庫の管理ルールを明確化

様々な商品を扱っている場合、倉庫などの管理場所のあちこちに「まだ販売の見込みがある在庫」と「もう販売の見込みがない滞留在庫」が混在して保管されることが多いようです。

このような場合、滞留在庫の保管料が大きくなり、経営を圧迫する原因になりがちです。大量の滞留在庫を生まないためには、その管理のルールを明確化する必要があります。

まずは、一定の期間売れなかった滞留在庫は一か所にまとめて保管します。流動性のある在庫と滞留在庫を分けて管理することで、それらを分けて扱いやすくなります。

そして、滞留在庫として何か月保管するかを決めます。滞留在庫であっても「まだ売れる可能性があるかもしれない・・・」と感じてしまい、長期間処分することができないといったケースもよく起こります。明確な処分時期を決めておくことで、滞留在庫が膨らむことを防ぐのです。

さらに、滞留在庫の処分方法も決めておきましょう。在庫処分セールなど、価格を下げてでも販売するならば、その時期や、それでも売れ残ったものの処分方法まで決めておきます。安売りしてブランドイメージを悪くしたくない場合、在庫処分セールで売れるようなものではない場合は、在庫買い取り業者がおすすめです。買い取り業者を選ぶ際は、買い取られた商品をどのように再販するのかを相談できる業者が安心です。

 

 

今回は、滞留在庫を溜めないための対処法についてお話ししました。

滞留在庫を生まないシステムと、溜めないシステムを作り、滞留在庫のお悩みを解決しましょう。

 

滞留在庫が増えるのはなぜ?その原因と対策とは?

滞留在庫とは、もう販売の見込みがないまま保管されている在庫を指します。商品の性能に問題は無いものであれば、「いつか売れるかもしれない・・・」という思いから、滞留在庫の処分を後回しにしていませんか?滞留在庫を溜めておくだけでも、税負担がかかる、管理コストがかかるなど、経営者にとってデメリットがあるのです。したがって、滞留在庫はできるだけ作らず、早く処分することが望ましいでしょう。

今回は、そもそもなぜ滞留在庫が増えてしまうのかの原因についてお話しします。

 

●少しの特徴の差

様々なものが手軽に手に入るようになり、消費者の選択肢は増えました。「白いセーター」を欲しいと一口にいっても、選択肢は無数にあります。そのような競争の中で、たとえ「白いセーター」が流行ったため売れると判断し、大量に仕入れたとしても、何か強みとなる特徴がなければ、大量の滞留在庫が生まれてしまうだけという可能性があるのです。

「安さ」、「ブランド名」、「デザイン」、「質感」など、消費者は様々な観点から、商品を選びます。販売している商品を選んでもらうためには、その商品が選ばれる理由が明確に存在しなければ、売れ残ってしまうことは避けられないでしょう。

●少しの値段の差

ネットショッピングが一般的になり、同一の商品であっても購入方法の幅が大きく広がりました。もちろん、フリーマーケットや中古品、オークションなどにおいては、通常の価格よりも安く手に入れることができます。そのため、店頭で実際に触ってみて、良いと思ったら、ネットで調べて最も安いところで購入するという消費者が多いのです。

商品購入の際の重要視する点というのは人それぞれですが、多くの方の共通する重要な点は、「値段」でしょう。様々なお店を実際に歩いてみて回らなくても、どこで最も安く手に入れられるかがわかる現代において、売れるはずの商品にもかかわらず、値段設定によって、消費者が他の購入方法に流れていくことになります。そのため、中古ばかりのやり取りが行われ、滞留在庫が大量に生まれてしまうといった事態が起こるのです。

 

今回は、滞留在庫が生まれてしまう原因の一部についてお話ししました。

しかし、滞留在庫を全く持たないということは不可能でしょう。そのため滞留在庫が経営に悪影響を与えないようなシステムを作っておくことが大切です。つまり、滞留在庫が生まれてしまわないような対策を常に取っておくこと、また、生まれてしまった滞留在庫の処分方法をはっきりと決めておくことが重要です。滞留在庫の処分でお困りの方は、一定期間滞留在庫として溜まってしまっている商品は、在庫買い取り業者に依頼し、買い取ってもらうなど、お金とモノの流れが止まってしまわないようなシステムづくりを行ってみてください。

 

 

 

食品の在庫処分方法にお悩みの方へ!業者へ依頼するときのポイント

食品というのは、おいしく食べられるために作られたものです。

製造したすべての食品が、お客様のもとに届き、おいしく食べていただけるということが望ましいですが、在庫として倉庫に残ってしまう食品も存在していますよね。

食品の流行りというのは、さまざまな波があり、まだおいしく食べられるのに在庫として余ってしまうということが、多々起こってしまいます。

そんなときには、どのように食品の在庫を処分すればよいのでしょうか。今回は、食品の在庫の処分方法についてお話しします。

 

●食品はなるべく早く在庫処分を!

食品は、衣服や機械などと比べ、「賞味期限・消費期限」という期限があるため、長期間保存すると、最終的には廃棄という道しかなくなってしまいます。そのため、在庫として残っている食品は、なるべく早く処分しなければなりません。

「賞味期限・消費期限」が切れた商品は、商品価値が失われるため、買い取りが不可になることがほとんどです。また、「賞味期限・消費期限」が切れても買い取りしている業者がありますが、その後どのような扱いをされるのか不透明な場合が多いようです。

「処分」という文字を見ると、食品を粗末にしてしまうのでは、と感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし、在庫買い取り業者に依頼し、「処分」することは、食品がまたお客様に届く可能性をよみがえらせることです。

定期的に在庫の整理をし、不良在庫であると判断した場合はなるべく早く、買い取り見積もりの依頼をすることをおすすめします。また、上記のように食品の在庫処分にはスピードが大切である場合が多いため、手続きがスムーズに行える業者を選びましょう。

 

●安心の再販ルート

食品在庫の処分で、買い取り業者に依頼するときに最も心配することの一つが、「買い取られた食品は、どのように再販されるのだろう…」ということではないでしょうか。

食品にとって、最も重要なのは「安全」です。

せっかく今まで築いてきた、皆さんの会社の「安全」のイメージが、不法に再販されたなどの理由で一気に壊れてしまうことが最も恐ろしいと思います。

そのような事態を防ぐために、買い取り業者に食品の在庫処分を依頼するときは、どのように再販されるのか明確であり、再販方法についてこちらの希望を通せる業者を選ぶと安心です。

 

 

今回は、食品の在庫処分について、特に大切なことについてお話ししました。

食品の在庫処分は、「早さ」と「安全性」を重視してください。業績のある買い取り業者であれば、手続きも明確であり、再販の方法も明示されていることが多いです。食品の商品価値が失われてしまう前に、業績のある信頼度の高い業者を選び、お早めに見積もり依頼をすることをおすすめします。