溜まってしまった不良在庫を処分する方法を3つご紹介!

「ブランドを立ち上げたがうまくいかなかった‥」「自分の会社の在庫が溜まってしまって困っている」「輸送中に荷崩れを起こしてしまいその商品が販売不可になってしまった」「個人で経営しているお店を閉める際に商品を処分したい」「溜まってしまった返品商品を処分したい」
など、様々な理由で不良在庫の処分方法についてお悩みではありませんか?

メーカー様や個人事業主様が多数の在庫を抱えてしまうことは、決して珍しいことではありません。どんな企業様でも在庫が溜まってしまうことは免れないでしょう。

問題は、その不良在庫をどのように処分するかということです。そこで今回は不良在庫を処分する方法について3つご紹介していきます。

[売り切ってしまう]

在庫過多になってしまった商品や、モデルやデザインが古くなってしまった商品の価格を下げて、セールで売ってしまうのが1つの方法です。例として、アウトレットセールなどがこれにあたります。

デメリットとしては、自社商品を安く販売してしまうことによる商品のブランドイメージが下がることが挙げられます。それら商品の消費者としては、値下げがされるということは「商品の人気がなかったのか」「どこか劣っている点があるのではないか」など想定してしまい、購買欲が削られてしまう可能性があります。

また、消費者としてはその商品を取り扱う会社に対して「この会社の商品は人気がないのか」などの他の商品イメージにも悪影響がでてしまうケースがあります。

[破棄する]

売れなかったり、循環の悪い商品も管理するのにお金がかかります。倉庫で保管しておくのであれば、その保管されている土地代がかかっています。

さらに温度管理や空気清浄など置いておく土地代以外に他のメンテナンス費用がかかる商品も少ないないでしょう。溜まっていて売れない商品は、維持費用がかかってしまうので、それなら捨ててしまった方がいいとお考えになるかたも多いです。

[在庫買取業者に委託する]

法人様や個人事業主様を対象に不良在庫や滞留在庫などの買取を行う業者があります。白石商事も長年在庫買い取りを行っております。

当社では法人様や個人事業主様など大量の不良在庫に悩まされている方からそれらの在庫を買い取るサービスを行っております。

以上、企業様や法人事業主様で多量の不良在庫を抱えていらっしゃる方々へ向

けて不良在庫の処理方法について3つご紹介しました。

まず、値下げなどのセールにすることです。しかし、これには商品や会社のイメージを悪くしてしまうなどのデメリットがありました。二つ目に破棄す

 

る方法です。不良在庫は置いておくだけでも費用がかかります。

売れないのであれば破棄する方が良いでしょう。最後に在庫買取業者に委託する方法です。これは不良在庫を業者に販売する方法です。不良在庫の処分する際に、上述した内容を参考にしていただけると幸いです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク