増える滞留在庫の原因とは|増える滞留在庫の2つの原因について

個人で小売店を経営している、もしくはネット上で商品を取り扱っている方で、商品が売れずに困っている方はいらっしゃいませんか?

商品が売れずに残ってしまうと、会社のキャッシュフローが悪くなったり、倉庫の見通しが物理的に悪くなることによって社員のモチベーションが下がったりと色々なデメリットがあります。

そこで今回は、経営を苦しめてしまう滞留在庫ができてしまう原因についてご紹介していきたいと思います。

[滞留在庫とは]

まず、そもそも滞留在庫とは何のことでしょうか?
滞留在庫とは、すでに販売の見込みがなくなり、社内に保管されている商品のことです。商品自体の傷や汚れなどの欠陥がないために「いつか売れるかも」といった未練を捨てきれずに倉庫に溜めてしまう傾向があります。

こういった売れる見込みのない在庫にも、質を保つために必要な人件費や場所代などの管理費用は少なくありません。よって、こういった滞留在庫は作らずにできるだけ早く処分しておくことが望ましいです。

[商品のキャラクターの差]

こうした滞留在庫を作ってしまう原因の一つとして考えられるのが、商品キャラクターの差です。キャラクターとは、ここではその商品の質感やブランド、デザインなどを指すこととします。

例えば社会で流行りが生まれて、その流行に従って生産した商品が売れないケースがあったとします。この際に考えられる理由は、流行りの商品は他社もこぞって生産をしているわけで、お客様がそれら他社の商品と自社の商品とを比べた際に、キャラクター

の面で他社の商品を気に入ったというものです。このような競争の中で商品を売っていくためには、自社ならではの「強み」となるポイントが必要です。

[似通った商品との値段の差]

もう一つ滞留在庫を作ってしまう原因として考えられるのは、商品の売値です。

現代のインターネットが普及した社会においては、同じ商品が売られている店舗やオンラインショップを探して、その中での最安値の出品先でその商品を買うことを選ぶことは非常に簡単です。よって、価格競争の激しさが増してきています。

滞留在庫にお困りの際は、改めてご自身が売っている商品の価格について見直してみるのはいかがでしょうか。

以上、滞留在庫とはそもそも何なのかについてとその滞留在庫が溜まる原因について二つご紹介しました。いずれも多くの人に当てはまる原因であるかと思われるのでご参考にしていただけると幸いです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です