滞留在庫を溜めないための対策とは?|溜まる前と後での2つの対策

滞留在庫を増やしてしまうと大変大きな負担になってしまいますよね。
滞留在庫を溜めることによって、会社のキャッシュフローは悪くなりますし、不必要な在庫管理にかかるコストが大きくなってしまいます。

そういった負の循環を生み出しかねない滞留在庫ですが、完全になくすことはできないにしてもできるだけ減らしたいですよね。

今回は、滞留在庫を減らすために、滞留在庫が生まれる前のアプローチと生まれてしまってからのアプローチについてご紹介していきます。

[仕入れと生産を見直す]

滞留在庫をそもそも作らないためには、滞留在庫になってしまうかもしれない商品を大量に仕入れないことです。

一定数の方は、データなどに基づいて考えることなく「なんとなくこの商品売れそう」といった単純な理由によって大量に商品を仕入れる、または生産してしまうなどといったケースを起こしてしまいます。

確かに、流行りそうな商品を仕入れるか仕入れないかに時間をかけすぎてしまい、意思決定にばかり時間を取られ、結局のところその迷っている間に商品の需要のピークが落ちてしまったなどというのは残念な話ですが、焦って多量の売れない商品を買ってしまっては元も子もありません。しっかりと客観的に売れるか売れないかの吟味を行うことが大切です。

[在庫をうまく処分する]

上記の対策をしていても、やはり滞留在庫が生まれてしまうことを完全に避けることはできないでしょう。そういった際に備えて、うまく滞留在庫を処分する方法を知っておく必要が有ります。

その方法としては、まず思い切って「破棄」するといった手段があります。冒頭で述べたように滞留在庫を持っているだけでオーナーや経営者からしたらコストになってしまいます。そういった負担にしかならないのなら早めに決断して破棄という処分方法を取ってしまう方が良い場合もあるでしょう。

次に考えられる手段としては、在庫買取業者に買取を依頼することです。

在庫買取業者に依頼すれば、買取を有料で行ってくれるかもしれません。また業者によって出張買取サービスを行っているところもあり、非常に便利に在庫を処分することが可能です。

以上、会社や経営者に負担をかけてしまっている滞留在庫を減らすための対策とし、滞留在庫が溜まってしまう前と溜まってしまった後の対策に分けてご紹介しました。

いずれも滞留在庫を減らす上で重要なことですので、しっかり上記の点を考慮して滞留在庫を減らしていただけると幸いです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です