不良在庫、溜めてしまうと危険かも?3つの処分方法をご紹介

溜まった不良在庫にお悩みの方はいらっしゃいませんか?
不良在庫とは、ビジネスがうまくいかず、売れずに残ってしまった商品のことです。

今回はこの不良在庫をためてしまうことがなぜ良くないのかという理由と、どのように処分するべきかについてご紹介します。

[不良在庫を抱えるリスクとは]

では、なぜ不良在庫を抱えてはいけないのでしょうか。
それは一言で言うと、会社全体の資金繰りに悪影響を及ぼす恐れがあるからです。
本来収益をもたらすはずである商品が倉庫に溜まっているということは、それだけお金の流れが悪くなっているということです。

また、その売れずに残ってしまっている商品の品質が落ちないようメンテナンスする費用や、その商品を保管しておくための土地代などがかかります。こういった経済的な側面から、不良在庫を溜めてしまうことには大きなリスクがあるのです。

[不良在庫の処分の仕方]

・期限を設けて売り切る

商品が売れ残っているということは、現在の価格での当該商品の需要量が、供給量を下回っているということです。

 

そこで、再度価格設定を見直して、販売にかけてそれらの商品を売り切ってしまうことが一つの不良在庫の処分の方法として考えられます。その際に、期間限定で従来の価格より大幅に安く売れば、お得感が増すために需要が増え、早く不良在庫を処分することにつながります。

・買取業者に買い取ってもらう

買取業者に依頼すれば、不良在庫の買取を行ってくれます。

必要な手続きや労力が少なくて済むので、売り手の負担を抑えることができます。また、消費者に向けたセールを実施するより、確実に効率よく在庫を処分することが可能になるのも大きな利点と言えます。

・破棄する

不良在庫は、会社や事業者にとってお荷物になってしまいます。上述の通り、その商品をメンテナンスするために必要な費用やその商品を保管しておくための倉庫代など様々な費用が発生するからです。
そのような負担をなくす手段として、破棄も挙げられます。ただし、利益を見込めないとはいえまだ利用できるモノを破棄するのは、環境面に良いとは言えません。また、破棄にも費用や労力が必要ですので、慎重に検討するべきでしょう。

以上、不良在庫で悩んでいる方へ向けて、それら売れずに残ってしまった商品をどのように処分すれば良いかについて3つご紹介しました。

ご自身の状況を考慮した上で、最適な手段を選ぶことをおすすめ致します。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です