在庫処分をするメリットは?決算前の処分で得られる効果も

小売店を経営・所有している方の中で、ご自身の持っているお店の商品が大量に余っている、もしくはお店の破産等を理由に大量の在庫を抱えている方はいらっしゃいませんか?

そのような残ってしまった大量の在庫は、処分することをおすすめします。
今回は、多量の在庫を処分することのメリットについて3つご紹介します。

[在庫維持に必要な費用を節約]

在庫を処分するメリットの1つ目は、余分な管理費用や手間を発生させずに済むことです。
売れずに残ってしまっている不良在庫にも、品質を維持するための費用や、

その商品を保管しておくための倉庫が必要です。

つまり、不良在庫を置いておくことで多額の費用が発生している可能性が十分に高いのです。

そういった店舗の経理に多大な負担を生じかねない不良在庫は早めに処分しておくことが、お店の売り上げや経営利益を上げていく上で大切なのです。

[良いキャッシュフローを生み出す]

在庫を処分するメリットの2つ目は、良いキャッシュフローが生まれることです。
利益を生まないキャッシュを寝かせておくのではなく、思い切って処分したうえで新たな商品を仕入れて、その商品を売っていくといった風な循環を生み出すことが大切なのです。

[在庫処分によって節税できる]

在庫を処分するメリットの3つ目は、税金を節約できることです。
決算の際には、事実売り上げになっていない在庫も利益の一部として計上されます。そのため、この先売れる見込みのない在庫であれば、処分してしまう方が無駄な税金がかかることなく経営者にとってはメリットなのです。

こうした売れる見込みのない商品の例としては、顧客による買取のピーク時を過ぎたカレンダーや流行が過ぎてしまった衣服などです。このような商品は、決算前に処分してしまう方が税金の観点からも経営者にとってもメリットがあるのです。

以上、在庫を処分することによるメリットについて3つご紹介しました。

一つ目が在庫維持に必要な費用を節約できるといった点でした。放っておいても在庫の維持には費用がかかってしまうことを留意しておくことが大切です。

二つ目が、良いキャッシュフローを生むことでした。在庫を処分することによって、会社全体のお金の流れが良くなり利益の向上につながります。

そして、最後に紹介したのが、決算前に処分することで節税ができるという点でした。

上述したことを参考に、在庫の処分を考えてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です