在庫品の管理で失敗をしない方法を詳しく解説します!

「在庫管理を失敗したくない」
「在庫管理で失敗しない方法を知りたい」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
今回は、そんな方向けに在庫管理で失敗しない方法について詳しく解説します。

□在庫管理で失敗しない方法

*基準を決めておく

在庫管理で基準値を設定していないと、管理者によって管理がバラバラになってしまいます。
この場合、仕入れが必要だと感じる人がいれば、仕入れの必要がないと認識する人もいます。
この失敗を防ぐために、在庫管理の基準値やマニュアルを決めておくことが大切です。

*在庫を抱えすぎない

品切れを防ぐために在庫を抱えすぎると、もし商品が売れなかった時に多大な損害になる可能性があります。
それを防ぐためには、過去の在庫管理データを分析し、蓄積して仕入れと販売のバランスを考えることで正確な在庫管理をする必要があります。

*柔軟に対応する

在庫管理を長年手作業で行ってきた方にとって、マニュアルの変更は容易ではありません。
新しいマニュアルを作成する際は、手間と時間がかかります。
また、管理者に新たに覚えてもらう必要があります。
しかし、無駄な在庫を抱えたり廃棄を出したりしないようにするには、小まめなマニュアル変更が大切です。

*管理システムを導入する

どれだけマニュアルを完璧にしてもミスが起こる可能性があります。
そのため、ミスを防ぐために管理システムを導入する方が多いです。
管理システムを使うことによって、従来であれば人が行っていた管理をシステムに任せられるので良いでしょう。

□失敗例

システムを導入した後によくある失敗をいくつか例を上げて紹介します。

*システムを使いこなせていない

せっかくシステムを導入しても、機能のほんの一部しか使いこなせていない方が多いです。
システムを導入する際は、業者にしっかりとした説明をしてもらいましょう。

*仕事量が増える

システムを導入することで細かいところまで在庫管理ができるようになります。
しかし、システムを管理するのに今までより労力がかかることがあるので注意しておきましょう。

*システムが停止する

システムを導入してから、停止してしまうことがあります。
その結果、業務自体を行えないので注意してください。

□まとめ

今回は、在庫管理で失敗しない方法と失敗例を解説しました。
利益を最大化するためには、正しい在庫管理をする必要があります。
何かご不明な点がございましたら当社にお気軽にお問い合わせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です