滞留在庫を溜めないための対策とは?滞留在庫を溜めないシステムづくり

皆さんの倉庫ではどのくらいの在庫が「滞留在庫」になっているでしょうか。売れると思って仕入れたものの、いつまでも在庫として残っている滞留在庫にお悩みの方も多いでしょう。「せっかく仕入れたから・・・」、「いつか売れるかもしれない・・・」という思いで、どんどんと滞留在庫が増えていくケースも多いようです。しかし、滞留在庫を保持するだけでも、税負担が大きくなる、管理コストがかかるなどといったデメリットがあります。

今回は、そんな滞留在庫を溜めないための対策についてお話しします。

 

●仕入れ・生産量の変更

滞留在庫を作らないためには、まずは「売れると思ったのに・・・」という失敗を減らしていくということに注目しなければなりません。社会には様々な波があるため、「なんとなく売れそう」というような感覚で仕入れ数量や生産数を決めてしまっては、大量の滞留在庫を生んでしまう可能性があります。

仕入れ数の参考になるのは、現在の滞留在庫です。どのようなものが滞留在庫になりやすくて、それはなぜかという分析をしっかりと行い、こまめに仕入れ数・生産量を見直すことで、滞留在庫を生みにくいシステムができるでしょう。

 

 

●滞留在庫の管理ルールを明確化

様々な商品を扱っている場合、倉庫などの管理場所のあちこちに「まだ販売の見込みがある在庫」と「もう販売の見込みがない滞留在庫」が混在して保管されることが多いようです。

このような場合、滞留在庫の保管料が大きくなり、経営を圧迫する原因になりがちです。大量の滞留在庫を生まないためには、その管理のルールを明確化する必要があります。

まずは、一定の期間売れなかった滞留在庫は一か所にまとめて保管します。流動性のある在庫と滞留在庫を分けて管理することで、それらを分けて扱いやすくなります。

そして、滞留在庫として何か月保管するかを決めます。滞留在庫であっても「まだ売れる可能性があるかもしれない・・・」と感じてしまい、長期間処分することができないといったケースもよく起こります。明確な処分時期を決めておくことで、滞留在庫が膨らむことを防ぐのです。

さらに、滞留在庫の処分方法も決めておきましょう。在庫処分セールなど、価格を下げてでも販売するならば、その時期や、それでも売れ残ったものの処分方法まで決めておきます。安売りしてブランドイメージを悪くしたくない場合、在庫処分セールで売れるようなものではない場合は、在庫買い取り業者がおすすめです。買い取り業者を選ぶ際は、買い取られた商品をどのように再販するのかを相談できる業者が安心です。

 

 

今回は、滞留在庫を溜めないための対処法についてお話ししました。

滞留在庫を生まないシステムと、溜めないシステムを作り、滞留在庫のお悩みを解決しましょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク