多すぎて決められない…在庫品の買取業者選びのコツとは

「去年から余っている在庫品をそろそろ処分したいけれど、業者の選び方がわからない…」
「業者がたくさんありすぎて、何を基準にして選んだらいいかわからない!」
このように悩んだことはありませんか?
数多くの業者がそれぞれ自社のメリットをアピールしているのを見ても、結局どの業者がいいのかはわかりませんよね。
そこで今回は、在庫品の買取業者選びのコツをいくつかお話しします。

 

□実績・信頼度をチェック

まず1つ目のコツは、
「実績と信頼度」
をチェックすることです。
やはり、目に見える数字での実績は信頼度に直結します。
長年続いているということは、顧客の満足度が高く、リピーターが多い可能性も高いです。
そのような業者なら安心感がありますよね。
また、過去にどのような商品を買い取ったかというデータが公表されているか、チェックしてみるのもおすすめです。

□対応の丁寧さをチェック

2つ目のコツは、
「対応が丁寧かどうか」
をチェックすることです。
買取の相談をしたときの対応が丁寧であれば、安心して依頼ができますよね。
こちらの要求にできる限り答えようとしてくれる業者かどうかを見極める1つの方法として、一度電話をかけてみるという手段があります。
電話で説明を求めたり質問をしてみたりして、対応をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

□見積もり方法・書類のチェック

3つ目のコツは、
「見積もりの方法と、書類関係」
のチェックです。
見積もりが無料の業者に依頼すると、無駄なコストをかけずに済ませることができます。
中には見積もりだけで高額の費用を請求されてしまう場合もあるようなので、見積もりの段階でコストをかけたくないのであれば、注意して確認することが必要ですね。
次に書類関係ですが、契約書や見積書などの重要な書類を正式な形の紙媒体で渡してくれるかどうかがポイントです。
簡易的な書類や口で伝えるだけ、という場合はトラブルの原因になり得ますし、不安材料になってしまいますよね。

 

□希望に近い買取をしてくれるかをチェック

最後のコツは、
「こちらの希望に寄り添った買取をしてくれるか」
のチェックです。
特に重要なのは、再販売方法の希望を聞いてもらえるかどうかです。
在庫品が国内でそのまま値下げされて大量に売り出された場合、ブランドのイメージが大きく下がってしまう可能性があります。
そのため、海外のみの販売や商品名を伏せての販売など、こちらの要望を聞いてくれるかどうかは大切なポイントなのです。

□まとめ

以上、在庫品の買取業者選びのコツをお伝えしました。
お伝えした情報をチェックするために、電話をかけてみることに加えて、まずは業者のホームページを見てみてはいかがでしょうか。

当社では、在庫品の買取を行っております。
もし興味がありましたら、ぜひ一度当社までお気軽にお問い合せください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です