まず知りたいのは流れ!在庫品の買取の流れとそのとき必要なものとは

「在庫品を全部売ってしまいたいけれど、買取ってまず何をしたらいいの?」
「在庫品の買取を依頼したいけれど、必要なものがわからない…」
このように思ったことはありませんか?
今回は、在庫品買取業者に依頼したときの流れと、そのときに必要なものについてお話しします。

在庫品買取には大きく分けて2種類の方法があります。
それぞれについて詳しく解説します!

 

□宅配買取

まず1つ目は、宅配買取です。
宅配買取の流れは以下のようになっていることが多いです。

最初に、お客様が買取業者のホームページや広告から買取の依頼を行います。
このときに、買い取ってもらいたい商品の情報や写真を業者に伝えましょう。
買取業者はその情報を元に商品の査定を行い、仮の査定価格を提示します。
お客様がその価格に納得した場合、商品のサンプルを買取業者に送ります。
買取業者がそのサンプルを実際に確認して価格決定をします。
その価格にお客様が納得すると、契約成立となります。
そして、お客様が商品を出荷し、買取業者による検品が行われます。
確認完了後、指定の方法で送金されるという流れです。

またこの方法は、買取を希望する在庫品が少ない場合に多く選ばれます。

 

□出張買取

2つ目の方法は、出張買取です。
出張買取の流れは以下のようになっていることが多いです。

最初に、お客様が買取業者のホームページや広告から買取の依頼を行います。
このときに、買い取ってもらいたい商品の情報や写真を業者に伝えましょう。
買取業者はその情報を元に商品の査定を行い、仮の査定価格を提示します。
お客様がその価格に納得した場合、商品のサンプルを買取業者に送ります。
買取業者はそのサンプルを実際に確認し、価格を決定します。
提示された価格にお客様が納得すると、契約成立となります。
ここまでは宅配買取と同じですね。
契約時に、査定日や場所、時間を相談して決定しておきます。
買取業者が実際に査定に出向いてくれます。
買取業者により、その場での査定と価格決定が行われます。
そして、お客様がその価格に納得した場合、現金が受け渡されるという流れです。

またこの方法は、買取を希望する在庫品が多い場合によく選ばれます。
さらに、店舗や倉庫の在庫品を一括で買取してもらいたい場合もこの方法を選ぶことが多いです。

 

□必要なもの

最後に、在庫品の買取に必要なものの例を紹介します。

 

*在庫品の種類が多い場合

在庫品の種類が多い場合は、在庫リストや保管状況の写真、商品の写真と保管地域などが必要です。

 

*在庫品の種類が少ない場合

在庫品の種類が少ない場合は、商品名と商品の写真または情報のURL、在庫数、サイズ、使用(賞味)期限、保管地域などが必要です。

 

*店舗・倉庫の商品一括買取の場合

店舗・倉庫の商品の一括買取の場合は、在庫リストや、バックヤードや倉庫内の商品写真、店内の商品写真、店舗の面積などが必要です。

これらは必要なものの一例ですので、実際に買取を依頼する際は各業者の説明に従ってくださいね。

 

□まとめ

以上、在庫品買取の流れについてお話ししました。
在庫品が業者の手に渡り現金になるまでの流れを少し知っていただけましたでしょうか。

当社では、在庫品の買取を行っております。
もし興味がありましたら、ぜひ一度当社までお問い合せください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です