滞留在庫の問題点とは?|滞留在庫の買取業者が解説

「滞留在庫が多いとダメなの?」
「滞留在庫のデメリットが知りたい」
滞留在庫は、品切れを防ぐことができ、万が一返品になってもすぐに対応できるというメリットがあります。
しかし、滞留在庫を抱え込みすぎるとたくさんの問題が引き起こります。
そこで今回は、滞留在庫を抱え込むデメリットをご紹介します。

□管理が大変


最も大きなデメリットは管理が大変であるということです。
当然、滞留在庫を保管するためには場所が必要です。
在庫が増えてしまうと、本来は広々と使えていた場所が圧迫されてしまい作業効率が下がってしまいます。
それだけではなく、滞留在庫もしっかり保管できているか管理しなければならないので手間も増えてしまいます。
さらに、滞留在庫が増えてしまい、倉庫を借りるようになると倉庫のコストがかかるだけでなく人員も割かれてしまいます。

□在庫の維持費がかかる


滞留在庫を補完するためには、人員と場所だけでなく、光熱費や運搬費がかかります。
それに加えて、滞留在庫は売れる保証がないものが多いので、売れない商品に人件費やその他の費用をかけることは事業を行う上で最も無駄であるといえるでしょう。

□税金が多くかかってしまう。


滞留在庫は、所有しているだけで資産として扱われます。
よって、売り上げに対する仕入れの原価の値段が滞留在庫の分だけ下がってしまい、収入が実際の金額よりも多く計算されます。
これにより、本来徴収される税金よりも多い金額が徴収されます。

□品質が劣化してしまう


滞留在庫も商品なので、どれだけ丁寧に保管していても、新品に比べて品質が下がってしまいます。
せっかく大切に保管していてももったいないことになります。
また、時間の流れとともに、流行や技術が変化するので、商品自体が時代遅れになることも避けられません。
時間とお金をかけた商品の価値がなくなってしまうことはできる限り避けたいですね。

□まとめ


以上が滞留在庫によって引き起こるデメリットです。
滞留在庫は最低限必要な数に抑えるようにしましょう。
現在、倉庫に眠っている価値が低くなってきた滞留在庫はなるべく早く処理しましょう。
せっかく仕入れたものを処分したくないと思う方もいらっしゃるでしょう。
そのような方は、滞留在庫の買取業者をご利用ください。
弊社は、家具や家電をはじめとして様々なジャンルをお取り扱いしています。
買取査定のお見積もりは無料です。
滞留在庫でお困りの方は、ぜひ25年以上の信頼と実績の弊社にお任せください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です