滞留在庫にかかる税金?滞留在庫は買取業者にお任せ!

「最近、滞留在庫が溜まってきた・・・」
そんな個人事業主の皆様に、今回はこの滞留在庫によって取られてしまう税金について解説します。
実は、滞留在庫はできる限り処分した方が良いです。

□滞留在庫によってかかる税金とは?


滞留在庫は資産の一部とみなされてしまいます。
売れずに残っていて、自分には価値のないものであっても所有していれば資産という扱いになってしまうのです。
そのため、滞留在庫をたくさん抱えたまま決算をしてしまうと、滞留在庫が試算に上乗せされて所得が計算されてしまい、その分だけ課税が発生してしまいます。
では、どのような事態になるのか具体的に見ていきましょう。

*滞留在庫による課税の例


まず、利益とは売り上げから仕入れた値段を引いた価格ですよね。
(利益)=(売り上げ)ー(仕入れ値)
ここで仕入れ値が160万円で仕入れた商品が、200万の売り上げがあったとします。
ここでの利益は、40万円です。
しかし、このお金がそのまま利益になるわけではないです。
確定申告をして税金が引かれて手元に残ったお金が利益です。
では、ここで決算時の売れ残りが20万円であったとします。
これによって仕入れ値の原価が決まります。
仕入れ値の160万円から、売れ残りの20万円を引いた140万円が仕入れ値の原価です。
よって、売り上げの200万円から140万円を引いた60万円が利益として計算されます。
すなわち、計算時に滞留在庫が多ければ多いほど、仕入れ値の原価が上がり、利益が多く計算されます。
これにより、実際の利益よりも多い利益の税金が引かれます。
さらに、前の決算時に残っている滞留在庫があると、それも上乗せされてしまうので気を付けてください。
売れるかもと思って保管していた滞留在庫が思いがけないところで税金の負担を増やします。
できる限り滞留在庫は少なくした方が良いと考えられるでしょう。

□では滞留在庫はどうすればいい?


これを聞いて、皆様は滞留在庫すぐにでも処分したい気持ちになっていると思います。
しかし、滞留在庫を処分することもお金がかかってしまいます。
ここで、利用していただきたいのが、滞留在庫の買取業者です。
滞留在庫を買い取ってもらうことで、お金を払うどころか、お金を貰って処分ができます。


□まとめ


税金はしっかりと理解していないと、思いがけないところで損をしてしまうことがあります。
滞留在庫は決算までに買取業者を利用して思い切って処分しましょう。
その際は、ぜひ弊社にお任せください。
どこの買取業者を利用するか迷っている方は、無料買取査定をご利用ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です