倉庫に眠る液晶テレビの在庫処分を行う方法とは

あなたの店舗の倉庫には、いつまでも売れずに眠っている不良在庫はありませんか?
商品の売れ行き予測が難しい小売業界の方にとっては、不良在庫は大きな悩みのタネなのではないでしょうか。

特に家電の不良在庫は倉庫のスペースを取ってしまう上、処分も面倒でとっても厄介です。

そこで今回は、家電、特に液晶テレビの不良在庫を抱えた方向けに、テレビの在庫処分方法や注意点をご紹介します。

□処分する前に

もう売れないだろうと決めつけて処分してしまう前に、本当にその商品は売れないのかどうかを検討しましょう。

テレビは新型であろうと旧型であろうと機能に大きな変化はありません。
ですので、旧型テレビも型落ち商品として安値で販売すれば需要は十分にあると考えられます。

処分を決定する前にまずは、自店舗で売れる方法を考えてみましょう。

□「やっぱり売れない…」そんなときは

どれだけ考えても売りさばけそうにない、そんなときはいち早く処分を検討しましょう。

不良在庫は売り上げにならないが管理コストだけはかかってしまう会社にとって大変厄介な存在です。できるだけ早く処分することで余計な費用を削減しましょう。

□いざ処分!処分の方法は?

いざ処分するとなっても、具体的にどのようにすれば良いか分からないという方も多いのではないでしょうか。
テレビをはじめとする家電を処分する際、廃棄と買い取りの2つの方法があげられます。
廃棄は文字通り、いらなくなったテレビをゴミとして廃棄することです。

ただし、一般的な家庭ゴミと同じ方法で処分してはいけません。
液晶テレビや冷蔵庫などの家電は、「家電リサイクル法」という法律で廃棄処分の方法が明確に決められています。
資格をもった専門の業者に依頼しなければ廃棄できません。

買い取りとは、余った在庫を買い取り業者に買い取ってもらう方法です。
買い取り業者はいらなくなった在庫を集め、それを買い取り業者がもつ独自のルートで販売します。
自店舗だけでは売れなかった商品も、違うルートで販売すれば売り切れる確率が高まるのです。

厄介な家電の在庫も工夫次第でうまく処分することが可能です。
もう現金化できないだろうと諦めるのではなく、少しでもお店の利益となるようあらゆる手段を検討しましょう。

在庫処分の方法として買い取りを選択すれば、廃棄にかかるコストを削減できる上、収入を確実に得ることができるため、一石二鳥です。
「処分=廃棄」と決めつけてしまうのではなく、買い取りという選択肢も検討してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です