洗濯機の在庫処分をする際の注意点ってなに?

あなたの店舗の倉庫に、売れなくていつまでも残っている洗濯機の在庫はありませんか?
新製品が続々登場する家電業界では売れ残ってしまった商品を捌ききることは至難の業です。
また、洗濯機は大型なため、倉庫での管理コストもかさんでしまいますよね。

そんな洗濯機の不良在庫にお悩みのあなたに向けて今回は、洗濯機の在庫処分に関しての注意点をいくつかご紹介します。

□家電リサイクル法は絶対遵守

洗濯機の処分は通常のゴミと同じ方法でしてはいけません。
というのも、テレビやエアコン、冷蔵庫と同様、「家電リサイクル法」という法律によって処分の方法が細かく決められています。

これらの家電を廃棄、リサイクルするには専門の資格が必要なため、自社での処分はできません。
うっかり適当に捨ててしまうと「不法投棄」になってしまい、会社の信頼が落ちかねませんので十分注意しましょう。

□処分方法は廃棄・リサイクルか買い取り

洗濯機の処分方法には大きく分けて「廃棄・リサイクル」と「買い取り」の2種類があります。
ここではひとつひとつを詳しく解説していきます。

*廃棄・リサイクル

家電の処分方法としてまず思いつくのは、廃棄・リサイクルを業者にお願いする、という方法でしょう。

リサイクル料金と運搬料を払うことで、家電を適切に処理、廃棄してくれます。

処分を業者に依頼する際は予め、必要な経費を計算しておく必要があります。

*買い取り業者による買い取り

もうひとつの在庫処分方法として、買い取り業者による買い取りがあげられます。
買い取り業者は売れ残った在庫を買い取り、独自の販売ルートで在庫を再び売りに出します。
今までとは全く違う販路、地域で販売することができるため、今まで売ることができなかった層にも売ることができるため、在庫を捌ききる確率があがります。

また、買い取ってもらうということは、処分に必要なリサイクル料金がかからないことを意味します。
さらに、最近では、買い取り業者が倉庫や店舗に赴き、出張買い取りサービスを行うケースも多く、このサービスを利用すれば運搬料も不要になります。

家電の処分といえばリサイクルや廃棄が一般的なため、なかなか買い取りという手段が思いつかないかもしれません。

しかし、買い取りサービスを使えば、確かな現金収入とコストカットの両立が可能です。

大量の洗濯機在庫の処分にお困りの方はぜひ、買い取りサービスを利用したお得な処分を検討してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です