在庫品を処分をする効果とは?|在庫品の買取業者が詳しく解説

「在庫品が多くなってきた・・・」
「在庫品を処分するか迷っている」
在庫品の処理って難しいですよね。
もしかしたらまだ売れるかもと思ってしまい、倉庫に保管している商品も多くあると思います。
このような悩みを抱えている皆様に、今回は在庫品を処分するメリットについて詳しく解説していきます。

□節約につながる


在庫を管理するには、思いのほかたくさんの費用がかかっています。
まず、滞留在庫も商品であるので、品質を維持するために一定期間ごとに品質をチェックする人員の人件費です。
もう一つは、滞留在庫の数が増えるにつれてたくさんのスペースを使うようになります。
そのため、会社の倉庫のスペースを圧迫し、さらに会社の倉庫ではスペースでは足りなくなった場合は、別に倉庫を借りるようになることもありますね。
この倉庫を借りている賃貸料や、倉庫の土地代には多くの金額がかかっています。
思い切って在庫を処分することで、今まで滞留在庫の品質管理を担当していた人件費や倉庫を維持するための費用をかなりカットできます。
滞留在庫は、持っているよりも会社の売り上げや経理に大きな負担がかかっていることがあるので注意しましょう。

□新しいことをはじめるきっかけにもなる?


今では滞留在庫となってしまった商品も、最初は「たくさんの売り上げが見込める!」と思い取り扱いを始めた商品が多いですよね。
そのため、もしかしたらまだ売れるかもと思ってしまいがちです。
しかし、思い切って滞留在庫を処分することで、心機一転し新しい商品を取り扱いを始めるきっかけに繋がります。
売れる見込みの低い滞留在庫よりも、もっと売れそうな新しい商品を探してみましょう。

□税金が安くなる?


滞留在庫は、税務上会社の資産として扱われます。
よって、年度末の売り上げや利益の調整の際に思いがけない税金の負担をしてしまうかもしれません。
特に負担が増える部分が利益に関する税金です。
商品を購入した原価ではなく、滞留在庫を差し引いた原価で計算するため実際の利益よりも多く税金を払うことになってしまいます。
ぜひ年度末までに滞留在庫を処分し、節税をしましょう。

□まとめ


売り上げをあげるために、新商品の取り扱いや開発をする前に滞留在庫を処分して無駄な経費を節約することを検討してみましょう。
滞留在庫を処分する際には、廃棄も良いですが買取業者もご検討ください。
買取業者をお悩みの方は、ぜひ長年の信頼のある弊社にお任せください。

 

滞留在庫の問題点とは?|滞留在庫の買取業者が解説

「滞留在庫が多いとダメなの?」
「滞留在庫のデメリットが知りたい」
滞留在庫は、品切れを防ぐことができ、万が一返品になってもすぐに対応できるというメリットがあります。
しかし、滞留在庫を抱え込みすぎるとたくさんの問題が引き起こります。
そこで今回は、滞留在庫を抱え込むデメリットをご紹介します。

□管理が大変


最も大きなデメリットは管理が大変であるということです。
当然、滞留在庫を保管するためには場所が必要です。
在庫が増えてしまうと、本来は広々と使えていた場所が圧迫されてしまい作業効率が下がってしまいます。
それだけではなく、滞留在庫もしっかり保管できているか管理しなければならないので手間も増えてしまいます。
さらに、滞留在庫が増えてしまい、倉庫を借りるようになると倉庫のコストがかかるだけでなく人員も割かれてしまいます。

□在庫の維持費がかかる


滞留在庫を補完するためには、人員と場所だけでなく、光熱費や運搬費がかかります。
それに加えて、滞留在庫は売れる保証がないものが多いので、売れない商品に人件費やその他の費用をかけることは事業を行う上で最も無駄であるといえるでしょう。

□税金が多くかかってしまう。


滞留在庫は、所有しているだけで資産として扱われます。
よって、売り上げに対する仕入れの原価の値段が滞留在庫の分だけ下がってしまい、収入が実際の金額よりも多く計算されます。
これにより、本来徴収される税金よりも多い金額が徴収されます。

□品質が劣化してしまう


滞留在庫も商品なので、どれだけ丁寧に保管していても、新品に比べて品質が下がってしまいます。
せっかく大切に保管していてももったいないことになります。
また、時間の流れとともに、流行や技術が変化するので、商品自体が時代遅れになることも避けられません。
時間とお金をかけた商品の価値がなくなってしまうことはできる限り避けたいですね。

□まとめ


以上が滞留在庫によって引き起こるデメリットです。
滞留在庫は最低限必要な数に抑えるようにしましょう。
現在、倉庫に眠っている価値が低くなってきた滞留在庫はなるべく早く処理しましょう。
せっかく仕入れたものを処分したくないと思う方もいらっしゃるでしょう。
そのような方は、滞留在庫の買取業者をご利用ください。
弊社は、家具や家電をはじめとして様々なジャンルをお取り扱いしています。
買取査定のお見積もりは無料です。
滞留在庫でお困りの方は、ぜひ25年以上の信頼と実績の弊社にお任せください。

 

滞留在庫にかかる税金?滞留在庫は買取業者にお任せ!

「最近、滞留在庫が溜まってきた・・・」
そんな個人事業主の皆様に、今回はこの滞留在庫によって取られてしまう税金について解説します。
実は、滞留在庫はできる限り処分した方が良いです。

□滞留在庫によってかかる税金とは?


滞留在庫は資産の一部とみなされてしまいます。
売れずに残っていて、自分には価値のないものであっても所有していれば資産という扱いになってしまうのです。
そのため、滞留在庫をたくさん抱えたまま決算をしてしまうと、滞留在庫が試算に上乗せされて所得が計算されてしまい、その分だけ課税が発生してしまいます。
では、どのような事態になるのか具体的に見ていきましょう。

*滞留在庫による課税の例


まず、利益とは売り上げから仕入れた値段を引いた価格ですよね。
(利益)=(売り上げ)ー(仕入れ値)
ここで仕入れ値が160万円で仕入れた商品が、200万の売り上げがあったとします。
ここでの利益は、40万円です。
しかし、このお金がそのまま利益になるわけではないです。
確定申告をして税金が引かれて手元に残ったお金が利益です。
では、ここで決算時の売れ残りが20万円であったとします。
これによって仕入れ値の原価が決まります。
仕入れ値の160万円から、売れ残りの20万円を引いた140万円が仕入れ値の原価です。
よって、売り上げの200万円から140万円を引いた60万円が利益として計算されます。
すなわち、計算時に滞留在庫が多ければ多いほど、仕入れ値の原価が上がり、利益が多く計算されます。
これにより、実際の利益よりも多い利益の税金が引かれます。
さらに、前の決算時に残っている滞留在庫があると、それも上乗せされてしまうので気を付けてください。
売れるかもと思って保管していた滞留在庫が思いがけないところで税金の負担を増やします。
できる限り滞留在庫は少なくした方が良いと考えられるでしょう。

□では滞留在庫はどうすればいい?


これを聞いて、皆様は滞留在庫すぐにでも処分したい気持ちになっていると思います。
しかし、滞留在庫を処分することもお金がかかってしまいます。
ここで、利用していただきたいのが、滞留在庫の買取業者です。
滞留在庫を買い取ってもらうことで、お金を払うどころか、お金を貰って処分ができます。


□まとめ


税金はしっかりと理解していないと、思いがけないところで損をしてしまうことがあります。
滞留在庫は決算までに買取業者を利用して思い切って処分しましょう。
その際は、ぜひ弊社にお任せください。
どこの買取業者を利用するか迷っている方は、無料買取査定をご利用ください。