不良在庫を処分することの会計面でのメリットとは?

「返品商品が溜まってしまって結果的に不良在庫が増えてしまった。」
「いらなくなったものや使わなくなったものが増え続けて、不良在庫が増えてしまった。」

このように、不良在庫に関してお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
不良在庫を処分するかしないかは会計の際に重要です。
そこで今回は、不良在庫の処分がなぜ重要なのかについてご説明します。

□不良在庫を処分するのとしないのとで何が違う?

不良在庫が会計時に影響を及ぼすのは、主に税金の面です。
次に詳しくご説明します。
まず会計時の税金に影響を及ぼす売上原価は次の式で求めることができます。

売上原価=期首卸売り高+当期仕入高-期末棚卸高 という式です。
この式を見ると、期末在庫の数値である期末棚卸高が大きくなると売上原価は小さくなります。
また、売上原価は損金に算入されるので、損金に算入される金額が小さくなることを意味します。

つまり、不良在庫を多く抱えることは課税の金額を大きくするということを意味します。
所得は、所得=利益-損金 という式に基づいて計算します。
そのため、損金が少なくなると所得が増えます。

資金面からみても、仕入れ時にもそれが在庫になり課税される時にも支払いをすることになるので、必要以上の支出を招きます。

以上より、不良在庫は会計時にマイナスの影響を与える可能性があります。

□不良在庫を処分することによるメリットとは?

不良在庫を処分することによって、会計の時に廃棄損に計上することが可能になります。
つまり、損金に算入することができるようになります。
不良在庫を処分してそれを損金に算入すると、期末棚卸高を減らすことができます。

その結果、その分売上原価が大きくなり、さらに損金に算入できる金額が増えるので節税に繋がります。
こうした節税というメリットの他にも、在庫の保管スペースの削減につながるほか、在庫管理のコストを下げることにもつながるというメリットも持ち合わせています。

□最後に

ここまで、不良在庫の処分が重要である理由と、そのメリットについてご説明しました。
会計時の税金対策やその他のコストを削減するためにも、不良在庫を処分することをおすすめします。

また、不良在庫を買い取る業者もありますので合わせてご検討の際に参考にしていただければ幸いです。
弊社では、長年の実績とお客様からの好評をいただいております。
親切・丁寧を心がけて、経験豊富な買取実績をもとに対応いたします。

意外と知らない!決算前の在庫処分にはこんなメリットがあります。

決算前の在庫整理を諦めようとしていらっしゃいませんか?確かに在庫整理や在庫処分は手間がかかるため、なかなか手の付けにくいものです。

今すぐ処分しなくても会社に大きな損失が出るわけではないし…とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、決算前に在庫処分をすることには大きなメリットがあります。
今回は、決算前に在庫処分をすることのメリットについてお伝えします。

・決算前の在庫処分のメリット

決算前に在庫処分をする最大のメリットは、節税に直接的な効果があるということです。決算の際に在庫は棚卸資産として計上され、国が会社に対して課す税のもとになります。

つまり、特に売れるあてのない無駄な在庫を抱えていればいるほど、会社にとって厄介な税が多く課されることになり損をしてしまうわけです。

 

決算前に在庫処分をしておくと、この無駄な在庫にかかる税金を減らすことができるため、節税になります。また、処分の際に在庫品買取業者に依頼しておけば、在庫品に対して代金を支払ってもらえるため、会社としての売り上げも上げることができます。

つまり、決算前に在庫品買取業者に依頼して処分をした場合、節税できた分の税額+買い取ってもらった分の金額の二項目において得をすることができます。

・なぜ決算前?

決算の前でなくても在庫処分をすればよいじゃないかと思われる方もいるかもしれません。しかし、在庫というのは時を経れば必ずしも溜まっていくもので、いかに在庫を溜めないようにしても決算時にはある程度在庫を抱えてしまう可能性があります。

そのため、在庫処分をした直後が一番その会社にとって無駄な在庫が少ないタイミングであるため、決算時の税計算にとって一番効果が高いのは決算前の在庫処分ということになります。

・在庫整理と在庫処分

とはいえ、普段から在庫を整理しておくことには十分に価値があります。一番大きな価値と言えるのは、デッドスペースをなくすことができるという点です。

完全処分まではいかなくとも整理をしてできるだけ無駄な在庫を減らしておくことで、倉庫をより有効に活用することができるため、会社の利益につながります。

最近在庫がどうなっているかわからないという方は、一度整理のタイミングをとっても良いかもしれません。

以上、在庫処分のメリットを中心にお伝えしました。会社として売り上げを上げることと同じくらい利益率をあげることは重要です。節税は決算前に少し気を付けるだけでできる利益率アップの方法ですので、決算前には在庫周りも少し気にされてみてはいかがでしょうか。