決算の前に在庫を減らしたい!そのままにしておくとデメリットも?

在庫を決算前に減らしたいという方はいらっしゃいませんか?

実は放置している在庫はそれだけで会社に損失を与えている場合があります。決算前はやることが多く、在庫のことなんて気にしている暇はあまりないかもしれません。

事前に決算前に残っている在庫に関してはどうするかということを考えておくだけで意思決定を素早く無駄なく行うことができます。
今回は決算の前に在庫を減らしておくべき理由とその方法についてお伝えします。

・決算前に在庫が残っていることのデメリット

決算前の在庫によるデメリットは一言でいうと税です。その理由は企業に対して課せられる税の計算式にあります。決算の際の企業に課せられる税はその期にその企業が得た利益に対して課せられますが、その式は以下のような式によって算出されます。

利益=売上-(原価+経費)
売上原価=期首在庫+当期仕入高-期末在庫

一見するとわかりにくいかもしれませんが、期末在庫はこの式によれば多ければ多いほどその企業の利益の増加に繋がる計算になります。企業の利益につながると聞くとよいイメージを持たれるかもしれませんが、この利益はあくまでも税の計算上の利益にであることに注意してください。

実際には売れていないのでその会社に資することはない在庫が税の計算の際に利益の計算に含まれるため、在庫を多く持っておくことは結果的にその企業に対して課される税が上がってしまうことにつながるのです。

在庫が会社にとって不利益な存在になることをお分かりいただけたでしょうか。ではそういった在庫はどうすれば減らせるのでしょうか。

・在庫を減らす方法

1.予防する

まず重要なのは無駄な在庫が出ないように管理、予防することです。

なかなか片付かないような無駄な在庫(滞留在庫)が発生したら、すぐにその原因がどこにあるのかということを調べてその原因に対して一貫した対策を練りしっかりと実行することが重要です。

2.対処する

次に、今ある在庫に対しては在庫品買取業者に頼むのがおすすめです。会社が抱えている在庫に対して迅速かつ丁寧に買取を行ってくれます。また、ふつう捨てるだけなら労力やお金がかかりますが逆に在庫品買取業者に頼めばそれが会社の利益になるというのも大きな魅力です。

在庫品を決算前に処分することについてお伝えしました。
ただ放置しているのと、在庫品買取を利用するのでは増えた税の分と買取で得たお金の分でかなりの差が出てきます。あなたの会社の在庫はどうなっていますか?少し気を付けるだけで会社の収益率向上につながるかもしれません。

滞留在庫が増える原因はどこにある?その原因を解明します!

滞留在庫がどうしても増えてしまうという悩みを抱えている業者の方はいらっしゃいませんか?
在庫が毎回残ってしまうのは、本当に大きな悩みですよね。

そこで今回この記事では、滞留在庫が溜まってしまう原因を説明します。
もし今、何も意識しないで在庫を発注していたら、是非以下のことを参考にしてみてくださいね。

■現在の状況

昔と今では、在庫を取り巻く状況は大きく変わってきています。

昔は、在庫管理に気をつかう必要はありませんでした。
なぜなら昔は需要>供給のバランスだったので、
作れば売れる、仕入れれば売れるという環境だったからです。


しかし、現在は、需要<供給で昔と全く逆の状況になってしまっています。

そのため昔のような在庫管理は一切通用しません。

昔のままの考え方でいると、会社の経営が厳しくなってしまう傾向があるので注意するようにしましょう。

■増える原因

1.たくさん買うと安くなるから

確かにたくさん一気にたくさん買うことによって、費用を安く済ませることができます。
しかし、何日あればすべて使い切ることができるでしょうか。
また、その期間の保管場所はどうすればいいのでしょうか。

物はなんでも劣化してしまいます。
長期保管によって品質の低下を招いている可能性があるので注意が必要です。

2.在庫の記録をとっていない

過去のデータは役に立たないと思っている方も多いかもしれませんが、それは大きな間違いです。

在庫分析をしっかりと行っていれば、そのような考えには至りません。
セブンイレブンやトヨタでもデータをしっかりとって、過去の傾向の分析を行っています。

未来のことは誰にもわかりませんが、過去のことなら誰でも確認することが

可能です。記録を管理するにあたって、1番大事なのが、入庫数と出庫数を記録することです。

これをしておくと在庫数をきちんと把握することができます。

3.勘で発注を行っている

勘で発注をしている理由として、以下の2つがあげられます。

・在庫数を把握していない

棚卸の時しか在庫を把握してない業者の方もいるのではないでしょうか。

・頼るものがない

発注する上で大事なのは、需要予測です。
余剰在庫=販売実績−需要予測となります。
需要予測は、過去の実績と市場調査から成り立っています。

■まとめ

今回は滞留在庫が溜まってしまう原因を紹介しました。
今回ご紹介したことを是非参考にして、在庫管理の改善に向けて役立ててみてください。
また弊社では、買取をおこなっています。
何か気になったことがございましたら、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

不良在庫を抱えているデメリットとは?処分方法をご紹介!

不良在庫がたくさんあって処分方法に困ってるという方はいませんか?
不良在庫は基本的に会社にとってはデメリットしかありません。
そのため早く処分することをおすすめします。

そこで今回は、不良在庫を抱えていることで生まれる具体的なデメリットや処分方法についてご紹介します。
是非参考にしてみてくださいね。

■不良在庫のデメリット

1.価値

商品は基本的に時間が経つのに比例してその価値が下がってしまいます。
もちろん、時間が経つのにつれて徐々に売れ出すということもあるかもしれませんが、それは非常に稀なケースです。

2.ビジネスチャンス

不良在庫をたくさん抱えている場合、不調在庫を会社の倉庫などで管理を行っていると思います。

それらの在庫は、売れ筋の商品の在庫はもちろんのこと、新たに売れる商品や製品の在庫の保管場所を塞いでしまっているのではないでしょうか。
不良在庫を抱えていると会社のお金の流れも悪くなってしまいます。
このことはビジネスチャンスを逃してしまっているとも言えるでしょう。

3.経費

在庫商品の管理だけでも人件費や在庫スペースがかかり、会社にとってはなにもメリットがありません。

■処分方法

1.期限を決めて売る

まずは期限をしっかりと決めて売り切ることを優先していきましょう。
通常の販売とは違って値段の再設定を行い、期間をしっかり決めてできるだけ短期間で売り切れるように販売を行うようにしましょう。

2.買取

期限を決めても売り切ることができなかった場合は、不良在庫として買取処分を考えましょう。
売れないものを買取にだせるのかどうか疑問に思う方もいるかもしれませんが、不良在庫の買取を行っている業者はたくさんあるのでご安心ください。

3.現金化

買取を行ってくれるショップや業者では、独自の販売ルートがあるため不良在庫であったとしても新たなユーザーを見つけ出し、利益を生み出す仕組みがしっかり整っています。
そのため無料で処分するのではなく、できるだけ現金化できるかどうかを考えましょう。

■破棄

売り切れず、買取をしてもらえなかった場合は破棄をするしか選択肢がありません。
利益の出ない商品を持ち続けていても会社にとってはデメリットでしかありません。
長い期間眠らせるのではなく、潔く破棄してしまったほうがその後に繋がります。

■まとめ

今回は不良在庫を抱えているデメリットと処分方法についてご紹介しました。
会社にメリットをもたらすためにも、早期に不良在庫の処分をすることをおすすめします。

ブランドイメージを守りたい業者必見!在庫処分の方法とは?

「在庫がたくさん残っているから、値下げセールを行いたい」このように考えているアパレル業者は多いのではないのでしょうか?
しかし、値下げを行うことによって、ブランド力が落ちてしまうのではないのかという懸念もありますよね。

そこで今回は、このような不安をなくすためにブランドイメージを守るための在庫の処分方法をご紹介します。

■アパレル業界の悩み

アパレル業界は流行の移り変わりが非常に早いです。
そのため常に何が流行るのかを予想して、デザインを決めたり、発注を行ったりしなければなりません。
こうすることで、季節が移り変わる前に、次の季節の衣料品を出すことが可能になります。

しかし、季節外れのものやデザインが古いものは商品としてだすことが難しくなってきますよね。
また、衣料品はたくさん発注する傾向があるのでどうしても在庫が多く残ってしまうのがアパレル業界の現状であります。

■アパレル業界の在庫問題

アパレル業界では随分と前から準備を行わなければならない分、予測していたより多くの商品を入荷してしまったり、入荷が遅くなり、季節外れになってしまうことがあります。
また、上手くできていなくてB級品になってしまったり、売れ行きが順調ではなかったり、特定のものがたくさん残ってしまったりとたくさんの問題が起こってしまうのも事実です。

このような事情で、アパレル会社に返品され不良在庫となってしまうものがたくさんあります。

■在庫は現金化すべし

不良在庫は、倉庫に置いていても倉庫代がかかってしまうだけです。
続々と出てくる新しい商品を置く必要があるので、
不良在庫については在庫処分として低価格で売りに出した方が運転資金にすることができます。

しかし、それでも売れない物は当然出てきます。
また、値下げセールをしたことによって、ブランドの低下を懸念しているお店が多いのも事実です。

■ブランドのイメージを守りたい

ブランドのイメージを守りたい時に是非利用していただきたいのが、訳あり商品や在庫の買取を行う業者です。

このような業者を利用することによって、ブランドへの
イメージが低下するという心配をなくすことができます。

また、商品についているタグを切り取っての販売や、国内ではなく海外で販売するなど融通を利かしてくれるところもあるので、法人のアパレル業者の方たちでも、安心して依頼することができますよ。

■まとめ

今回は、ブランドイメージを守ったうえで在庫を処分する方法を紹介しました。
是非参考にしてみてくださいね。