自営業の方必見|在庫品の処分の方法を詳しく解説します!

「余った在庫品を処分したい」
「在庫品を処分する方法がわからない」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
今回はそんな方向けに在庫品を残す問題点と処分する方法について詳しく解説します。

□在庫を残す問題点

*商品価値が落ちる

在庫を残すと時間の経過とともに商品は劣化してしまい、商品価値が落ちてしまいます。
特に食品関連の在庫は、劣化が早いと言われています。
在庫が余ってしまった場合は、できるだけ早く在庫を処分することが大切です。

*維持費がかかる

在庫を多く抱えてしまうと、保管する場所代や管理する人件費などのコストがかかります。

*倒産する可能性がある

在庫が多いということは、商品が売れてないということです。
つまり、お金の流れが止まっているため、会社で回せるお金が少なくなります。
お金の回りが悪くなり、使えるお金がなくなると最悪の場合、会社が倒産することがあるので注意してください。

□在庫を処分する方法

ここまで在庫を多く抱えることが倒産のリスクに繋がることを解説しました。
そこで自分で在庫を処分する方法をいくつか紹介します。

*在庫処分セールをする

どうしても在庫を処分したい、でも損はしたくないという方は在庫処分セールで値下げして販売しましょう。
うまく販売できたら損害を最小限に抑えられることがあります。

*アウトレット販売をする

在庫を長い期間抱えてしまい、在庫の状態が悪かったり劣化していたりする場合でもアウトレット販売であれば気にする必要がありません。
なぜなら、お客さんも訳あり商品を安い値段で求めている場合が多いからです。

□業者を利用する

ここまで自分で在庫を処分する方法を紹介しましたが、次は業者を使う方法を紹介します。

*業者を使うメリット

業者を使えば自分で在庫を管理したり、販売したりする手間とコストがかからない上にすぐにお金に変えられます。
また、業者が一括して在庫の査定から回収まで行ってくれる場合が多いため、未経験の方でも安心して買取してもらえます。
さらに、どんな商品でも買取対象にしている業者が多いため、廃棄する前に一度業者に査定してもらうことをおすすめします。

*注意点

業者によっては査定に料金が発生したり、査定したら必ず買い取ってもらわなければいけなかったりすることがあります。
したがって、業者を選ぶ際は注意した方が良いでしょう。

□まとめ

今回は在庫処分を検討されている方向けに在庫処分の方法を紹介しました。
様々な方法があるので、ご自身にあった方法を選んでみてください。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社にお問い合わせください。
 

棚卸資産の評価損の計算方法は?知っておきたい会計基礎知識

「棚卸資産の評価損の計算方法を知りたいな」

このような要望に応えます。
決算書を読めるようになるには、棚卸資産の評価損に関する知識が必要です。
棚卸資産の評価損とは、在庫の価値が下がることで起こる損失を表すのですが、いざ計算するとなると、どうすればいいのかわからないですよね。
そこで今回は決算の基礎知識を知りたい方に向けて、棚卸資産の評価損の計算方法をわかりやすく紹介していきます。

□棚卸資産の評価損の計算方法

棚卸資産の評価損の計算方法は以下の通りです。

棚卸資産の評価損=「在庫の金額」-「販売金額」

例えば、在庫の金額が3000円のカバンを販売金額2000円で売るのであれば、
3000円(在庫の金額)-2000円(販売金額)で棚卸資産の評価損は1000円となります。

もしこのカバンの在庫数が100個ある場合は、1000円×100個で合計10万円の評価損が出るということですね。

□棚卸資産の評価損が決算書に与える影響

棚卸資産の評価損が出ることによって、決算書は以下の2点で影響を受けます。

・貸借対照表(BS)
・損益計算書(PL)

*貸借対照表

賃貸対照表は、会社が決算時にどのような資産を保持し、その資産の元になるお金をどこから集めてきたのかということを表します。
英語の「Balance Sheet」を略し、BSと言われることもあります。
賃貸対照表では、資産の中でも1年以内に現金に換えられる「流動資産」と、長期にわたって保有する「固定資産」に分かれます。
棚卸資産はこのうち流動資産に属しており、評価損と同じ額だけ棚卸資産が減ってしまいます。

*損益計算書

損益計算書は、収益・費用・利益が記載されており、1年間の経営成績を表します。
英語の「Profit and Loss Statement」を略し、PLと言われることもあります。
損益計算書にある利益は「売上総利益」、「営業利益」、「経常利益」、「税引前当期純利益」、「当期純利益」に分けることができます。
その中でも売上総利益は、「売上高-売上原価」で表せられます。
棚卸資産の評価損はこのうち売上原価の中に含められるので、評価損が多ければ多いほど売上総利益は減ってしまうのです。

□まとめ

今回は棚卸資産の評価損の計算方法について紹介しました。
棚卸資産の評価損の計算方法は、「棚卸資産の評価損=「在庫の金額」-「販売金額」」で表せられます。
また、棚卸資産の評価損は、貸借対照表(BS)と損益計算書(PL)にも影響を与えるので、そのことも頭に入れておきましょう。
当社では法人・個人事業主向けに在庫商品の買取査定を行っています。
もし不明点などあれば、お気軽にお問合せください。

倒産後にやっておきたい!倒産品の処分方法を徹底解説!

「倒産品の処分方法について知りたいな」

このような要望に応えます。
会社がつぶれてしまうと、大量の負債を抱えることになるでしょう。
また、負債とともに大量に残ってしまうのが、在庫や備品などの倒産品です。
しかし、どこに倒産品を処分してもらえばいいのかわからないですよね。
そこで今回は、倒産品を処分しようと考えている方に向けて、買取・回収方法を解説します。

□倒産品を買取ってもらう方法

*リサイクル業者に買取ってもらう

在庫の状態がいいものはリサイクル業者に買取ってもらいましょう。
もし、大量に倒産品が残っているのであれば、出張買取を行っているリサイクル業者に査定してもらいましょう。
リサイクル業者であれば、倒産品をすぐに現金に換えられるので、少しでも早くお金を回収したいという方におすすめです。

*不用品回収業者に買取ってもらう

リサイクル業者以外にも、不用品回収業者に対して買取の依頼もできます。
ただ、倒産品を買取ってもらう際は、法人向けにもサービスを行っている業者を選ぶようにしましょう。

*ネットオークションで売る

リサイクル業者・不用品回収業者からよりも高い値段で売りたいのであれば、ネットオークションに出品する方法もあります。
ただ、ネットオークションに出品する場合、全て自分でしなければならないので、手間がかかります。

□倒産品を処分する方法

倒産品を買取ってもらえない場合は、回収・処分する必要があります。

*不用品回収業者に回収してもらう

不用品回収業者に買取ってもらえない場合は、不用品回収を行いましょう。
不用品回収業者であれば、パソコンなど自治体では回収してもらえないものでも回収してもらえます。

*自分で処分する

倒産品を譲る相手がいるのであれば、その方に譲るのもいいでしょう。
ただし倒産品の数が多いと、どうしても自分で処分することが難しいかと思われます。

□まとめ

当記事では、処分方法には買取ならばリサイクル業者・不用品回収業者に依頼するか、ネットオークションで売る方法があることについて解説しました。
また処分には、不用品回収業者に回収してもらうか、知り合いに譲るという方法があります。
当社では法人・個人事業主向けに在庫商品の買取査定を行っています。
25年以上の実績があるため、お客様からご信頼をいただいております。
創業以来、お見積りでお金をいただいたことは一切ございません。
もし査定で不明点などあれば、お気軽にお問合せください。

 

倒産品を処分したい方へ!倒産品買取の相場を解説します!

「倒産品買取の相場がどれくらいなのか知りたいな」

このような要望に応えます。
会社が倒産してしまうと、極力早く倒産品を買取ってもらう必要があります。
しかし、倒産品買取をしてもらうとしても、どれぐらいのお金で買取ってもらえるのかわからないですよね。
そこで、今回は倒産品買取を検討している方に向けて、倒産品買取の相場がどれぐらいなのかを解説します。

□倒産品買取の相場は原価割れになることが多い

倒産品を買取ってもらう際は、原価割れになることも多々あります。
というのも、倒産品は倒産した会社のもとに残ってしまった品物なので、価値があまりないものもよくまぎれているからです。
しかし、もし会社が倒産してしまい、負債の返済に資金が必要ならば、「安くでしか売れないなら売らないでおこう…」などと言っている場合ではありません。
倒産品買取という形で処分すると、処分する手間が省けるのに加えて、負債の返済の足しにできます。
一方で、需要のあるものならば、高い値段で買取ってもらえるのも事実です。
例えば、厨房で使われるようなキッチンアイテムや、大手ブランドのオフィス用品などは、比較的高い値段で買取してもらえる可能性が高いのです。

□白石商事ならさまざまなスタイルに合わせて買取可能!

当社では25年以上の買取実績があるので、お客様のニーズに合った買取が可能です。

*大量の在庫品でも買取可能

当社では、倒産により、たくさん残ってしまった倒産品の買取も行っています。
また、大型トラックのような大きい物でも買取が可能なので、処分に困っていた在庫品を一掃することが可能です。
また、商品リストがあるとスムーズに買取が行えます。

*種類が多い商品でも買取可能

当社では、アウトレット店へ販売するため、他社では取り扱えない商品や、種類や数がまとまっていない商品でも買い取ることが可能です。

□まとめ

今回は、倒産品買取の相場について解説しました。
倒産品買取の相場として、原価割れになることも多々あります。
ただ、倒産品は在庫で抱えていてもメリットはほとんどないので、できるだけ早く売ることをオススメします。
また、当社では法人・個人事業主向けに在庫商品の買取査定を行っています。
25年以上の実績があるため、お客様からご信頼をいただいております。
さらに、創業以来、お見積りでお金をいただいたことは一切ございません。
もし査定で不明点などあれば、お気軽にお問合せください。

在庫品を抱えるとなぜダメなの?在庫品を大量に抱えるリスクについて解説!

「在庫品を大量に持つリスクってなんだろう?」

このような疑問に答えます。
自分で会社経営をして商品を販売していると、在庫品をたくさん抱えてしまうことがあります。
在庫品が残ってしまうということは大した問題に見えないかもしれませんが、在庫品を大量に抱えてしまったことが原因で倒産したケースもよくあります。
そうはいっても、在庫品が大量に残ってしまうことの何がいけないのかよくわかりませんよね。
そこで今回は、会社経営者や自営業者の方に向けて、在庫品を大量に持つリスクについて詳しく解説します。

□在庫品を大量に持つリスクとは?

*キャッシュフローが悪くなる

キャッシュフローとは現金の流れのことです。
つまり、在庫品をたくさん持つと現金の流れが悪くなってしまうのです。
というのも、在庫品は企業の資産であるのですが、在庫品を抱えてしまうと、自由に使える資金が減ってしまうのです。
現金を持っていると、新たな分野への投資に回せますが、在庫品の状態のまま資産を置いていると、利益率はゼロの状態のままになってしまいます。

*管理費用がかかる

在庫品が残ってしまうと、当然ながら管理費用がかかります。
例えば、倉庫の維持費、水道光熱費だけでなく、管理する人件費など、商品によってはさまざまな種類の管理費を継続的に支払わないといけません。
これらは、在庫の量が多ければ多いほどコストがかかってしまうので、在庫品は少ないにこしたことはありません。

*品質が落ちる

在庫を長期間置いていると、商品価値が下がってしまいます。
これは、賞味期限などがある食品はもちろんですが、電化製品など、品質が長く持ちそうなものにも言えることです。
というのも、電化製品などの商品は時代が進むにつれ、新しいものが次々に出てくるので、時間がたつほど古くなってしまうのです。

*無駄な作業をしなければならない

在庫を大量に抱えると、本来は必要のない作業をしないといけません。
例えば、倉庫に在庫を運搬する作業やいくつ在庫があるのかを確認する作業などですね。
売上にはほとんど直結しない作業が増えるほど、時間とお金がかかってしまうのです。

□まとめ

今回は在庫品を大量に持つリスクについて解説しました。
在庫品を抱えるほどキャッシュフローが悪くなり、管理費がかかってしまうので、会社が倒産してしまう可能性が高まります。
そのため、できるだけ在庫品を減らす工夫をしましょう。
もし不明点などあれば、お気軽にお問合せください。

棚卸資産の評価損とは?会計初心者に向けてわかりやすく解説

「棚卸資産の評価損って何なの?」

当記事ではこのような疑問に答えます。
ビジネスマンであれば最低限の会計知識も知っておきたいところです。
そのため、在庫評価に関する知識を持っていれば、適切に会計を行えます。
しかし、いきなり「棚卸資産の評価額」という言葉を見ても、何のことか理解するのは難しいですよね。
そこで今回は、会計知識が全くない方でも簡単に理解できるように、棚卸資産の評価損について解説します。
当記事を最後まで読んで、棚卸資産の評価損のポイントを押さえましょう!

□棚卸資産の評価損って何?

*棚卸資産とは

「棚卸資産」とは、企業が販売目的で一時的に保有している商品・原材料などの総称を指します。
わかりやすく言えば「在庫」のことですね!
「モノ」で商売する企業は、棚卸資産を売ることで利益を得られます。

*評価損とは

「評価損」とは、何らかの原因で仕入れ時点より価値が下がってしまう場合に起こる差額のことを指します。
一般的に仕入れた商品は、利益を上乗せした料金で販売するため、価値が下がってしまうことはありません。
しかし、何かのトラブルが原因で通常通りの料金では販売できなくなる場合があるのです。

*棚卸資産の評価損

つまり、「棚卸資産の評価損」とは在庫の価値が下がることで起こる損失のことを言います。

□どんな商品に評価損が出やすいの?

*季節限定の商品

夏限定など、季節限定の商品だと、季節が過ぎてしまうと売れなくなってしまいます。
例えば、冬に扇風機を売ろうとしても、売ることはかなり難しいでしょう。

*流行が反映されやすい商品

流行が反映されやすい商品も評価損が出やすくなっています。
アパレル業はこれらの代表例ですね。

*イベントに絞った商品

クリスマスやハロウィンなどのイベントに絞った商品もイベントが過ぎると、ほとんど売れません。
そのため、イベント後は販売額が仕入れ額を下回るケースもよくあります。

*市場価格が変わりやすい商品

石油などの商品は、価格が大いに変動してしまうので棚卸額の評価損が出やすくなっています。

□まとめ

今回は会計でも重要な棚卸資産の評価損について解説しました。
棚卸資産の評価損とは、在庫の価値が下がることで起こる損失のことです。
特に、季節限定の商品や流行が反映されやすい商品、イベントに絞った商品、市場価格が変わりやすい商品で棚卸資産の評価損が出やすい特徴があります。
当社では法人・個人事業主向けに在庫商品の買取査定を行っています。
もし不明点などあれば、お気軽にお問合せください。

在庫増加で倒産の可能性も?在庫とキャッシュフローの関係を解説

「在庫とキャッシュフローにはどんな関係があるのだろう?」

当記事では、このような疑問に答えます。
在庫状況は、キャッシュフローに大きく影響を与えると耳にしたことがあるかもしれません。
しかし、なぜ在庫状況によってキャッシュフローに影響を与えるのかについて明確に理由を説明できる方は少ないかと思われます。
そこで今回は在庫とキャッシュフローの関係性と対策法について解説します。

□在庫の増加がキャッシュフローの悪化へとつながる

在庫を抱えすぎてしまうと、キャッシュフローが悪くなってしまいます。
なぜなら、企業は基本的に、仕入れた商品を仕入れた値段より高い金額で売ることによって利益を出しているからです。
ということは、仕入れた商品を売らずに、在庫のまま置いていると利益は出ないため、現金化できなくなってしまいます。

□在庫が多いと、黒字でも倒産する可能性がある

在庫を大量に抱え、キャッシュフローが悪い状態が続くと、黒字のまま倒産してしまうケースもあります。
なぜこのようなことが起きるのでしょうか?
その理由としては、商品売買の決済は基本的に1~3か月後になるので、その間に現金がないと、資金繰りができなくなってしまうからです。
そのため、常に内部留保という形で現金をストックしておかなければなりません。
そして、資金繰りに困らないためにも、在庫を減らして適正化する必要があるのです。

□在庫削減対策

*トヨタのジャストインタイム方式を用いる

トヨタの「必要なモノを、必要な時に、必要な分だけ」つくるジャストインタイム方式は、在庫削減対策として有効です。
この方法を用いることで、無駄なく少ない在庫のみで生産することが可能です。
しかし、少しでも部品に欠品が出ると、全体の工程がストップしてしまうので、リスクも高いです。

*不用品買取で買取ってもらう

もし現在の在庫が売れる見込みがないのであれば、不用品買取業者に買取ってもらうこともできます。
そうすることで、在庫の管理費や人件費などもかからず、余計なコストを支払わずに済みます。

□まとめ

今回は在庫とキャッシュフローの関係性と対策法について解説しました。
在庫の増加はキャッシュフローの悪化につながるので、できるだけ在庫を減らすことをおすすめします。
当社では法人・個人事業主向けに在庫商品の買取査定を行っています。
25年以上の実績があるため、お客様からご信頼をいただいております。
創業以来、お見積りでお金をいただいたことは一切ございません。
もし査定で不明点などあれば、お気軽にお問合せください。

在庫品の削減をしたい方へ!トヨタのジャストインタイム方式のデメリットを紹介!

「ジャストインタイムに関していいことばかり聞くけど、デメリットはないのかな?」

当記事では、このような疑問に答えます。
ジャストインタイムとは、トヨタ自動車が生み出した生産管理システムを指します。
英語の「Just In Time」を略して、JITとも呼ばれています。
このジャストインタイムは、生産性を最大限まで高められるので、さまざまな企業で導入されています。
しかし、ジャストインタイムには思わぬデメリットがあるのです。
そこで今回は、在庫品に携わっている方に向けて、ジャストインタイムのデメリットを紹介していきます。

 

 

 

 

□部品切れのリスクがある

どこかの部品が1つでも欠けてしまうと、全行程を止めなければなりません。
そうなると、製品を作れなくなってしまうので、売上が一気に下がってしまうリスクがあるのです。
どれだけ在庫の管理に気を付けていたとしても、災害や納品遅れなどあらゆる事態が考えられるので、ハイリスクハイリターンの方法と言えるでしょう。

□下請け企業の負担が大きくなる

ジャストインタイムでは最低限の部品のみで、最大限の生産性を求められます。
そのため、部品を製造する下請け会社は不良品がゼロの状態でなければなりません。
このように、常にミスができない状況にあるため、下請け企業にかなりの負担がかかっていると言えます。

□従業員の負担が大きくなる

また、下請け企業だけでなく、従業員の負担も増えてしまいます。
というのも、この方式を用いれば、常にラインを流し続ける必要性があるので、肉体的にも精神的にもストレスがかかってしまうのです。

□コストダウンを図るのが難しい

特に必要な分だけしか発注しないトヨタ式の生産システムを用いている場合は、大量購入をすることによって、コストダウンを図るのはかなり難しいと言えます。
そのため、規模が小さい中小企業では、大量購入によるコストダウンを図れなくなってしまうのです。

□まとめ

トヨタ式のジャストインタイムを用いると、生産性は高まり、在庫は減るものの、いくつかのデメリットがあります。
そのため、ジャストインタイムが自社に合っているのかをしっかり検討した上で採用するのが賢明だと言えるでしょう。
当社では法人・個人事業主向けに在庫商品の買取査定を行っています。
25年以上の実績があるため、お客様からご信頼をいただいております。
創業以来、お見積りでお金をいただいたことは一切ございません。
もし、現時点で不要な在庫があれば、お気軽にお問合せください。

チェックするポイントはこれだ!在庫品を管理する方法を徹底解説!

「在庫品の管理方法について知りたいな」

このような要望に応えます。
何か「もの」を売る場合、在庫品を適切に管理することは売上の向上に影響を与えます。
しかし、なんとなく在庫品を管理しているだけでは、在庫数の過不足が発生してしまうこともあります。
そこで今回は、適切な在庫管理について知りたい方に向けて、企業の経営成績を左右する在庫管理の方法について解説します。

□在庫管理表を作る

在庫を管理するのであれば、エクセルで在庫管理表を作成しましょう。
在庫管理表を作る際の方法は、「何がいくつあるのか」という情報を書き込むことと、「在庫数=入庫数-出庫数」で計算をすることです。
在庫管理をするうえで最も大切なのは、何がいくつあるのかをしっかりとチェックをするということです。
そのため品物(何)と数量(いくつ)は最優先に確認するようにしましょう。
また、在庫数は「入庫-出庫」で決まります。
そのため、入庫と出庫の数値が変動した際には忘れずに記録しておきましょう。
そうすることで、正しく在庫品を管理できます。

□ロケーション管理を行う

*ロケーション管理とは

ものがたくさんあると、倉庫内をあちこちと探さなければなりません。
ロケーションとは、倉庫内の保管場所を表す住所のことで、商品にそれぞれロケーション番号を付けて管理する方法をロケーション管理と言います。
ロケーション管理には、固定ロケーションとフリーロケーションがあります。

*固定ロケーション

固定ロケーションとは、それぞれの在庫に置き場を決める管理法です。
どこに何があるかが一目瞭然でわかります。
ただ、場所が空いていても、他のものを置けないため、柔軟性には欠けます。
固定ロケーションは中小企業向きの方法です。

 

*フリーロケーション

フリーロケーションとは、在庫に置き場を決めず、空いている場所に置く管理法です。
より多くのものが保管できますが、どこに何があるのかを確認するのに手間がかかってしまいます。
フリーロケーションはアパレルなどの入れ替わりの激しい業界向きの方法です。

 

 

 

 

□まとめ

今回は在庫管理の方法について解説しました。
適切な在庫管理を行うには、「何がいくつあるのか」という情報を書き込むことと、「在庫数=入庫数-出庫数」で計算することの2点を意識して在庫管理表を作ることが大切です。
当社では法人・個人事業主向けに在庫商品の買取査定を行っています。
もし不明点などあれば、お気軽にお問合せください。

どうすれば在庫品を削減できるの?トヨタのジャストインタイムで解決

「ジャストインタイムによる在庫削減方法について知りたい」

当記事ではこのような要望に応えます。
ジャストインタイムは物流などに携わっているとよく耳にするのではないでしょうか?
ジャストインタイムとは、トヨタ自動車が生み出した生産管理システムのことです。
英語の「Just In Time」を略し、JITとも呼ばれます。
「必要なものを、必要なときに、必要なだけ」製造することで、無駄なコストをそぎ落とし、生産性を最大限まで高められます。
そこで今回は、ジャストインタイムを用いた在庫削減方法を紹介します。

□ジャストインタイムの前提条件

ジャストインタイムを知るうえで欠かせないのが「平準化」という考え方です。
平準化とは、どんなときでも一定の生産量や生産する商品が流れ続けている状態を指します。
平準化生産は、生産量と種類が一定なので、前後の工程において在庫を抑えられるのです。

□ジャストインタイムの3原則

*必要数でタクトを決める

原則として、必要数でタクトを決めなければなりません。
タクトタイムは1個当たりどれぐらいの時間で作ればいいのかというスピードを表します。
顧客の必要とする個数を把握したうえで稼働時間から生産必要数を割ると、1個当たりに必要な時間を算出できます。
例えば、稼働時間が6時間、生産必要数が500個なのであれば、21,600秒÷500で1個当たり約43秒以内に作ればいいということになるのです。
これにより、計画的に進捗度を把握できます。

*工程の流れ化

工程の流れ化とは、1個流し生産・ロット生産を行うことにより工程内で商品を停滞させない方法のことです。
1個流し生産とは、それぞれの工程の機械を近接させ、そこに1個ずつ品物を流すという生産方法です。
また、ロット生産とは、ある品物の集合体を1工程ずつ生産する方法です。
これによりスピーディーにものを作れるのです。

*後工程の引き取り方式

後工程の引き取り方式とは、後工程が前工程から、「必要なものを、必要なときに、必要なだけ」引き取る方法です。
後工程から引き取ることにより必要な分だけ生産できるため、無駄がなくなります。

□まとめ

当記事では在庫削減に悩んでいる方に向けて、在庫削減方法を紹介しました。
今回紹介した内容は、それぞれ在庫削減に有効な考え方なので、この機会に理解して、ぜひ実践してみましょう。
当社では法人・個人事業主向けに在庫商品の買取査定を行っています。
もし不明点などあれば、お気軽にお問合せください。