食品在庫を処分する方法とは?二つに分けてご紹介

食品の大量に余ってしまった在庫に悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

食品は他の商品と違い、売り切らなければいらない明確な期限である賞味期限や消費期限がありますよね。その分、食品の売れ残りに悩むことも少なくないと思います。

そこで今回は、食品の在庫の処分の方法について二つに分けてご紹介していきます。

[思い切って廃棄する]

食品を倉庫で保管しておけば、期末時に企業の所有資産といった扱いになり、経営者を悩ませる種となる税金がかかってしまいます。そのため、節税という観点から、売れる見込みのない在庫は早く破棄してしまう方が良いのです。

また、食品の中にはその鮮度を保つための管理が大変なものがほとんどでしょう。管理しておく場所の湿度や温度をしっかりと管理しておかなければなりません。そういったメンテナンスの費用や労力が多くかかってしまうような商品については、売れないのであれば早めの破棄を思い切ってしてしまうことをお勧めします。

[食品買取に対応した業者に買取を依頼する]

食品を廃棄処分する際にも費用がかかってしまいます。
廃棄処分を行う業者もいることも考えたら当たり前ですよね。

しかし、そういった廃棄処分にお金がかかってしまうのであれば在庫買取業者に依頼するのがベターかもしれません。在庫買取業者に依頼すると、廃棄するための費用が節約できる他、商品が大量の場合などに大変な配達を代行してもらえる出張買取サービスを受けられます。

また、需要の高そうな商品であれば有料で引き取ってくれるかもしれません。特に決算前などはこの食品買取業者を利用して、不良在庫を処分して無駄な税金がかかってしまうことを防ぐ、または不要な食品の管理のための場所や電気代などの管理費がかかってしまうことを防ぐことができます。

以上、売れ残った食品在庫の処分方法について二つに分けてご紹介しました。

まず一つに、思い切って破棄することがありました。食品在庫は放っておくだけでもたくさんの費用がかかってしまいます。そういった食品であれば、早く廃棄して待った方が良いかもしれません。

もう一つの方法は、買取業者に買い取ってもらうことでした。こちらの場合は、楽に食品在庫を買い取ってもらえることに比べて、需要のあるものは有料で売れるかもしれないといった利点がありました。

上述したことを参考に、あなたにとって有益な食品在庫の処分方法をとっていただけると幸いです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

業者の選び方とは?在庫処分の際に知っておきたい3つのこと

不良在庫が溜まってきて困っている方々はいらっしゃいませんか?

不良在庫が溜まってしまうと、お金の循環も悪くなりますし、それら売れない商品を保管しておくことや品質維持のためのメンテナンス費用も少なくならないですよね。


そのような不良在庫の処分の方法として、在庫買取業者から買い取ってもらうことがおすすめです。

しかし、在庫買取業者に在庫の買取を依頼したことのない方も多いかと思います。
そういった方はどういった業者に依頼するべきなのか、またどういった業者が良いのかについてわからないかと思います。

そこで、今回は買取業者の選び方についてご紹介していきたいと思います。

[見積もりを作成してくれるかどうか]

どんな取引にも当てはまることですが、具体的に見積書を作成してくれる取引先を選びましょう。簡易の見積書のようなものではなく詳細に「いくら支払います」といった見積書を作成してくれる業者の方が信頼できるのは言うまでもありません。

実際にお金の取引段階になって、「言った」「言っていない」のトラブルが起こってしまってからでは遅いです。契約内容を後々見返せて、かつその内容で契約を行ったという証拠になる書類を残しておくことは取引をする際の常識です。

そういったトラブルが起こらないように、見積書を作成してくれる業者を選びましょう。

[出張で買取や宅配を行ってくれるかどうか]

買取による在庫処分を検討中の方の中には、大量の商品を処分したいと考えている方も少なくないと思います。その場合、大量の商品をいちいち指定された場所に運んでいるようでは、時間も運送するための交通費もかかってしまいますよね。そうなると、トータル費用で考えた際に、不良在庫の販売利益があまり高くなりません。

出張買取を行っている業者と出張買取を行っていない業者とでは、実質上の取引の利益に大きな差が出てきます。

例えば、5万円で買い取ってもらったのに、ご自身で商品を運送するのに必要なコストを1万円支払ったとすると、実質取引によるお客様の利益は4万円です。しかし出張

買取を行ってくれる業者であれば5万円になります。この差は大きいのではないでしょうか。

以上、不良在庫の処分を考えていて、その手段として買取業者から買い取ってもらう予定の方へ、どのように業者を選ぶべきかについて2つご紹介しました。いずれも業者を選ぶ上で重要な要素です。あとで後悔しない在庫処分ができるよう、契約を結ぶ前に入念に検討しましょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

小売店が倒産|在庫の賢い処分の方法について3つ紹介

小売店を所有している、または小売店を経営していたが、その小売店が倒産してしまって売れ残った在庫の処分方法に困っている方はいらっしゃいませんか。

販売する店舗が無くなってしまった場合には、その残ってしまった在庫を処分する方法は何があるのでしょうか?

今回はこのような状況でお悩みの方へ、売れなくなってしまった在庫をどのように処分するのか、その方法についてご紹介したいと思います。

[知り合いに引き渡す]

売れ残ってしまった在庫を知り合いに引き渡すのも、在庫を処分する一つの手段です。特に商品が生活必需品や消耗品の場合は多くの方に喜んで受け取ってもらえる可能性が高いです。

余った在庫を材料や商品として有効活用してくれそうな同業者や経営者の知り合いがいらっしゃる場合は、在庫が再び商業の場で日の目を見ることのできる可能性があります。

[廃棄する]

どうしても引き取り手が見つからないような商品は、廃棄してしまうことも選択肢となります。いつか売り渡そうとして商品を保管しておくにも、場所の維持費や商品のメンテナンス費用など、相当なコストがかかってきます。

そうなると、保管することでむしろマイナス効果を生みかねません。早めに決断をしてしまい廃棄してしまう方が良い場合もあるのです。

[在庫買取会社に買い取ってもらう]

最後に紹介したい売れ残った商品在庫の処分方法は、在庫買取業者に

買い取ってもらうことです。在庫買取業者であれば、有料で売れ残った在庫を買いとってもらうことも可能です。業者によっては、たくさんの再販売経路を持っているところも

あるので、そういった業者に委託すれば比較的高価な価格で買ってくれるでしょう。

また、自ら独自のブランドとして生産した商品のブランド価値を傷つけたくない人であれば、その旨を業者に相談し商品のブランドイメージを傷つけないための工夫をしてもらうことが可能です。

例えば、再販販売先を海外にしてもらうことや、インターネットで販売する際は商品名やメーカー名を隠して販売するというようなものです。

以上、小売店が倒産してしまい、在庫が溜まってしまっている方へ向けてそれら商品の処分の仕方について3つご紹介しました。

まず一つに、知り合いに譲るといった手段がありました。

次に、廃棄するという手段、そして、在庫買取業者に買い取ってもらうと言う手段です。

上述したことを参考に在庫をうまく処分していただけると幸いです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

不良在庫、溜めてしまうと危険かも?3つの処分方法をご紹介

溜まった不良在庫にお悩みの方はいらっしゃいませんか?
不良在庫とは、ビジネスがうまくいかず、売れずに残ってしまった商品のことです。

今回はこの不良在庫をためてしまうことがなぜ良くないのかという理由と、どのように処分するべきかについてご紹介します。

[不良在庫を抱えるリスクとは]

では、なぜ不良在庫を抱えてはいけないのでしょうか。
それは一言で言うと、会社全体の資金繰りに悪影響を及ぼす恐れがあるからです。
本来収益をもたらすはずである商品が倉庫に溜まっているということは、それだけお金の流れが悪くなっているということです。

また、その売れずに残ってしまっている商品の品質が落ちないようメンテナンスする費用や、その商品を保管しておくための土地代などがかかります。こういった経済的な側面から、不良在庫を溜めてしまうことには大きなリスクがあるのです。

[不良在庫の処分の仕方]

・期限を設けて売り切る

商品が売れ残っているということは、現在の価格での当該商品の需要量が、供給量を下回っているということです。

 

そこで、再度価格設定を見直して、販売にかけてそれらの商品を売り切ってしまうことが一つの不良在庫の処分の方法として考えられます。その際に、期間限定で従来の価格より大幅に安く売れば、お得感が増すために需要が増え、早く不良在庫を処分することにつながります。

・買取業者に買い取ってもらう

買取業者に依頼すれば、不良在庫の買取を行ってくれます。

必要な手続きや労力が少なくて済むので、売り手の負担を抑えることができます。また、消費者に向けたセールを実施するより、確実に効率よく在庫を処分することが可能になるのも大きな利点と言えます。

・破棄する

不良在庫は、会社や事業者にとってお荷物になってしまいます。上述の通り、その商品をメンテナンスするために必要な費用やその商品を保管しておくための倉庫代など様々な費用が発生するからです。
そのような負担をなくす手段として、破棄も挙げられます。ただし、利益を見込めないとはいえまだ利用できるモノを破棄するのは、環境面に良いとは言えません。また、破棄にも費用や労力が必要ですので、慎重に検討するべきでしょう。

以上、不良在庫で悩んでいる方へ向けて、それら売れずに残ってしまった商品をどのように処分すれば良いかについて3つご紹介しました。

ご自身の状況を考慮した上で、最適な手段を選ぶことをおすすめ致します。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

滞留在庫を溜めるデメリットについて|3つに分けてご紹介

商品が売れずに残ってしまって、滞留在庫にお困りの方はいらっしゃいませんか。
滞留在庫の発生を完全に避けることはできませんが、できるだけ減らしたいものでしょう。

しかし、具体的にはなぜ在庫を溜めることが会社にとって

良くないのでしょうか。

そこで今回は、在庫を溜めてしまうことの管理費用の面でのデメリットについてご紹介します。

[商品メンテナンス費用]

商品を在庫として保存しておくには、その商品の質を保つための管理費用がかかります。
例えば、食品を想像して頂けるとわかりやすいかと思います。食品のほとんどは常温で保管しておくことは難しいでしょう。食品の特徴を理解した上で、温度のみならず湿度も24時間体勢で管理する必要があります。

服でも同じことが言えます。服に直射日光を当ててしまうと変色につながる恐れがありますし、湿度の高いところで保管しておくと異臭の原因になってしまいます。

このように商品の質を維持するためにかかる費用は決して少なくないのです。

[商品管理土地代]

滞留在庫を保つことの費用面でのデメリットには、それらの商品を保管しておく倉庫などの土地代もあります。すでに持っている倉庫やもしくは事務所のスペースを使用している人はこういった危機感を抱きにくいかと思いますが、事実その商品を保管している場所には毎月費用がかかっています。

古い在庫を処分すれば、空いたスペースに新しい在庫を買い入れたり、賃貸に出したりすることができ、結果として新たなお金の流れを生み出すことができるのです。

[上記の管理の一連を行う人件費]

滞留在庫を増やしてしまうデメリットとして、棚卸などの管理人件費が発生することも挙げられます。余分な在庫は処分することで、必要以上の労働及び経費も削減することができるのです。土地代同様、こちらも普段は見えにくいコストになっているので、滞留在庫にかかっているコストを一度可視化してみることもおすすめです。

このように、ただ滞留在庫があるだけでも多くの面で費用が発生してしまいます。
できるだけ在庫を溜めないで処分することで、会社に利益をもたらさないモノの管理をする必要がなくなり、結果的に会社全体の資金の流れの改善につながるのです。

白石商事では、個人事業主を含む法人様の在庫買取を行っております。
無料買取査定も行っておりますので、悩みの種となる滞留在庫を一掃したいとお考えの方はぜひ一度お気軽にご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ブランドイメージを守る在庫処分とは|上手な買取業者の選び方

自社ブランドの廃盤商品等の在庫をどうやって処分すべきか、お悩みの方はいらっしゃいませんか。
在庫処分することによって、安価で再流通し、せっかく築き上げてきたブランドイメージを壊すことは避けたいものですよね。

そこで今回は、ブランドイメージにダメージを与えないで在庫処分をするために気をつけたい点についてご紹介します。

[再販売方法を工夫する]

高いブランドイメージを保持するためには、希少性と高価さがカギになります。逆に言えば、ブランド物が市場に安価で大量に再流通していると、そのブランドに対するイメージが壊れかねません。

そこで、再販売の方法は慎重に検討する必要があります。例えば、再販売に回す商品をブランド名と切り離す、という手段が考えられます。具体的には、商品をインターネットで販売する際は、その商品のメーカー名や形式名を伏せて販売することが、ブランド価値を下げないための1つの対策方法となるでしょう。

[再販売先を海外にする]

上と同様の理由で、商品の再販売先には十分に気をつける必要があります。
まずは、自社のブランドイメージを守りたい地域の範囲がどの程度かを認識しましょう。

例えば日本国内でのイメージを守りたいという場合には、再販売先を海外にするといった方法があります。商品を中古で買取してもらい、その商品を国内で安価で販売してしまうと、ブランドイメージが損なわれてしまう恐れがあります。

特に日本国内において安価で再販売して欲しくない商品は、何回も流通することを防ぐために海外に再流通先を移すのは効果的なのです。

この方法は、弊社でも実際に多くのブランド様にご利用いただいております。

以上、在庫処分を考えている方へ、ブランドイメージを落とさずに在庫処分をする方法をお伝えしました。上記で述べた点をしっかり考慮して再販売を行っている業者に買取を依頼することをおすすめ致します。

まず一つに、買取商品の再販売先をしっかりと考慮して色々な工夫を試みている業者です。次に、紹介したポイントは再販売経路を海外に持っていることです。そういった業者であれば、国内でのブランドイメージを傷つける危険性が下がります。

白石商事では、ブランドイメージを守りながら在庫処分をしたいというお客様のご要望にお応えし、再販売先や再販売方法のご相談はもちろんのこと、さまざまなご提案をさせていただきます。在庫処分にお悩みの際は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

在庫処分をするメリットは?決算前の処分で得られる効果も

小売店を経営・所有している方の中で、ご自身の持っているお店の商品が大量に余っている、もしくはお店の破産等を理由に大量の在庫を抱えている方はいらっしゃいませんか?

そのような残ってしまった大量の在庫は、処分することをおすすめします。
今回は、多量の在庫を処分することのメリットについて3つご紹介します。

[在庫維持に必要な費用を節約]

在庫を処分するメリットの1つ目は、余分な管理費用や手間を発生させずに済むことです。
売れずに残ってしまっている不良在庫にも、品質を維持するための費用や、

その商品を保管しておくための倉庫が必要です。

つまり、不良在庫を置いておくことで多額の費用が発生している可能性が十分に高いのです。

そういった店舗の経理に多大な負担を生じかねない不良在庫は早めに処分しておくことが、お店の売り上げや経営利益を上げていく上で大切なのです。

[良いキャッシュフローを生み出す]

在庫を処分するメリットの2つ目は、良いキャッシュフローが生まれることです。
利益を生まないキャッシュを寝かせておくのではなく、思い切って処分したうえで新たな商品を仕入れて、その商品を売っていくといった風な循環を生み出すことが大切なのです。

[在庫処分によって節税できる]

在庫を処分するメリットの3つ目は、税金を節約できることです。
決算の際には、事実売り上げになっていない在庫も利益の一部として計上されます。そのため、この先売れる見込みのない在庫であれば、処分してしまう方が無駄な税金がかかることなく経営者にとってはメリットなのです。

こうした売れる見込みのない商品の例としては、顧客による買取のピーク時を過ぎたカレンダーや流行が過ぎてしまった衣服などです。このような商品は、決算前に処分してしまう方が税金の観点からも経営者にとってもメリットがあるのです。

以上、在庫を処分することによるメリットについて3つご紹介しました。

一つ目が在庫維持に必要な費用を節約できるといった点でした。放っておいても在庫の維持には費用がかかってしまうことを留意しておくことが大切です。

二つ目が、良いキャッシュフローを生むことでした。在庫を処分することによって、会社全体のお金の流れが良くなり利益の向上につながります。

そして、最後に紹介したのが、決算前に処分することで節税ができるという点でした。

上述したことを参考に、在庫の処分を考えてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

在庫処分業者の選び方|ジャンル・量・再販方法で決める!

「不良在庫を全て処分したい」「中古の在庫は処分できるの?」在庫処分業業者といっても、様々な種類の業者があります。

どのような基準で選べば良いか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、「在庫処分業者の選び方」について解説していきます。

■選び方の基準その1.「対応ジャンル」

在庫処分業者にも、様々な種類の業者がいます。アパレル関係に特化した業者、貴金属専門の業者など、対応する在庫を取り扱っている在庫処分業者を選びましょう。

複数のジャンルの商品を扱う事業の場合、複数の業者に依頼すると手間もかかりますから、一度に在庫処分ができるように多くのジャンルに対応している在庫処分業者を選びましょう。

■選び方の基準その2.「処分規模」

在庫処分業者の規模によっては、在庫が大量にある場合に、処理しきれないことがあります。また、一定量以上の規模でしか、在庫処分を引き受けていない場合は、在庫を全て受け取ってくれない場合があります。

在庫処分業者を検討する際には、その業者がどれだけの量の在庫処分を引き受けているのか確認しておくと「電話したけど無理そうだった」などの手間が省けます。

■選び方の基準その3.「劣化品や中古品の対応」

保管中に劣化した在庫や、中古の在庫を処分したいときには、劣化品・中古品の在庫処分を行っている業者を探しましょう。

■選び方の基準その4.「再販ルート」

処分した後に、在庫処分業者が、「ネットショップ」や「アウトレット」などで安く売る場合があります。

品物が安く売られることで企業のブランド力を落としたくない方は、海外の再販ルートを持っている業者に依頼しましょう。

これによって、「日本のマーケットで、著しくブランド力が落ちる」というような事態を回避できます。

また、このような要望に理解を示し、丁寧に対応してくれる業者を選びましょう。

■選び方の基準その5.「見積もりの質」

見積もりの質には、「金額」「スピード」「妥当性」「説明の丁寧さ」などがあります。決算前の税金対策として在庫処分する場合などは、「スピード」が大切になってきます。また、見積もりの内訳が不明瞭で、やけに高額な業者は避けましょう。

 

以上が、「在庫処分業者の選び方」についての説明でした。

白石商事では、「企業様の在庫処分品の買取業務」「インターネットでの商品販売業務」「輸出入事業」など、在庫処分に関する業務を行っています。

在庫処分にお困りの方、ご気軽にご連絡下さい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

返品在庫の処分方法のまとめ|おすすめの処分方法とは?

「返品在庫が多くて困っている」「依頼販売していた品物返品在庫の処分ってどうすればいいの?」企業や自営業の在庫管理担当者は、このような悩みをお持ちではないでしょうか。

今回は、「返品在庫の処分方法」についてまとめて解説していきます。

■ネットで再販売

もともとネット販売していなかった方は、ネット販売に参加するのも一つの手です。

店頭よりずっと多くの方に見てもらう可能性があります。

注意点は、ネット販売自体、返品率が非常に高い業界であることが挙げられます。そのため、「価格を下げる」「説明を詳しく書く」「写真にこだわる」などの方法をとりましょう。

■アウトレットやセール

自社製品の場合、自分で価格を決められるので、「セール」や「アウトレット」で 価格の安さをアピールしましょう。

この場合、やはり『返品不可』でセールなどを行うのがいいでしょう。また、依頼販売の商品は、基本的にこのようなセールを行いません。

■廃棄

決算前に、在庫が溜まっていると、その分だけ税金が上がってしまうため、決算前に急いで処分したい場合は、自分で廃棄しましょう。

返品が多い在庫がなくなるので、その商品に関して悩む時間を減らすことが出来ます。

■中古品買取業者

中古品買取業者にも、在庫を買い取ってもらえる場合があります。

ただし、「在庫が大量にある場合」は、全て買い取ってもらえない場合があります。

■在庫処分業者

「自分で廃棄するくらいならば誰かに安くてもいいから売りたい」、「売った品物を国内で販売されたくない」、「大量の在庫を抱えている」といった方は、在庫買取業者に買取を依頼しましょう。

在庫買取業者の中には、海外の販売ルートを持つ業者もいます。自社では販売できないマーケットに売ってくれるなら、自社の営業に影響は出ないため安心ですよね。

セールばかり行っていると「あの会社は安売りをする」というイメージがついてしまう可能性がありますが、在庫処分業者に工夫して依頼すれば、「ブランド力」を落とさずに済みます。

また、在庫処分業者に依頼し、多くの在庫を一気に処分することで、「管理費」、「保管場所費用」が浮く、「税金対策」になるなどのメリットもあります。

 

以上が、「返品在庫の処分方法」についての説明でした。

白石商事では、「企業様の在庫処分品の買取業務」「インターネットでの商品販売業務」「輸出入事業」など、在庫処分に関する業務を行っています。返品在庫にお困りの方、お気軽にご連絡下さい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

滞留在庫とは?滞留在庫が増える原因も一緒に解説!

「滞留在庫って何?」「滞留在庫が溜まっていくのはなぜ?」
滞留在庫に困っている在庫管理担当者も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、「滞留在庫が増える原因」について解説していきます。

■滞留在庫とは?

滞留在庫とは、仕入れたのに売れず、長期間事務所や在庫保管所に残ってしまった在庫のことを指します。

■滞留在庫が増える原因

1.品切れ防止のための大量購入人気商品が店頭で品切れになっていると、せっかく「商品を買ってくれるお客さん」が店に来てくれても、購買につなげて利益を得ることが出来ません。

そのため、店頭では品切れを防ぐため、仕入個数を少し多めに発注す

ることがあります。商品が、見込みと違い、あまり売れなかった場合、商品が在庫として余ってしまいます。

違う客層が多いような別の立地の他店舗で販売してみても売れない場合、滞留在庫になります。

2.経理・製造・販売など各部門の連絡不足経理部門は、『滞留在庫』などの売れない在庫はいずれ処分しなくてはいけないことを知っているため、「仕入れの個数を減らす」または「生産量を少なめにする」ことを望んでいます。

それに対し、販売部門は商品の品切れに備えて「多めに仕入れたい」場合が多い

です。製造・販売・経理の部門が適切に連携を取っていないと、店舗や事務所に大量の在庫を抱えることになります。

3.マーケティングマーケティング部門は、購買層の設定や4Pの設定を行います。4Pとは、「Product, Place, Price, Promotion」をまとめたもので

日本語では「製品の仕様や機能、流通場所や流通方法、価格、広報活動」という意味です。

マーケティング部門の役割は、そもそも「売れるような商品や方法」を考える部門ですが、そのマーケティング活動がおろそかであった場合、高い費用を費やして商品を作成しても、購買と利益の獲得につながりません。

4.在庫管理システムや在庫の保管方法在庫管理システムの良し悪しは、在庫管理の正確さや楽さに大きく影響します。

複数の店舗を持つような比較的大きな業者では、在庫の量が多いため、パソコンのソフトを使い、他の店舗の在庫も確認できるようにした方が良いでしょう。

また、在庫の保管場所が整理整頓されているか

どうかも、在庫管理の正確さに大きく影響します。

 

 

以上、「滞留在庫が増える原因」についてのご説明しました。

白石商事では、「企業様の在庫処分品の買取業務」「インターネットでの商品販売

業務」「輸出入事業」など、在庫処分に関する業務を行っています。

滞留在庫にお困りの方は、お気軽にご連絡下さい。

カテゴリー: 未分類 | コメントする