返品在庫が増えるのはなぜ?原因は情報にありました!

返品在庫に倉庫のスペースを食われてしまって困っているという方はいらっしゃいませんか?返品在庫はもう一度売るのも困難ですしどうにか処分したいものですよね。

ではそもそも返品在庫はなぜ増えてしまうのでしょうか。
今回は返品在庫の増える原因についてご紹介します。

・返品在庫の増える原因とは

そもそも返品というのはどういった流れで起きるのでしょうか。消費者が商品を買ってから返品するまでの流れをフローに沿って理解してみましょう。

商品の情報を知る→商品に魅力を感じる→商品を購入する→商品が届く→商品を確認する→商品に何らかの問題がある→返品

上記の流れで返品は行われるはずです。ここで直接的に原因があるのは商品を確認した後になんらかの問題が生じているからです。その問題はどこから発生しているのでしょうか。

一度商品を買っているのに返品するということは、自分が購入する前にイメージしたものと何らかの齟齬が発生しているということが挙げられます。この場合でいうと、イメージと商品の情報もしくはイメージと商品の魅力に何らかのずれがあったため返品されたという風に考えることができます。

・商品の情報とのずれ

商品の情報とのずれの場合、早急にその情報を確認する必要があります。何か誤表記があったのかもしれませんし、手続きなどの手違いで消費者に間違った情報が届いているかもしれないためです。

商品のサイズや材質、色などは現実に沿った正しいものを消費者に伝わりやすく表記することが重要です。

・商品の魅力とのずれ

これは「何か思っていたのと違った」といった理由で発生するずれです。仮に正しく商品の情報を表記していたとしてもその情報から得たイメージと実物が異なれば返品のリスクにつながります。

具体例として、パンツのサイズ表記は正しいが、縮みやすい素材で着心地はフィット性が強いという商品があったとします。

こういった商品にサイズのみを表記して販売すると、ずれが発生する可能性があるわけです。

消費者の使用をしっかりとイメージして正しい情報に加えて正しいイメージを持ってもらえるようにわかりやすい説明を心がけるとよいのではないでしょうか。

今回は返品在庫の原因についてお伝えしました。商品がせっかく売れているのに戻ってきてしまうのはもったいないですよね。鍵を握るのは消費者に伝わる情報かもしれません。あなたの商品の情報説明は大丈夫でしょうか、一度見直してみてもよいかもしれません。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

滞留在庫を削減したい!得する処分の方法をお伝えします!

滞留在庫という言葉をご存知でしょうか。商品を販売する形でビジネスを行われている方の中にはこの滞留在庫に悩まされている方も多いでしょう。

滞留在庫はいつのまにか増えていて、いつか片付けなければならないとは思っていても中々削減することができない厄介なものです。

ではどうすれば滞留在庫を削減することができるのでしょうか。
今回は滞留在庫の削減の方法についてお伝えします。

・滞留在庫とは

滞留在庫とは、仕入れはしたけれど結局売れ残ってしまってお店や会社の倉庫

にずっと残っている在庫のことです。「いつか売れそうだから」「いつか必要になるかもしれないから」といった理由で放置してしまいがちですが、滞留在庫が占領している倉庫のスペースは、滞留在庫が底にある限り有効活用することができません。滞留在庫は発生したら早めに処分して、再発防止のためにどうすればよいか考えるのが正しい対処法です。

・滞留在庫はどうやって発生する?

滞留在庫の発生は、仕入れた数に対して売れた数が少ないことが原因です。つまり、仕入れる量が過剰、もしくは売れる数が過少のいずれかのパターンに当てはまるはずです。そのほかにも製造業なら、生産ペースやその部品の多少によっても滞留在庫は発生します。

・滞留在庫削減方法

1.廃棄する

滞留在庫は持っておくだけ得とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、有効に活用できていない商品を抱え込むのはそれだけで損になっていることが多いです。そのため、お金を払ってでも処分したいという方も多くいらっしゃいます。

2.滞留在庫を売る

お勧めしたいのが滞留在庫を買い取ってもらうことです。在庫処分となると、残っている在庫の数によっては処分するだけでかなりの額や労力を費やすことになることも少なくありません。

そういった際に滞留在庫を売ることで経費をかけずに、
むしろ収入を得る形で滞留在庫を処分できるのです。

在庫の形や量によって引き取ってもらえるか心配という方もいらっしゃると思いますが、白石商事なら様々な在庫のスタイルに合わせて買取をいたします。詳しくはホームページご覧ください。

滞留在庫の削減方法についてご紹介しました。一度発生した滞留在庫はしっかりと腹をくくって処分することが重要です。さらに、再発防止策をしっかり検討して滞留在庫の発生を予防できると、効率的なビジネスにより近づくことができるのではないでしょうか。

白石商事ではお客様の滞留在庫を誠心誠意買取いたしております。本州全域の広い地域をカバーしておりますのでまずはお気軽にご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

小売店で倒産を控える方に読んでいただきたい、最後に得する在庫処分の方法とは

小売店で店じまいを考えていて、残った在庫をどう処分すればよいかお悩みの方はいらっしゃませんか?

いざお店をたたむとなると、取引先への連絡や
法的な手続きなどやらなければいけないことが多く、
手間もかかるものですよね。

その中でも店先や倉庫に残った在庫をどう処分するかは大きな悩みの一つではないかと思います。

ではどうすれば残った在庫を処分することができるのでしょうか。今回は小売店の店じまいの際に残った在庫を処分する方法と、その流れについてお伝えします。

・在庫処分の方法

1.廃棄する

まず第一に思いつくのは廃棄ではないでしょうか。特に商品価値も見込めないようなものについては捨てるのもしょうがないと思えるかもしれません。

しかし、やはりまだ商品として売れそうなものまで捨ててしまうのはもったいないような気がしますよね。

また、捨てる際にも自治体の規則に従わなければなかったり、回収の日がばらばらでなかなか予定が合わなかったりと何かと面倒に感じる方も多いのではないでしょうか。

2.知り合いに引き取ってもらう

少しの量なら知り合いに引き取ってもらうことも1つの選択肢になるでしょう。捨てるはずのものを少しでも知り合いに有効活用してもらえれば、少しは報われたような気持ちになるのではないでしょうか。しかし大量の在庫を処分しなければならない場合、引き取りには限界があります。

3.在庫品買取業者に依頼する

廃棄より前に考えていただきたいのが、在庫品買取業者に依頼するということです。

在庫品買取業者とは、店じまいされたお客様の在庫や倉庫の中で売れずに残っている滞留在庫を買取する専門業者です。

経験と実績に裏打ちされた実力で在庫を適切な価格で迅速に買取いたします。また、廃棄と違って曜日を問わずいつでも買取に伺い、捨てる労力を伴わないのも特徴です。

・在庫品買取の際の流れ

弊社の買取の際の流れを一例としてご説明いたします。
【お客様】商品の写真をお送りください
【弊社】写真から、概算での査定金額をご提示します
【お客様】概算金額にご納得いただけたら、サンプルをお送りください
【弊社】サンプル到着後、現物を見て買取価格を確定します
【お客様】商品を出荷していただきます
【弊社】到着した全商品を検品します
【弊社】検品確認後、買取り金額を銀行振り込みします
一例としてどのような流れで買取が進んでいくかご想像いただけたかと思います。

白石商事ではお客様の在庫品を買取いたしております。LINEでの査定などできるだけお客様のお手間を省ける選択肢をご用意させていただいておりますのでお気軽にご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

在庫処分を業者に頼みたい!選び方の4つのポイントをお伝えします。

決算前や倉庫の整理のタイミングなど、在庫処分をお考えの方はいらっしゃいませんか?在庫処分をするとは言っても、ご自身の手で全てを処分することはなかなか難しいものですよね。

そんな時にご利用いただきたいのが業者です。大量の在庫を運んだり引き取ったりするノウハウをもつ業者が効率的に在庫処分を手伝ってくれます。ではそのような業者はどうやって選べばよいのでしょうか。

今回は在庫処分の際の業者の選び方についてお伝えします。

・在庫処分の回収業者の選び方

1.買取で選ぶ

回収業者によっては在庫品回収になるところと買取のところがあります。在庫品にもよりますが、どうせなら買取でお金になるところのほうがよいですよね。

見積もりの際にどれくらいの商品をどんな値段で買ってくれるのかということまで聞いておくと具体的な金銭のイメージがしやすいのではないでしょうか。

2.地域で選ぶ

買取してほしい業者があったとしても、その業者が自分の在庫のある地域に対応していなければ依頼することはできません。また、対応してくれる業者でも遠距離移動には追加で料金が発生することもありえます。

トータルで見たときに買取価格と必要経費のバランスで最も自分たちが得をすることのできる業者に頼むとよいのではないでしょうか。

3.処分方法で選ぶ

処分するものによっては、その商品のブランドイメージを下げないために日本国内で再流通させたくないなど、処分方法を気にされる方もいらっしゃると思います。

そういった場合は、買取が行われた後にどういった処分方法をとるのかというところまで聞いてみるとよいのではないかと思います。

業者によっては海外での再販といったようにブランドイメージを崩さずに処分することのできるところがあります。

4.処分するもので選ぶ

注意していただきたいのが業者によっては買取できないものがあるという点です。

事前見積もりの際に買取依頼する在庫がどういうものか伝えて確認したり、HPなどで買取可能品目を見ておいて確実に在庫を買い取ってもらえる状態で取引を行うことが重要です。

 

以上、不用品回収の際の業者の選び方についてお伝えしました。お得な在庫処分にするためにも業者選びは非常に重要です。しっかりと検討されたうえで選ばれることをお勧めします。

白石商事ではお客様の在庫品を買取いたしております。本州全土をカバーする地域性の広さや、在庫品の買取後の処分方法においても海外販売や国内でのブランド匿名販売など多くの選択肢を有しておりますのでお気軽にご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

返品在庫を減らすにはどうすればいい?2つの対策を押さえましょう。

返品在庫にお困りの方はいらっしゃいませんか?

返品は代金の払い戻しが必要になるだけではなく倉庫のスペースをとるうえに再販しづらいため、できるだけ防ぎたいものですよね。

とはいえ商品が返品されるかどうかはなかなか自分たちでは把握しにくいものです。どうすれば返品在庫を減らすことができるのでしょうか。

今回は返品在庫を減らすための対策についてお伝えします。

・返品在庫を減らすための対策

1.返品率を減らす

まず一番に考えられるのは返品されることをなくすという手です。自社の商品が返品されているのはなぜかというところから考えるとよいのではないでしょうか。

返品されている商品に何らかの一貫した特徴があるのかを把握したり、返品の理由をアンケートや口コミサイトなどで情報収集したりするのがよいでしょう。

また、返品は会社のイメージにも影響します。粉飾決済や社員の不祥事など、会社のイメージを落とすことにつながる行為を起こさないためにも、早いうちから会社の倉庫が返品在庫でいっぱいになることを避けるのがよいでしょう。

返品率の向上はすぐに実現することは難しいかもしれませんが、魅力がある返品率の低い商品を作ることは、長期的に見て会社全体の利益に繋がると言えます。

2.返品された在庫を再活用する

返品された在庫は通常処理しにくく、長期滞留在庫となって会社の倉庫のスペースを無駄に使うものとなってしまいます。また、返品を完全にゼロにすることは難しいため、返品されたものをどう有効活用するか決めておくことで効率的かつ迅速に問題を解決することができます。

例えば三か月たった返品在庫はセールとして半額以下で売ったり、在庫買取業者に依頼して買い取ってもらうというような方法があります。

特に返品在庫を再販売するのは抵抗があるという場合には、海外での再販売など商品のイメージを崩さずに販売する方法もあるので検討してみてはいかがでしょうか。

以上、返品在庫を減らすための対策についてお伝えしました。特に二番目の返品された在庫の再活用に関しては見落としがちですので一度考えてみてはいかがでしょうか。
白石商事ではお客様の返品在庫など、倉庫にたまっている在庫を買取させていただきます。

決算前の節税やスペースの有効活用のためにも一度ご利用を検討されてみてはいかがでしょうか。なお、買い取らせていただいたものは海外での再販も可能なため、ブランドイメージを損なわずに在庫を処分することも可能です。お気軽にご相談ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

在庫品を計上したくない!決算前に見ておきたい処分の方法とは?

もうすぐ決算で在庫品をどうするかお悩みの方はいらっしゃいませんか?

実はその在庫品は放っておくだけで会社に損失を与える存在になっているかもしれません。無駄な在庫やすぐに片付きそうにない在庫を棚卸資産として計上するのは嫌ですよね。
今回は在庫品を資産として計上しないためにはどうすればよいのかお伝えします。

・在庫品は持っているだけで損?

在庫品は置いておいても無駄になることはないだろうと思っていませんか?
実は在庫によって発生する損失が二種類あるのです。

1.税がかかる

在庫品は放置しておくと決算期に棚卸資産として計上しなければなりません。決算期に会社の資産として計上されると、国がその会社に課す税がそれによって上がります。ごまかして粉飾決算という形になるのは避けたいところですね。

2.倉庫の有効活用を妨げる

かかる税を増やすだけの在庫に倉庫のスペースを占拠されてしまっては、売れる商品のために有効活用することができません。すなわち、倉庫を不要な在庫品に占拠されていた期間にその場所を活用して売ることのできた商品の利益分、会社は損をしていることになります。放っておくだけで決算の時以外にも損失は発生しているのですね。

・在庫品を決算に計上しないために

まず先ほどもお伝えしましたが粉飾決算は絶対にお勧めできません。節税のために会社としての信用問題以上の問題を引き起こすのはリスクが大きすぎるためです。クリーンに在庫を処分するには有効な2つの手段があります。

1.在庫処分セールを行う

決算期在庫処分セールという言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。あのようなセールは決算に在庫品を計上することを防ぐという狙いがあります。長い間売れなかった商品など、在庫を無駄に食いつぶしていたような在庫品は思い切ってただ同然のような価格で売って、お店のアピールに使うという手もありますね。

2.買取を利用する

もう一つ計上したくない在庫を何とかするために業者に買い取ってもらうという方法があります。在庫処分セールではどれだけ売れるかは正確に予想することができません。

買取依頼をすれば、依頼をした分は確実に処分することができますので、計画的に決算期を迎えることができます。

以上、在庫品を決算に計上しないために、決算期前に在庫品を処分する方法についてお伝えしました。セールだけではなかなか売り切れない在庫品も買取を利用することで有効に活用することができるのではないでしょうか。ぜひ一度、検討してみてくださいね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

そのレンタル終了品、捨てるにはまだ早い!処分の際にお得な方法をご紹介!

レンタル商品を扱われている方で、もうすぐお店をたたんだり、商品を一新したりするため、レンタル終了になる商品をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

レンタル終了した後の商品は量も多くて持っておくだけでも負担になりそうですよね。今回はレンタル終了品の処分の方法についてお伝えします。

・レンタル終了品の特徴

1.かなり使用感がある

多くのレンタル商品は借主によって使われた結果、色あせや一部の破損などの使用感が出ていることが多いです。そのため、レンタル終了品を販売するとなるとかなり安い値段で売るなどの工夫が必要になります。

2.最新のものは少ない

レンタルで使用されている期間のうちに新しい方の商品が発売されることも多く、型落ちのものが多いです。中古品としてどれくらいの価値があるかはその商品次第ですので、中古品としてその商品がどれくらいの価値があるのか調べてみてはいかがでしょうか。

3.一度に大量に発生する

上述のように閉店や商品の一新など、お店の転換期に大量に発生するのが特徴です。大量に発生しているため、一気に処分しないと新しい商品を入荷することもできません。

・レンタル終了品の処分の方法

1.廃棄する

まずゴミとして廃棄する方法がありますが、これには一つ問題があります。一度に大量に発生するという特徴ゆえに廃棄にかなりの労力がかかるという点です。また、廃棄の際にお金がかかることもあるため、ほかの手段も検討したうえで選びたい手段の一つです。

2.不用品回収業者に頼む

お金を払って廃棄の際の労力をカットするのが不用品回収業者に頼むという方法です。頼めばすぐに回収してくれるという迅速性が強みですが、これにはごみの廃棄以上にお金がかかる可能性があります。

3.インターネットの活用

最近ではメルカリやヤフオク等、仲介業者を挟むことなく物品を販売するサービスが整っています。

もしもサービス終了品がそういったプラットフォーム上で高値で取引されているならば、そういったサービスを利用するのも一つの手ではないでしょうか。ただし、大量の終了品を一つ一つそういった取引をするのは手間に感じる方もいるかもしれません。

4.在庫品買取業者に頼む

最後にお勧めしたいのが、在庫品買取業者に買取を依頼するという方法です。在庫品の処分でお金を得られて、なおかつその売却の手間がかからないという利点があります。

業者に頼んで見積もってもらうだけで自分で出品する際の写真をとったりコメントを書いたりする手間が省けるのはうれしいですよね。

今回はレンタル終了品の処分についてお伝えしました。できればレンタル終了後の不要になったものもお金に代わる方がうれしいですよね。まずはお気軽に在庫品買取業者にお電話してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

決算の前に在庫を減らしたい!そのままにしておくとデメリットも?

在庫を決算前に減らしたいという方はいらっしゃいませんか?

実は放置している在庫はそれだけで会社に損失を与えている場合があります。決算前はやることが多く、在庫のことなんて気にしている暇はあまりないかもしれません。

事前に決算前に残っている在庫に関してはどうするかということを考えておくだけで意思決定を素早く無駄なく行うことができます。
今回は決算の前に在庫を減らしておくべき理由とその方法についてお伝えします。

・決算前に在庫が残っていることのデメリット

決算前の在庫によるデメリットは一言でいうと税です。その理由は企業に対して課せられる税の計算式にあります。決算の際の企業に課せられる税はその期にその企業が得た利益に対して課せられますが、その式は以下のような式によって算出されます。

利益=売上-(原価+経費)
売上原価=期首在庫+当期仕入高-期末在庫

一見するとわかりにくいかもしれませんが、期末在庫はこの式によれば多ければ多いほどその企業の利益の増加に繋がる計算になります。企業の利益につながると聞くとよいイメージを持たれるかもしれませんが、この利益はあくまでも税の計算上の利益にであることに注意してください。

実際には売れていないのでその会社に資することはない在庫が税の計算の際に利益の計算に含まれるため、在庫を多く持っておくことは結果的にその企業に対して課される税が上がってしまうことにつながるのです。

在庫が会社にとって不利益な存在になることをお分かりいただけたでしょうか。ではそういった在庫はどうすれば減らせるのでしょうか。

・在庫を減らす方法

1.予防する

まず重要なのは無駄な在庫が出ないように管理、予防することです。

なかなか片付かないような無駄な在庫(滞留在庫)が発生したら、すぐにその原因がどこにあるのかということを調べてその原因に対して一貫した対策を練りしっかりと実行することが重要です。

2.対処する

次に、今ある在庫に対しては在庫品買取業者に頼むのがおすすめです。会社が抱えている在庫に対して迅速かつ丁寧に買取を行ってくれます。また、ふつう捨てるだけなら労力やお金がかかりますが逆に在庫品買取業者に頼めばそれが会社の利益になるというのも大きな魅力です。

在庫品を決算前に処分することについてお伝えしました。
ただ放置しているのと、在庫品買取を利用するのでは増えた税の分と買取で得たお金の分でかなりの差が出てきます。あなたの会社の在庫はどうなっていますか?少し気を付けるだけで会社の収益率向上につながるかもしれません。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

滞留在庫が増える原因はどこにある?その原因を解明します!

滞留在庫がどうしても増えてしまうという悩みを抱えている業者の方はいらっしゃいませんか?
在庫が毎回残ってしまうのは、本当に大きな悩みですよね。

そこで今回この記事では、滞留在庫が溜まってしまう原因を説明します。
もし今、何も意識しないで在庫を発注していたら、是非以下のことを参考にしてみてくださいね。

■現在の状況

昔と今では、在庫を取り巻く状況は大きく変わってきています。

昔は、在庫管理に気をつかう必要はありませんでした。
なぜなら昔は需要>供給のバランスだったので、
作れば売れる、仕入れれば売れるという環境だったからです。


しかし、現在は、需要<供給で昔と全く逆の状況になってしまっています。

そのため昔のような在庫管理は一切通用しません。

昔のままの考え方でいると、会社の経営が厳しくなってしまう傾向があるので注意するようにしましょう。

■増える原因

1.たくさん買うと安くなるから

確かにたくさん一気にたくさん買うことによって、費用を安く済ませることができます。
しかし、何日あればすべて使い切ることができるでしょうか。
また、その期間の保管場所はどうすればいいのでしょうか。

物はなんでも劣化してしまいます。
長期保管によって品質の低下を招いている可能性があるので注意が必要です。

2.在庫の記録をとっていない

過去のデータは役に立たないと思っている方も多いかもしれませんが、それは大きな間違いです。

在庫分析をしっかりと行っていれば、そのような考えには至りません。
セブンイレブンやトヨタでもデータをしっかりとって、過去の傾向の分析を行っています。

未来のことは誰にもわかりませんが、過去のことなら誰でも確認することが

可能です。記録を管理するにあたって、1番大事なのが、入庫数と出庫数を記録することです。

これをしておくと在庫数をきちんと把握することができます。

3.勘で発注を行っている

勘で発注をしている理由として、以下の2つがあげられます。

・在庫数を把握していない

棚卸の時しか在庫を把握してない業者の方もいるのではないでしょうか。

・頼るものがない

発注する上で大事なのは、需要予測です。
余剰在庫=販売実績−需要予測となります。
需要予測は、過去の実績と市場調査から成り立っています。

■まとめ

今回は滞留在庫が溜まってしまう原因を紹介しました。
今回ご紹介したことを是非参考にして、在庫管理の改善に向けて役立ててみてください。
また弊社では、買取をおこなっています。
何か気になったことがございましたら、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

不良在庫を抱えているデメリットとは?処分方法をご紹介!

不良在庫がたくさんあって処分方法に困ってるという方はいませんか?
不良在庫は基本的に会社にとってはデメリットしかありません。
そのため早く処分することをおすすめします。

そこで今回は、不良在庫を抱えていることで生まれる具体的なデメリットや処分方法についてご紹介します。
是非参考にしてみてくださいね。

■不良在庫のデメリット

1.価値

商品は基本的に時間が経つのに比例してその価値が下がってしまいます。
もちろん、時間が経つのにつれて徐々に売れ出すということもあるかもしれませんが、それは非常に稀なケースです。

2.ビジネスチャンス

不良在庫をたくさん抱えている場合、不調在庫を会社の倉庫などで管理を行っていると思います。

それらの在庫は、売れ筋の商品の在庫はもちろんのこと、新たに売れる商品や製品の在庫の保管場所を塞いでしまっているのではないでしょうか。
不良在庫を抱えていると会社のお金の流れも悪くなってしまいます。
このことはビジネスチャンスを逃してしまっているとも言えるでしょう。

3.経費

在庫商品の管理だけでも人件費や在庫スペースがかかり、会社にとってはなにもメリットがありません。

■処分方法

1.期限を決めて売る

まずは期限をしっかりと決めて売り切ることを優先していきましょう。
通常の販売とは違って値段の再設定を行い、期間をしっかり決めてできるだけ短期間で売り切れるように販売を行うようにしましょう。

2.買取

期限を決めても売り切ることができなかった場合は、不良在庫として買取処分を考えましょう。
売れないものを買取にだせるのかどうか疑問に思う方もいるかもしれませんが、不良在庫の買取を行っている業者はたくさんあるのでご安心ください。

3.現金化

買取を行ってくれるショップや業者では、独自の販売ルートがあるため不良在庫であったとしても新たなユーザーを見つけ出し、利益を生み出す仕組みがしっかり整っています。
そのため無料で処分するのではなく、できるだけ現金化できるかどうかを考えましょう。

■破棄

売り切れず、買取をしてもらえなかった場合は破棄をするしか選択肢がありません。
利益の出ない商品を持ち続けていても会社にとってはデメリットでしかありません。
長い期間眠らせるのではなく、潔く破棄してしまったほうがその後に繋がります。

■まとめ

今回は不良在庫を抱えているデメリットと処分方法についてご紹介しました。
会社にメリットをもたらすためにも、早期に不良在庫の処分をすることをおすすめします。

カテゴリー: 未分類 | コメントする