滞留在庫をこれ以上溜めない!対策の考え方をお伝えします。

滞留在庫にお困りの方はいらっしゃいませんか?売れ残りや返品が積み重なってできる滞留在庫は決算時の税にも影響があり、スペースもかなり消費する厄介な存在ですよね。

できれば溜めないように普段から対策を立てて実行しておきたいものです。では滞留在庫を溜めないための対策にはどういったものがあるでしょうか。

今回は、滞留在庫を予防するためにとっておきたい対策についてお伝えします。

・滞留在庫を溜めない対策

1.PDCAを回す

失敗から成功は生まれるとはよく言ったものです。滞留在庫が発生したときには、その条件や原因をしっかりと把握し、それに対して対策を立て、またその経過を観察して次の計画を立てるということが重要です。

Plan→Do→Check→Action→Plan…といったような順番でご自身の行った施策や対策がどういった効果を持ったのかということをしっかりと次の対策に反映してグレードアップしていくことでより有効な対策を打つことにつながり、滞留在庫の減少につながります。

2.原因をしっかりと把握する

今滞留在庫が発生している原因は何でしょうか。お客様からの返品が多いのかもしれませんし、売れない商品を次々と作り出しているからかもしれません。

ある程度溜まっている滞留在庫を種類別に分類してどんなものが滞留在庫になっているのかを定量的に把握できれば、そこから原因に近づくことができるかもしれません。

なんとなく返品が多そうだなぁというような実感を数的な根拠に基づかせることで、より実効性の高い対策を打つことができます。

3.倉庫を頻繁に掃除する

具体的にとることのできる施策として倉庫の掃除が挙げられます。というのも、滞留在庫は奥のほうにたまりこんでいることが多く視覚的に認識できていないためその問題自体を見落としている可能性があるからです。

倉庫の掃除をすることで、滞留在庫がどれくらいあってどれほどのスペースを無駄にしているかということが把握できるため、問題意識をもって解決に当たることができるのではないでしょうか。

以上、滞留在庫の対策についてお伝えしました。滞留在庫と一口にいっても問題の原因は様々です。今回は問題解決の際の指針としての対策法をお伝えしましたので、具体的な解決法を考える際の参考にしていただければ幸いです。

また、今ある滞留在庫は在庫買取業者に依頼することをお勧めします。白石商事ではお客様の滞留在庫をプロのスタッフが誠心誠意買取させていただきます。

滞留在庫にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です