返品在庫を減らすための対策とは?返品を未然に防ぐ方法と在庫処理方法

企業様や個人事業主様で、返品される在庫に悩んでいる方々も少なくないと思います。商品を作り販売していくなかで、不備があり商品に欠陥がでてしまうことを完全になくしてしまうことは不可能でしょう。

また、例え商品に不備がなくても、「イメージと違った」「他に似たようなものを買っていた」などの購入者側の問題であることも多いはずです。商品が返品されてしまうと、その商品である会社のイメージも落ちてしまう可能性があることも否めません。

商品を生産もしくは販売される方には、販売時点での返品を減

らす工夫と返品がでてしまった際の適切な対応のどちらも不可欠でしょう。
そこで今回は、こういったお悩みに対する解決方法を、「返品される前」と「返品される後」で分けてご紹介します。

 

[返品されることを減らす]

返品が起こってしまう原因の一つとして、購入前の商品のイメージと、購入後の商品イメージが異なるということがあります。

セールスする際に、販売することを意識するあまり、その商品に対するニーズが全然ない人にまで商品を販売してしまい、結果的に諸所の手間がかさみ不利益になってしまうケースが多々あります。

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、服を販売しているとします。その服はしっかりと購入者のニーズに合うか確認するために試着を勧めることや、色をしっかり確認してもらうことが必要です。その他にも、セールスをする段階でお客様の要望をしっかり理解することが大事でしょう。

[在庫をうまく処理する]

返品在庫を減らす工夫はできるものの、商品が返品されることが完全になくなってしまうことはないでしょう。やはり、不備や欠陥はどうしても発生してしまうものです。よって、返品されない工夫をするのも肝心ですが、返品された在庫をうまく処理する方法も大切です。

その一つの方法として、在庫の買い取り業者に売ることがオススメされます。在庫買い取り業者であれば、たくさんの販路を持っているので再販売することが比較的容易なので、高めの価格で買い取ってくれることがあります。

また、再販売の際の自社のブランドイメージが気になる方々もいらっしゃるでしょう。そういう方々のために、海外に複数の販路を持っている業者もあります。そのような業者に買い取ってもらい、ブランドイメージを壊したくないと相談することがおすすめです。

以上、返品在庫を減らすための対策を、返品される前と後に分けてご紹介しました。返品されないように、購入者のニーズにあった商品提案をすることが必要です。

そして、返品された後の返品在庫を減らす方法としては在庫買い取り業者に売却する方法があります。今回の内容を参考に、返品在庫を減らす対策をしてみてはいかがでしょうか?

カテゴリー: 未分類   パーマリンク