滞留在庫を溜めるデメリットとは?会社を圧迫する2つの要因を紹介

「自分の会社の滞留在庫が溜まってしまって困っている」「溜まってしまった返品商品を処分したい」「いつか売れるかもと置いてた商品が、いつまでも売れない…このまま置いていてもいいのか」などといった、様々な理由で在庫の処分をお悩みではありませんか?

滞留在庫を溜めてしまうことは事業にとって非常に大きなダメージとなります。滞留在庫を溜めてしまうことのわかりやすいデメリットとしては、コストの面で倉庫や人件費などの費用がかさばってしまうということがあります。

しかし、デメリットはそれだけではありません。ここでは、滞留在庫が会社を圧迫する要因について詳しくご説明していきます。

[キャッシュフローの悪化]

企業や会社にとってキャッシュフローは、大まかに「出て行くお金」と「入ってくるお金」の二つに分けて考えることができます。

「出て行くお金」は人件費や事業運営費などその他の会社に必要な諸費用のことです。もちろん在庫にある商品を買ったり、また管理したりするお金も「出て行くお金」です。

一方で「入ってくるお金」は会社が出した収益です。商品やサービスを消費者に売って初めて収益が発生します。商品は在庫にある間は、ただの「出て行くお金」の要因です。滞留在庫を溜めておくことで、キャッシュフローを悪化させるのです。

例えば、一見、去年より収益(「入ってくるお金」)を上げている場合でも、「出て行くお金」も同時に多く、実際のところ会社の経営は去年より悪化している場合もあります。

[商品の劣化・陳腐化]

生鮮食品はもちろんですがその他すべての食品には消費期限があります。在庫を滞留させ、商品として売りに出さなければ、食品は商品として会社のお金に変えることができません。

また、食品に限らず、例えば服飾商品などであれば、流行りや廃りがあるので一定期間を過ぎると商品として売りに出せないことはないにしても、価値は大幅に下落するでしょう。

以上、滞留在庫を溜めることによって起こる会社へのダメージについて2つご説明しました。一つはキャッシュフローが悪くなり、業績が悪化してしまうことです。さらには、倉庫に滞留しておくことによって商品として使えなくなるものや価値が大きく下がってしまうものもあります。

この機会に、「いつか売れるかもしれない…」と処分ができていなかった滞留在庫について見直してみてはいかがでしょうか。

在庫買い取り業者に買取を依頼すると、滞留在庫を一度にすっきりと処分することができます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク