小売店が倒産|在庫の賢い処分の方法について3つ紹介

小売店を所有している、または小売店を経営していたが、その小売店が倒産してしまって売れ残った在庫の処分方法に困っている方はいらっしゃいませんか。

販売する店舗が無くなってしまった場合には、その残ってしまった在庫を処分する方法は何があるのでしょうか?

今回はこのような状況でお悩みの方へ、売れなくなってしまった在庫をどのように処分するのか、その方法についてご紹介したいと思います。

[知り合いに引き渡す]

売れ残ってしまった在庫を知り合いに引き渡すのも、在庫を処分する一つの手段です。特に商品が生活必需品や消耗品の場合は多くの方に喜んで受け取ってもらえる可能性が高いです。

余った在庫を材料や商品として有効活用してくれそうな同業者や経営者の知り合いがいらっしゃる場合は、在庫が再び商業の場で日の目を見ることのできる可能性があります。

[廃棄する]

どうしても引き取り手が見つからないような商品は、廃棄してしまうことも選択肢となります。いつか売り渡そうとして商品を保管しておくにも、場所の維持費や商品のメンテナンス費用など、相当なコストがかかってきます。

そうなると、保管することでむしろマイナス効果を生みかねません。早めに決断をしてしまい廃棄してしまう方が良い場合もあるのです。

[在庫買取会社に買い取ってもらう]

最後に紹介したい売れ残った商品在庫の処分方法は、在庫買取業者に

買い取ってもらうことです。在庫買取業者であれば、有料で売れ残った在庫を買いとってもらうことも可能です。業者によっては、たくさんの再販売経路を持っているところも

あるので、そういった業者に委託すれば比較的高価な価格で買ってくれるでしょう。

また、自ら独自のブランドとして生産した商品のブランド価値を傷つけたくない人であれば、その旨を業者に相談し商品のブランドイメージを傷つけないための工夫をしてもらうことが可能です。

例えば、再販販売先を海外にしてもらうことや、インターネットで販売する際は商品名やメーカー名を隠して販売するというようなものです。

以上、小売店が倒産してしまい、在庫が溜まってしまっている方へ向けてそれら商品の処分の仕方について3つご紹介しました。

まず一つに、知り合いに譲るといった手段がありました。

次に、廃棄するという手段、そして、在庫買取業者に買い取ってもらうと言う手段です。

上述したことを参考に在庫をうまく処分していただけると幸いです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です