在庫管理におけるABC分析とは?メリットまで詳しく解説します!

「ABC分析って聞いたことあるけど、実際はよくわからない!」
「ABC分析をすることはどんなメリットがあるの?」

このような疑問やお悩みを抱えてはいませんか?
売り上げや利益の最大化を目指す上では在庫管理をすることは必須だと言われることが多いですが、その為には様々な指標や分析方法を基に適正在庫を予測していかなければなりません。
しかし、具体的にはどのような方法で適正在庫を判断するのかわからない方も多いと思います。
そこで今回は商品の売り上げに関する基本的な分析方法であるABC分析についてメリットまで解説していきます。

□ABC分析とは?

ABC分析とは重点分析とも呼ばれており、売り上げや利益に対する貢献度で商品をA、B、Cの3つのカテゴリーに分類するという分析方法です。
具体的にカテゴリーの内容を解説していきます。

*Aグループ

Aグループには全体の売り上げの7割を占める商品が分類されます。
Aグループは売り上げに対する貢献度が非常に高いため、欠品や品切れが発生しないように常に在庫を確保しておく必要があります。
またその商品と顧客の関係性を維持し続けなければなりません。

*Bグループ

Bグループには全体の売り上げの2割を占める商品が分類されます。
Bグループの商品は、効率的な在庫管理を図るために在庫切れのタイミングを適切に予測して発注することが大切です。
また、商品と顧客の関係をより密接にすることができればAグループへと上げることも可能です。

*Cグループ

Cグループには全体の売り上げの1割を占める商品が分類されます。
Cグループの商品はAやBに比べて需要がかなり少ないため、必要最低限の在庫数、保管スペースを判断する必要があります。
商品の需要が著しく少ないという判断に至った場合は、その商品の取り扱いについて考えなければなりません。

 

□ABC分析のメリット

ABC分析を行うことでどのようなメリットがあるのでしょうか。

*汎用性の高さ

ABC分析は上位の項目から順にピックアップしていく分析方法であるため、メリットとしては数値化されているデータであれば、なんでも分析できるという使い勝手が良い点にあります。
またその利便性から、在庫管理のみならず、顧客、販売、品質管理など他の分野にも応用を効かせることができます。

*売れ筋の商品が一目でわかる

ABC分析によって売れ筋の商品や不人気な商品を判別することができるため、適切な在庫管理や商品陳列に関する明確な判断基準を持つことができます。

 

 

□まとめ

今回はABC分析とはなにかという点とメリットについて解説しました。
ABC分析とは売り上げに対する貢献度で商品をA、B、Cのグループに分類する分析方法です。
ABC分析のメリットとしては

・汎用性の高さ
・売れ筋、死に筋の商品を把握できる

というメリットが挙げられます。
当社では在庫の買い取りサービスも提供しておりますので、もし在庫管理に関して何かお悩みでしたらぜひ当社にご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です