経営者の方必見|在庫品が経営に与える影響について解説!

「在庫品を持つことは悪いことなの?」
「在庫品と経営って関係あるの?」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
今回は、そんな方向けに在庫品が経営に与える影響について詳しく解説します。

□在庫がもたらすメリット

ここでは、在庫が与える影響をメリットとデメリットで紹介します。

*注文に対応できる

在庫品を十分に保持していると急激に需要が上がり、注文が殺到したとしても対応できます。
仮に商品に欠損が生じたとしても在庫があれば、すぐに代替品を用意することができます。
対応が早くなればなるほど、クライアントの満足度は上がるため、リピーターになってくれる可能性が高くなります。
つまり、在庫をたくさん抱えることによって本来売り上げるはずだった機会を逃すことがなくなるので良いでしょう。

*コスト削減

たくさんの在庫を一括で管理することで、手間やコストを減らせる場合があります。
何回かに分けて商品を発注するよりも、一度にたくさんする方が手間を省けますし、移動費用や管理費用も抑えられるのでオススメです。

□在庫がもたらすデメリット

*税金がかかる

意外と知らない方が多いですが、在庫には税金が課せられます。
在庫を抱えすぎて、毎月思いがけない額の税金を課されるケースがよくあります。
必要な在庫と不必要な在庫をしっかりと見極めて管理することが大切です。

*商品価値が下がる

想定していたより売れ行きが悪く、在庫を抱えすぎてしまうと時間の経過とともに商品は劣化して価値が下がってしまいます。
特に食品関連の商品は、劣化するスピードが速いので注意が必要です。
また、劣化を伴わない商品でも時間が経過すると、性能が良い新商品が出たり、トレンドが変わったりするため商品自体の価値が下がることがあります。

*効率の良い管理が求められる

メリットとしてコスト削減を紹介しましたが、効率の良い管理をしないと逆に手間やコストがかかってしまう場合があります。
在庫を多く抱える際は、保管するスペースが必要になり、コストが増えます。
また、保管スペースが大きくなれば、商品を入れ替える時に時間がかかります。
これらのことから、効率の良い在庫管理をしなければかえってコストがかかるので注意してください。

□まとめ

今回は、在庫が経営に与える影響について詳しく解説しました。
在庫にはメリットがあればデメリットもあるので、上手に自己管理することが安定した経営につながります。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です