チェックするポイントはこれだ!在庫品を管理する方法を徹底解説!

「在庫品の管理方法について知りたいな」

このような要望に応えます。
何か「もの」を売る場合、在庫品を適切に管理することは売上の向上に影響を与えます。
しかし、なんとなく在庫品を管理しているだけでは、在庫数の過不足が発生してしまうこともあります。
そこで今回は、適切な在庫管理について知りたい方に向けて、企業の経営成績を左右する在庫管理の方法について解説します。

□在庫管理表を作る

在庫を管理するのであれば、エクセルで在庫管理表を作成しましょう。
在庫管理表を作る際の方法は、「何がいくつあるのか」という情報を書き込むことと、「在庫数=入庫数-出庫数」で計算をすることです。
在庫管理をするうえで最も大切なのは、何がいくつあるのかをしっかりとチェックをするということです。
そのため品物(何)と数量(いくつ)は最優先に確認するようにしましょう。
また、在庫数は「入庫-出庫」で決まります。
そのため、入庫と出庫の数値が変動した際には忘れずに記録しておきましょう。
そうすることで、正しく在庫品を管理できます。

□ロケーション管理を行う

*ロケーション管理とは

ものがたくさんあると、倉庫内をあちこちと探さなければなりません。
ロケーションとは、倉庫内の保管場所を表す住所のことで、商品にそれぞれロケーション番号を付けて管理する方法をロケーション管理と言います。
ロケーション管理には、固定ロケーションとフリーロケーションがあります。

*固定ロケーション

固定ロケーションとは、それぞれの在庫に置き場を決める管理法です。
どこに何があるかが一目瞭然でわかります。
ただ、場所が空いていても、他のものを置けないため、柔軟性には欠けます。
固定ロケーションは中小企業向きの方法です。

 

*フリーロケーション

フリーロケーションとは、在庫に置き場を決めず、空いている場所に置く管理法です。
より多くのものが保管できますが、どこに何があるのかを確認するのに手間がかかってしまいます。
フリーロケーションはアパレルなどの入れ替わりの激しい業界向きの方法です。

 

 

 

 

□まとめ

今回は在庫管理の方法について解説しました。
適切な在庫管理を行うには、「何がいくつあるのか」という情報を書き込むことと、「在庫数=入庫数-出庫数」で計算することの2点を意識して在庫管理表を作ることが大切です。
当社では法人・個人事業主向けに在庫商品の買取査定を行っています。
もし不明点などあれば、お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です