在庫を溜めないで済むABC分析について解説します!

皆さんはABC分析についてご存知ですか?
ABC分析が分かっていれば、より効率的に在庫管理を行うことができます。
そこで今回はABC分析とはどのようなもので、どのように生かせばいいのかをお話していきます。
在庫を溜めないためにも、在庫に悩んでいる小売業者の方はぜひ参考にしてみてください。

□ABC分析とは

ABC分析とは、在庫をある基準によって3つに分類して、それぞれの特性にあった管理をするために行う分析です。
重点分析などと呼ばれることもあります。
特に多品種の商品を取り扱う会社に効果的で、これを行うことでどの商品を発注すればいいのかが分かり、在庫管理を効率化させることができます。

□分析の方法

まずは在庫を金額によってAグループ、Bグループ、Cグループに分類します。
今回は金額の大きさによって分類する方法をご紹介しますが、他にも粗利額などによって分類する方法もあります。
分類の割合に関して正式な決まりはありませんが、Aグループを10%、Bグループを20%、Cグループを70%という風に分類することが多いです。

*Aグループに属する商品の特徴

Aグループの品目数は全体の10%ほどですが、金額の大きさに関しては全体の60%~70%を占めます。
主力商品となるため、的確な販売予測を立てて適宜発注を行い、細かく在庫管理を行う必要があります。

*Cグループに属する商品の特徴

Cグループの品目数は全体の70%ほどですが、金額の大きさに関しては全体の10%程を占めます。
あまり売れる商品ではないので、在庫を減らして管理の手間を省くようにしましょう。
あまりにも売れないものは取り扱いをやめることも検討しましょう。

*Bグループに属する商品の特徴

Bグループの品目数は全体の20%ほどで、金額の大きさに関しては全体の20%程を占めます。
AとCの中間の管理を行います。

ABC分析をしたら在庫管理を行いましょう。
その際に、売れない在庫が出てきた場合は在庫処分を検討する必要があります。
在庫処分をする際は買取業者に買い取りを依頼することで、手間をかけずに処分することができるので、一度チェックしてみてください。

□まとめ

今回はABC分析とはどのようなもので、どのように生かせばいいのかをお話してきました。
在庫を溜めないためにはABC分析をして効率的に在庫管理をすることが求められます。
もし在庫が溜まってきた場合は買取業者に在庫を買い取ってもらうことができます。
在庫を溜めないようにしたいと考えている小売業者の方はぜひお役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です