不良在庫に関する節税対策についてご紹介します!

皆さんは在庫に関してどのような節税対策を行っていますか?
在庫を持つことは品切れを防いだりするメリットがありますが、その一方で不良在庫を持ちすぎてしまうと、管理にコストがかかるだけでなく、多くの税金が発生してきてしまいます。

そこで今回は在庫に関しての節税対策をいくつかご紹介していきます。
増える不良在庫に悩んでいる小売業者の方はぜひ参考にしてみてください。

□在庫の節税対策について

税金は利益の発生に伴ってかかってくるため、税金を減らすには在庫を減らすことが重要です。
在庫を減らすことによって期末棚卸高が少なくなります。
それによって売り上げ原価が増えるので、利益が少なくなり、結果として税金が少なくなります。

そのため、税金を減らすためには在庫を減らすようにしましょう。

□具体的な方法とは?

*見切り品として処分

セールを行い価格を下げて在庫を処分するという方法です。
価格を下げて売ってしまうことで現金が手に入るので、会社の資金繰りにもプラスの効果が期待できます。
また、セールでの売れ行きを上げる方法として、どのくらいの値下げをしたのかを分かりやすく記載するというものがあるのでお試しください。

*在庫の評価を見直す

在庫は一定の条件を満たせば評価減が認められています。
在庫の評価減は棚卸資産評価損として計上することができるため、節税対策になります。
その条件とは、
・災害による損傷
・季節商品のため今後売れる可能性が低いもの
・形式や性能、品質が著しく異なる新商品の発売により今後通常の価額で売れないもの
・破損、型崩れ、棚ざらし、品質変化等により通常の方法で売れないもの
といったものがあります。
このような条件に当てはまるものがないか、一度自分の在庫を確認してみましょう。

*廃棄処分

上記二つの方法がダメだった場合は廃棄処分するというのも一つの手です。廃棄処分を行うことは廃棄に際してのコストがかかったり、環境へ負荷をかけることにもなってしまうためデメリットもありますが、廃棄損として計上することができます。

□まとめ

今回は在庫に関しての節税対策をいくつか紹介してきました。
税金を減らすためには、在庫を減らすことが重要であるということでしたね。

在庫を多く抱えてしまうと、管理費も税金もかかってしまい、経営を圧迫する原因になってしまいます。
増える不良在庫に悩んでいる小売業者の方は、ぜひお役立てください。
また、当社でも在庫の買取を承っておりますので、検討される方はご連絡ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です