個人事業主が在庫を溜めないための注意点についてご紹介します

皆さんは、在庫を溜めないためにどのような方法があるかご存知でしょうか。
在庫を溜めてしまうことで、税金や管理費が多くかかってしまい、
経営を圧迫する原因の一つになってしまいます。


そこで今回は、在庫が溜まるのを防ぐためにはどのような方法があるのかについてお話していきます。在庫管理に悩んでいる個人事業主の方はぜひ参考にしてみてください。

□仕入れ量・生産量の見直し

在庫が溜まってしまう大きな原因の一つとして、仕入れ量が需要よりも多いということが挙げられます。
売れるかな、というような考えで大量に仕入れてしまい、結局あまり売れず、滞留在庫となってしまうことが多いです。
そのため、様々なところから情報収集をして、市場のトレンドや消費者が求めているものを見極めて、適切な量を仕入れるということが重要です。また、現時点でどのようなものが在庫になっているかを確認して、なぜ売れなかったのかということを分析するということも大切です。
そのため定期的に倉庫に行って歩き回り、在庫を自分の目で確認するようにしましょう。

□販売価格の見直し

消費者の感覚よりも高すぎる販売価格で売り出している場合は、売れるまでに時間がかかりすぎるため在庫が溜まっていく原因になってしまいます。
在庫を長く持ちすぎると管理にコストがかかるだけでなく、時間とともに商品価値が下がってしまいます。
販売価格を下げることで一つひとつの利益は減っていしまいますが、仕入れと販売のサイクルが早まり、全体的にはプラスに働きます。

□在庫処分

もう売れなくなってしまったものは、セールやアウトレットなどで在庫処分をするという方法もあります。
売れない在庫を持っているだけでは、管理費や税金などで経営が圧迫するため、思い切って在庫処分を行うというのも一つの手です。
また買い取り業者に買い取ってもらうという方法もあります。
セールやアウトレットなどで価格をかなり下げて売ってしまうとブランドイメージを低下させる原因にもなってしまいますが、海外輸出などで国内に再流通しないようにしてくれる買い取り業者もあるのでおすすめです。

□まとめ

今回は在庫が溜まるのを防ぐためにはどのような方法があるのかについてお話してきました。
在庫を溜めないためには仕入れ量や販売価格を見直したり、定期的に在庫処分を行うという方法がある、ということをご紹介しました。
皆さんも在庫が溜まらないように、様々な方法をお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です