在庫を置くメリットやデメリットは何?買取についてもご紹介

在庫品は置いておいたほうがいいのか、そうではないのか、気になったことはありませんか?

確かに、また商品を売るかもしれないので、在庫品を保管しておきたいと考えることができます。
一方、在庫品を置いてしまうと維持費や管理費がかかり損をしてしまうので、早く処分するべきだとも考えられますよね。

そこで今回は、在庫を置くメリットとデメリットをご紹介いたします。

 

□在庫のメリット

在庫を置いておくことのメリットは、次のものが挙げられます。

*販売機会のロスの減少

商品の在庫があれば、再度販売することが可能です。
つまり、もし、品切れや商品に不具合があった場合、すぐに在庫を使って対応することができます。
また、市場の需要が拡大したときも、在庫を使って売ることができます。
利益を得る大きなチャンスでもあるため、販売の機会を逃すことがなくなります。

*顧客への安心感

商品が多くあることは、お店の陳列棚にたくさん品物を並べることができるということです。
そのため、顧客は現物を見てすぐに購入できるので、安心感を得られることになるのです。
また、同じものを複数個購入することもできます。
品切れになる心配もないので、ここでも販売の機会を失うことがなくなると同時に、顧客の皆様にまだ買えると思わせることができます。

販売し続けられることが、在庫の大きな特徴だと言えます。

□在庫のデメリット

在庫を溜めてしまうと、次のようなデメリットが生まれます。

*保管場所の維持、管理の負担

在庫があることは、保管場所に長期的に保存することでもあります。

このとき、商品の質を落とさないように保管場所を維持することが重要となります。
温度や湿度の調整など、細やかな配慮をしながら在庫管理をする必要があるのです。
また、保管場所を管理する担当者や輸送担当者も配置しなければいけま

せん。

このように、保管場所の維持費と管理費、人件費、輸送費といったものが必要となるのです。
無駄な出費が出てしまうことが、在庫のデメリットだと言えます。

*商品価値の低下

商品を長く保管しておくことは、販売価格を低下させて商品の質も下げることでもあります。つまり、商品の価値がなくなっていくということです。
このようになってしまっては、値下げをして販売するか、廃棄するしかありません。
仕入れた分を補えず、かえって損を生み出してしまう結果となるのです。

□在庫が増えすぎたらどうする?

在庫を持つことのデメリットの対処法として、値下げ販売をするほかに、買取業者に依頼することが挙げられます。
これは、業者に商品を買い取ってもらい、転売してもらうやり方です。
これをすることで、在庫処理の手間が省け、転売によって新たな利益を得る可能性が高くなるのです。

 

□おわり

このように、在庫品を保管するメリットとデメリットをご紹介いたしました。
会社経営をしていくうえで、在庫品を溜めすぎないことは重要であると分かりますね。
もし、在庫品の処理方法として買取をお考えの方は、是非弊社までお問い合わせください。
あなたからのご依頼をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です