誤発注したときの在庫処分の方法とは?買取についてもご紹介

商品を仕入れるなかで、誤発注をしてしまった経験はありませんか?
もし、必要分を大きく上回る発注をしてしまうと、売り捌くことが困難になり、商品価値は大幅に下がってしまいます。
廃棄するにしても、大きな損害を生みだしてしまうため、できれば避けたいところです。

では、誤発注して余ってしまった在庫品を処理するには、廃棄や通常の販売の他に方法はあるのでしょうか?
今回は、大量に余った在庫処理方法をご紹介いたします。

 

□余剰在庫の処分方法

誤発注してしまったときの、大量の在庫品はどのようにして処理すればいいのでしょうか?
その方法は、次のものが挙げられます。

*セールの開催

まず、在庫品を一掃して売るためにセールを開催する方法があります。
例えば、決算セールや安売りセールのようなものです。
セールを行うメリットは、在庫品を削減できる他に、他の商品を買う効果があることです。
消費者側は、安価で商品をたくさん購入できます。
また、企業側は、在庫品が削減するだけではなく、在庫品が売れたら他の商品を陳列できるので、スピーディーな在庫回転が可能になります。
企業によっては、ネット販売をするところもあります。
様々な方法で、タイミングの良い時期にセールを行えば、在庫削減ができるのです。

*アウトレット販売

セールの他に、アウトレットがあります。
通常価格では売れない商品を、安くして販売する手法です。
商品に傷がついていたり、賞味期限が近い食料品といったものを売る「リテール・アウトレット」を行うことができます。
さらに、工場から直通させて販売する「ファクトリー・アウトレット」もあります。
これは、安価で売れる他に運送費を抑えることができます。
現在は、大手モールもたくさん開催しているため、注目の在庫削減手法となっています。

*業者による買取

セールやアウトレット開催の手間がかかり不便だという方には、業者による買取がおすすめです。
買取業者に依頼をして、実際に買い取ったあとは再販売される手法です。他の方法では、消費者に売れるまで在庫を保持しなくてはいけませんが、業者による買取ではその場で一括で処分できることが最大のメリットでしょう。
さらに、早急な対応を持って手続きを行うため、急遽決算前に誤発注してしまった方も在庫処分ができます。

□おわり

以上、誤発注してしまったときの在庫処理方法をご説明いたしました。
その他にも、処理方法はたくさんあるので、気になる方はいつでも弊社までお問合せください。

白石商事では、在庫品の買取を行っております。
もしご興味がありましたら、ぜひ一度弊社までお問い合せください。
あなたからのご依頼をお待ちしております。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です