滞留在庫がキャッシュフローに与える影響とは?

滞留在庫がキャッシュフローに悪影響を与えることを知っていましたか?
中小企業にとってキャッシュフローを意識した経営を行うことは、企業の信頼を高めることにつながります。
今回は在庫を溜めることがキャッシュフローに与える影響について解説していきます。

□キャッシュフローとは?

キャッシュフローとは一定期間内の会社の現金収支のことを意味します。
資金が流出することをキャッシュアウトフロー、資金が流入することをキャッシュインフローと言います。

これら2つを合わせたものがキャッシュフローと呼ばれます。
会社の状態を知りたいと考えた時に、利益のみをみて判断するのではお金の流れはわかりません。
お金の流れから状況を知るのにキャッシュフローは参考にすることができます。
そこで活躍するのがキャッシュフローの考え方です。

□黒字なのに倒産?キャッシュフロー経営

滞留在庫は最悪の場合、会社の倒産につながる可能性があります。
たとえ利益では会社の黒字であったとしても、です。
「黒字倒産ってどう言うこと?」
と言う方のために解説していきます。

会社は商品を仕入れ、販売することで利益を得ますが仕入れから販売までにはラグがあります。
現金の流れを想像してみましょう。
仕入れ時に現金を支払っているのですからキャッシュアウトフローは増加します。
ですが、滞留在庫は現金化されていないためキャッシュインフローは0です。
そのため在庫が保管されている間はキャッシュフロー全体ではマイナスなのです。

利益がマイナスでも会社は存続できますが、支払える現金がなくなれば会社は倒産します。

□最も必要なのは在庫管理

在庫の管理や削減をするだけでキャッシュフローは改善されます。
キャッシュフローを改善し、現金収支を意識した会社経営を行うことで、会社が使えるお金も増え、より良い経営につながるのではないでしょうか?

在庫削減の方法はいくつかありますが、中でも買取業者に委託してみてはいかがでしょうか?
白石商事では幅広いジャンルの品物を買い取っています。
滞留在庫でお悩みならぜひお気軽にご相談ください。

□おわりに

滞留在庫とキャッシュフローの関係について解説しましたがいかがだったでしょうか?
事業資金が潤沢ではない企業にとって、キャッシュフローを意識することは大変重要なことです。
過剰な在庫はキャッシュフローを悪化させるため注意しましょう。
ぜひこの記事を参考にしていただき在庫管理にお役立てくだてください。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です