これだけは知っておきたい!在庫処分と税金の関係

会社の所得には税金がかかります。
しかし、期末在庫にも実は税金が必要なのです。
期末在庫は少ない方が良いと言うのは皆さんなんとなく分かっておられると思うのですが、ぜひこの機会に少し詳しく知っておきましょう。
今回は在庫処分と税金の関係について解説していきます。

□在庫と税金の関係

では、税金はどのように算出されるのでしょうか?
税金を算出するのに必要な「売上総利益」について整理してみましょう。
売上総利益は、売上から売上原価を差し引いたものになります。
売上原価は仕入れ高と期首在庫を足したものから期末在庫を差し引いたものになります。
つまり、期末在庫が多いほど売上原価は低くなります。
よって、売上総利益も高くなり税金が増えます。

まとめると下記のようになります。
商品が売れない→売上原価は減る→利益は増える

税金は利益に税率をかけたものですから在庫が多いほど税金は増えます。
しかし商品自体は売れていないため会社の現金はありません。

期末在庫が増えるとこの悪循環に陥る可能性があるため避けたいところです。

よく企業が決算セールを行いますが、これは売れない在庫を処分して節税するために行なっているのです。
売れない商品を持っていても時間とともに商品価値は低下していきますから仕入れた価格を割ってしまう可能性もあります。

持ち続けて損をするくらいなら決算期前に思い切って処分することで損切りするということが作戦なのです。

□在庫処分を徹底しましょう

上記のことから決算期末には余分な在庫は処分した方が良いと言えるでしょう。
在庫が全て売れれば良いのですが、売れる見込みのない在庫が多くを占めていると、無駄に税金を払わなくてはならないことになります。

そのほかにも、在庫は抱えているだけで管理費が必要になります。多すぎる在庫はそれだけで会社の経営を圧迫しかねません。
今一度在庫管理、削減を徹底して経営の向上につとめましょう。

*在庫処分には業者委託がオススメ

決算期の在庫処分にはいくつか方法がありますが、買取業者に依頼してみてはいかがでしょうか?
廃棄や販売の手間が省けますし、買取商品の幅も広いためオススメです。

□おわりに

以上、在庫処分と税金の関係について解説しました。
期末在庫と税金の関係は意外と気がつかないリスクです。
少しずつ処分していって、現金化するのが良いと言えるでしょう。
白石商事は在庫買取を専門に行っております。
在庫処分にお困りならぜひ弊社へご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です