不良在庫を出さないための3つの対策方法|改善のポイントを紹介

経営をされている方の中には

「不良在庫が多くなってしまって、経営を圧迫している」

と不良在庫の対応に悩まれている方も多いのではないでしょうか?

不良在庫を出さないためには、様々な対策が必要です。
経営を安定させるためにも、不良在庫の対処方法を考えることが重要です。

今回は、どのようにすれば不良在庫を出さないようにできるのか、不良在庫を出さないための3つの方法をご紹介します。

□不良在庫を出さないための3つの対策方法

不良在庫を出さないための対策方法として、「適正在庫を保つ」「在庫削減に務める」「在庫回転率を高める」という3つの対策方法があります。
それぞれについて、解説していきます。

*適正在庫を保つ

適正在庫を保つとは、経営状態に適した量の在庫を持つということです。完全に人力で行うか、大量の在庫でも比較的簡単に管理できる在庫管理システムを導入するといった方法が考えられます。

在庫管理システムを導入するには多少のハードルがありますが、不良在庫を抱えて経営を圧迫してしまうよりも、小さな負担で導入できます。

*在庫削減に努める

不良在庫を抱えてしまわないためには、「在庫削減に努める」つまり「在庫を減らそうとする気持ちを常に持つ」ということが大切です。
在庫が多くなりすぎないようにするには、どうすればいいのか、常に思考を巡らせましょう。

在庫を減らせば、本当は得られたかもしれない利益が失われるのではないか、と考えてしまいがちです。
在庫を管理するための費用や、売れないかもしれないというリスクを考慮して、仕入れる在庫の量を慎重に調節していく必要があります。

*在庫回転率を高める

在庫回転率とは、一定期間にどのくらい回数、在庫が販売されたのかを表す指標のことを指します。
在庫回転率が高ければ高いほど、在庫が売れていくスピードが速いということです。
不良在庫を抱えてしまわないように、在庫回転率を高めていく必要があります。

ですが、在庫回転率が高すぎると、品切れになる可能性が高まるので、売れ行きをみて、慎重に仕入れを行なっていく必要があります。

□不良在庫をなくして、効率の良い経営を

今回は、どのようにすれば不良在庫を出さないようにできるのか、不良在庫を出さないための3つの方法をご紹介しました。

品切れによる機会損失を警戒するあまり、多くの不良在庫を抱えてしまうといった事態にいつ陥ってしまうかわかりません。
もし、在庫を多く仕入れてしまいがちだなと感じる方は、ぜひこの記事の内容を参考にしてみてください。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です