せどりの滞留在庫の処分にお困りですか?滞留在庫の処分方法をご紹介します

せどりでは、仕入れ額よりもかなり高額な金額で売れるような商品もあれば、いつまでたっても売れない「滞留在庫」もあるでしょう。売れている商品には注目しやすいですが、動きのない滞留在庫の扱いはつい後回しになってしまうものです。

しかし、滞留在庫とは長期間溜めておくとデメリットがあります。そのため、もう販売の見込みがないと判断した商品については、最悪、仕入れ価格より安くても処分してしまうべきなのです。

今回は、せどりをしている方へ、滞留在庫のデメリットと、その処分方法についてご紹介します。

 

 

●滞留在庫のデメリット

・商品の価値

商品が売れるのは、その商品が持つ価値が、購入者の払うコストを上回ったときです。いつまでも同じ価値を持つ商品はほとんどなく、常に価値が変動しています。そして、大多数の商品は時間が経つにつれて、その価値が失われていきます。

滞留在庫として保管されている間にも、その価値がもう販売の見込みがないところまで失われてしまうかもしれません。廃棄しか処分方法がなくなる前に、「いつか売れるかも」という気持ちに見切りをつけて、とにかく滞留在庫を減らすことを優先すべきなのです。

 

・資金不足

せどりは、商品が売れた時に初めて収入が入りますよ。また、仕入れの資金はご自身のお持ちのお金からしかでません。滞留在庫は、お金が商品に形を変えたものですが、それが売れないのであれば、滞留在庫はお金の流れを止めてしまっているといえるでしょう。

滞留在庫を多く抱えていると、いつの間にかお金の流れが悪くなってしまっていたり、いい商品を見つけてもいざというときに、せどりの仕入れに使うため資金が足りないという状況になったりという弊害が出てきます。

 

 

●滞留在庫の処分方法

滞留在庫を減らしたい!と考えた方は、まずは販売価格を下げるというのが一般的でしょう。たとえ損となる価格でも、滞留在庫としていつまでも保持しているよりか、思い切って損切りしてしまう方が、その後の利益につながるため、多くの方がそのような行動をとります。

しかし、いくら値段を下げても売れないという状況に陥ったことはありませんか?一時期注目されたけれども流行が去ってしまった商品や、そもそも需要が少ない商品などは売れにくく、さらに注目されにくくなるという悪循環にはまってしまうと、いくら値段を下げても滞留在庫を減らすことができません。値段を下げても売れない場合、ほとんど無料の値段で売りに出したり、最終手段として廃棄してしまったりする方がたくさんいらっしゃいます。

ここでおすすめの滞留在庫の処分方法が、「在庫買い取り業者に依頼する」という方法です。ばらばらの商品であっても対応している業者であれば、一括で見積もりを依頼することができます。実績があり、信頼できる在庫買い取り業者を見つけておくことで、売れると思ったのに売れず滞留在庫になってしまった商品の処分ルートが明確になり、仕入れと収入の流れもよくなるでしょう。

 

 

今回は、せどりにおける滞留在庫の処分方法についてお話ししました。

現在、滞留在庫でお悩みの方は、まずは信頼ができる在庫買い取り業者へ無料見積もりを依頼することをおすすめします。

 

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です