在庫管理に必要な最終仕入原価法とは?具体例を踏まえて詳しく解説します!

「棚卸しをしなければならないけど、どのように計算すればいいの?」
「在庫管理における最終仕入原価法ってなに?」

こういった疑問をお持ちではございませんか?
個人事業主や法人の方は、毎月の損益計算や毎年の確定、決算申告で棚卸しが必要になりますが、その際には棚卸資産の金額について計算をしなければなりません。
一般的には最終仕入原価法という計算方法が適用されますが、初めて棚卸しをする場合、どのようにすべきかわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、棚卸しと最終仕入原価法について解説していきます。

□棚卸しとは?

そもそも棚卸しとは一言でいうと、在庫管理のことです。
冒頭でも述べた通り、個人事業主や法人は確定申告や決算申告を行う必要があるため、在庫数や棚卸資産金額、利益額まで確定する必要があります。
したがって、それらを管理、把握するために棚卸しをしなければならないのです。
ちなみに棚卸資産とは一般的に商品や仕掛品、原材料などを含めた在庫のことを指します。

 

 

□最終仕入原価法とは?

ではどのように棚卸評価を行なっていけばよいのでしょうか。
基本的に、変更の届け出をしない限りは最終仕入原価法を採用することになります。
最終仕入原価法とは、期末から最も近い時期に仕入れた商品一単位当たりの取得額、つまり最後の仕入れ価格で棚卸資産を評価する方法です。
計算式は「期末棚卸資産価格=期末の棚卸資産の在庫数×最後の仕入時の価格」という式で算出されます。

*具体例(決算月が12月の場合)

5月1日に部品を1個当たり100円で100個購入。
8月1日に部品を1個当たり130円で80個購入。
12月15日に部品を1個当たり110円で120個購入。
期中に部品を250個使用し、部品の期末の在庫が50個となっている場合、最後の仕入額は110円なので、50個×110円という計算で棚卸資産額は5500円ということになります。

 

□まとめ

今回は棚卸しとその評価方法である最終原価評価法について解説しました。
最終原価法では「期末棚卸資産価格=期末の棚卸資産の在庫数×最後の仕入時の価格」という式で棚卸資産額を求められます。
この方法は最終仕入れ価格に期末在庫の数量を乗じるだけなので、とても簡単で法人税法にも定められているため、非常に多くの現場で使われています。
したがって、在庫管理をする上では必ず必要になるので、ぜひ覚えておきたいですね。
当社では在庫の買い取りサービスも提供しておりますので、在庫の処分や管理について何かお困りでしたらぜひ当社にご相談ください。

在庫はどう管理すればいいの?基本から詳しく解説します!

「在庫管理はどのようにしたらいいんだろう…。」
こういったお悩みを抱えてはいませんか?
在庫管理とは商品の管理であり、お店や会社の利益に直結するので、おろそかにできない部分ですよね。
しかし、在庫管理と聞いても、具体的にどのようなことを意識して何をすればいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、在庫管理の基本から詳しく解説していきます!

 

□どうして在庫管理は必要?

在庫をしっかり管理しない場合、様々な問題が発生してしまい、利益の低下に繋がってしまいます。
具体的な問題例を挙げていきます。

*過剰在庫の場合

必要以上の在庫を抱えてしまうと、売れる商品の在庫が取れなくなる、劣化して廃棄せざるを得なくなる、値下げ処分でしか消化できなくなるといったように、余計な作業が増えて業務効率や利益の低下に影響してしまいます。

*過少在庫の場合

逆に在庫が少なすぎると、お客様の欲しい商品を十分に提供することができず、売上のロスにつながってしまいます。

□何を意識すればいいの?

まず在庫管理をする際には、考え方を金額の管理と数量の管理に分け、必要に応じて使い分けましょう。
さらに適切に在庫管理をする上では、商品の場所、数量、状態を明確にしておかなければなりません。
ただしこれらは在庫管理のみにおいて意識すべきことなので、ここからは利益の面から意識すべき具体的な指標を解説します。

*商品回転率

これは、1年間でその商品が何回転したのかという指標です。
つまりその商品がどれだけ売れて、どれだけ仕入れたのかということですね。
商品回転率は(年間の売上高)÷(商品の在庫数)という式で表されます。
この指標を見ることで、どの商品が効率よく回転しているのかを見極めることができるため、どの商品を展開すべきなのかという判断材料にすることができます。

*交叉(こうさ)比率

これは、どの商品がどれだけ効率的に利益に貢献しているのかを表す指標です。
交叉比率は(商品回転率)÷(粗利益率)という式で表されます。
この指標を見ることで、どの商品がどれだけ自店の利益に貢献しているのか分かるので、どの商品の在庫を増やし、売っていくべきか判断できます。

これらは利益に直結する指標なので、在庫管理をする際にも意識するようにしましょう。

□どのように管理すればいいの?

*在庫管理システムを導入する

まずはエクセルや在庫管理ソフトなどを使って、在庫管理表を作りましょう。

*細かく分類する

カテゴリはその時のニーズに合わせ、棚、列、段の三つをそれぞれ番号別に分類します。
分類した番号を在庫管理表に同期させます。

*バーコードやQRコードを活用する

在庫管理は店頭のみならず全ての商品にまで及ぶため、それらを一つ一つ手作業で管理しようと思えば必ずロスやミスが起こります。
そこでバーコードなどを活用することで、商品のステータスや在庫状況も簡単に視覚化でき、ロスを減らすことができます。

□まとめ

今回は在庫管理の基本について解説してきました。
在庫管理では場所、数量、状態を正確に把握して、商品回転率や交叉比率を意識することが大切であり、そのためには在庫管理システムを活用していくことがおすすめです。
もし在庫管理やその他買い取りなどでお悩みでしたら、ぜひ当社にご相談ください。

在庫管理におけるABC分析とは?メリットまで詳しく解説します!

「ABC分析って聞いたことあるけど、実際はよくわからない!」
「ABC分析をすることはどんなメリットがあるの?」

このような疑問やお悩みを抱えてはいませんか?
売り上げや利益の最大化を目指す上では在庫管理をすることは必須だと言われることが多いですが、その為には様々な指標や分析方法を基に適正在庫を予測していかなければなりません。
しかし、具体的にはどのような方法で適正在庫を判断するのかわからない方も多いと思います。
そこで今回は商品の売り上げに関する基本的な分析方法であるABC分析についてメリットまで解説していきます。

□ABC分析とは?

ABC分析とは重点分析とも呼ばれており、売り上げや利益に対する貢献度で商品をA、B、Cの3つのカテゴリーに分類するという分析方法です。
具体的にカテゴリーの内容を解説していきます。

*Aグループ

Aグループには全体の売り上げの7割を占める商品が分類されます。
Aグループは売り上げに対する貢献度が非常に高いため、欠品や品切れが発生しないように常に在庫を確保しておく必要があります。
またその商品と顧客の関係性を維持し続けなければなりません。

*Bグループ

Bグループには全体の売り上げの2割を占める商品が分類されます。
Bグループの商品は、効率的な在庫管理を図るために在庫切れのタイミングを適切に予測して発注することが大切です。
また、商品と顧客の関係をより密接にすることができればAグループへと上げることも可能です。

*Cグループ

Cグループには全体の売り上げの1割を占める商品が分類されます。
Cグループの商品はAやBに比べて需要がかなり少ないため、必要最低限の在庫数、保管スペースを判断する必要があります。
商品の需要が著しく少ないという判断に至った場合は、その商品の取り扱いについて考えなければなりません。

 

□ABC分析のメリット

ABC分析を行うことでどのようなメリットがあるのでしょうか。

*汎用性の高さ

ABC分析は上位の項目から順にピックアップしていく分析方法であるため、メリットとしては数値化されているデータであれば、なんでも分析できるという使い勝手が良い点にあります。
またその利便性から、在庫管理のみならず、顧客、販売、品質管理など他の分野にも応用を効かせることができます。

*売れ筋の商品が一目でわかる

ABC分析によって売れ筋の商品や不人気な商品を判別することができるため、適切な在庫管理や商品陳列に関する明確な判断基準を持つことができます。

 

 

□まとめ

今回はABC分析とはなにかという点とメリットについて解説しました。
ABC分析とは売り上げに対する貢献度で商品をA、B、Cのグループに分類する分析方法です。
ABC分析のメリットとしては

・汎用性の高さ
・売れ筋、死に筋の商品を把握できる

というメリットが挙げられます。
当社では在庫の買い取りサービスも提供しておりますので、もし在庫管理に関して何かお悩みでしたらぜひ当社にご相談ください!

個人事業主が廃業した際の在庫処理はどうする?方法と注意点を解説!

「赤字続きで廃業せざるを得ないけど在庫処理はどうすればいいんだろう?」
こういったお悩みを抱えてはいませんか。
個人事業主の廃業の理由には、赤字や後継者不足と様々なものがありますが、廃業の際には必ず在庫処理をしなければなりません。
しかし在庫処理には確定申告にて、必要な経費を計上しなければならなかったり、その他必要な手続きがあったりと、多くのことに気をつける必要があります。
そこで今回は、廃業の在庫処理の方法と、注意すべき確定申告について解説します。

 

□在庫処理の方法

*廃棄する

在庫を抱えている場合、その量に応じて税金がかかります。
つまり、在庫量を減らすことで課税額を減らすことができるのです。
廃棄する場合は自身で行うこともできますが、手間や労力を省きたい場合は回収業者に依頼するという選択肢もあります。

 

*処分価格で売り切る

売り切ることで在庫量を減らし、課税額を減らすことができます。
また、負債の負担を軽くできますが、処分価格で売ることになるのでブランドイメージの低下を招いてしまう可能性があります。

*自家消費

売れ残ってしまった在庫は、自家消費として処分するということも可能です。
ただし、税金の取り扱いには気をつける必要があります。

 

*買い取りサービスに出す

在庫を業者に買い取ってもらえるので、在庫処理にかかる費用を抑えることができます。
また処分価格で売る場合は、自社や他社のブランドイメージの低下に繋がりかねませんが、業者に適切な価格で買い取ってもらうことでその心配を回避できます。

□確定申告について

在庫処理といっても、ただ処分すれば良いという訳ではありません。
確定申告という手順は在庫処分においても必要になります。
前年度に仕入れた在庫の処理方法で、廃業後の在庫処理方法も変わってきます。

 

*資産として計上した場合

費用として計上していないので、今回の確定申告にて、在庫を廃棄として費用化する必要があります。

*費用として計上した場合

すでに費用として計上してあるので、確定申告を行う必要はありません。

*転売等で収入があった場合

転売などで売り上げた場合は、売上高として計上する必要があり、確定申告の際は事業所得として申告しなければなりません。

□まとめ

今回は個人事業主が廃業した際の在庫処理について解説してきました。
在庫処理の方法としては

・廃棄する
・処分価格で売る
・自家消費
・買い取りサービスを利用する

これらの方法があります。
しかし、処分に当たって確定申告という必要な手順があるので注意しましょう。
当社では、このような在庫の買い取りサービスを提供しております。
もし個人事業主として廃業した際の、在庫処理についてお悩みでしたらぜひ当社の買い取りサービスの利用をご検討ください!

在庫の回転期間はどれくらい?回転率も踏まえて詳しく解説します!

在庫管理において回転率や回転期間というのは、商品陳列の判断基準になるため、売り上げや利益に対して非常に大きく関わってきます。
しかし、実際に在庫を扱う上ではどのようにこの指標を意識すればいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は在庫管理における適切な回転率と回転期間について解説していきます。

□回転率ってなに?

まず回転率とは、一定期間内に在庫がどれだけ回転しているのかを示す比率のことをいいます。
つまり商品への投資からどれだけ早くお金を回収できたかを示しています。
回転率は、売上高を平均在庫高で割ることで表されます。
平均在庫高は期首と期末の在庫高の平均を計算すると求められます。

*具体例

期末の在庫高が500万円、期首の在庫が700万円、年間の売り上げが6000万円である場合、まず平均在庫高は「1200万円÷2」で600万円となります。
そして在庫回転率は6000万円÷600万円=10(回転)となります。
つまりこの場合は、商品が年間で10回入荷から販売を繰り返しているということを指します。

□回転期間ってなに?

回転期間とは商品が入荷してから販売されるまでの期間、つまりどれくらい保管していたのかを指します。
回転期間は、回転率とは逆に保有在庫額を1年間の売上高で割ることで求められます。

*具体例

保有資産額が600万円、1年間の売上高が3000万円の場合、在庫回転期間は「600万円÷3000万円×12ヶ月」という計算で2.4ヶ月と求められます。
つまり在庫は2.4ヶ月間で入れ替わっているということになります。

□適切な目安は?

では回転率や回転期間の適切な目安はどれくらいなのでしょうか。
目安に関しては業種によって異なりますが、一般的には以下のように言われています。

*在庫回転率

回転率が24回以上の企業は1回転するのに2週間かかるという計算になるため、優秀であると言えるでしょう。
12回から23回ほどの場合はおよそ1ヶ月で1回転となり、標準的な水準であると言えます。
それ以下であれば不良在庫を抱えている可能性があるため、今一度在庫管理を見直す必要があります。

 

 

 

*在庫回転期間

回転期間に関しては業種によってかなり異なるため、具体的な目安というものはありません。
ただし適切な回転期間を知るためには、過去の回転期間を分析することが大切です。
もし、回転期間が以前に比べて長期化してきた場合は不良在庫の可能性を疑った方が良いかもしれません。
しかし、必ずしも長期化が悪いという訳ではないため、その都度状況に照らし合わせた回転期間を判断する必要があります。

 

□まとめ

今回は在庫管理における回転率と回転期間について解説しました。
回転率とは在庫が1年間で何回入れ替わるのかを表し、回転期間はどれだけの間在庫を抱えているのかを表しています。
これらを意識することで、不良在庫は抱えていないか、どの商品がどれだけ売れているのかを把握して売り上げの最大化へと繋げることができます。
当社では在庫の買い取りサービスも提供しておりますので、もし在庫管理にお悩みでしたらぜひ当社にご相談ください!

 

在庫管理におけるよくある失敗とは?対処法まで詳しく解説します!

「在庫管理をする上で、どんな失敗が多いの?」
「よくある失敗のそれぞれの対処法を知りたい!」

このような疑問やお悩みを抱えてはいませんか?
売り上げの最大化や効率化を達成するには、正しい在庫管理を行うことが必須ですよね。
しかし、在庫管理について日々試行錯誤を繰り返してはいるが、なかなか上手くいかず悩んでいるという方も多いと思います。
そこで今回は、在庫管理において、よく起こる失敗とその対処法について解説します!

 

□よく起こる失敗事例とその原因

*実地在庫と帳簿在庫の差異

在庫管理において実地在庫と帳簿在庫の間に差異が発生してしまうという事例が最も多いのではないでしょうか。
このような差異が発生してしまう原因には、在庫管理に関する適切なルールが定着していない、単なる人為的な管理ミスといった理由が挙げられます。

 

 

*在庫管理システムの運用ミス

作業の効率化を図って在庫管理システムを導入したはいいが、結局使いこなせずに余計な手間が増えただけということもよく起こりうる失敗です。
この事例の原因としては、単に操作方法を理解していなかった、導入前から試運転期間や移行期間を設けておらず、いきなり現場に投入したといったことが考えられます。

*欠品や不良在庫

欠品や不良在庫を抱えてしまったという失敗の事例も多いのではないでしょうか。
欠品や不良在庫が発生する原因には、適正在庫の計算が正しくできておらず、売れ行きに対する適切な予測ができていないという理由が挙げられます。

□対処法と再発防止法

上記でよく起こりうる失敗とその原因を解説したところで、次はその失敗に対してどのように対処し、再発防止に努めていくべきかを解説していきます。

*実地在庫と帳簿在庫の差異

実地在庫と帳簿在庫との間の差異を発見した場合は、その商品がどのような状態で、どこに、何個あるのかということを把握して適切な処理をする必要があります。
また、このような差異を防ぐためには在庫管理に関するルールを徹底する意識を持つことが大切です。

*在庫管理システムの運用ミス

まずは在庫管理システムについての正しい知識を身につける必要があります。
そしてこのような新しいシステムを導入する際には、前もって試運転期間や移行期間などの猶予を持つということが大切です。

*欠品や不良在庫

欠品があった場合には早急に仕入れ、不良在庫を抱えてしまった場合には処分価格での販売や買い取りサービスに出すなどして消化する必要があります。
そしてこのような事例を防ぐためには在庫管理システムから得たデータを基に様々な指標を分析して適正在庫を理論的に予測していくことが大切です。

 

□まとめ

今回は在庫管理におけるよく起こりうる失敗とその対処、再発防止策について解説しました。
よくある失敗としては

・実地在庫と帳簿在庫の差異
・在庫管理システムの運用ミス
・欠品や不良在庫

これらの事例が多く上げられます。
ただし、それぞれの失敗への対処法は各会社によって全く変わってきます。
自社について分析、理解した上で適正な対処方法をとるようにしましょう。
当社では在庫の買い取りサービスを提供しておりますので、在庫管理についてなにかお困りでしたらぜひ当社にご相談ください。

個人事業主はいつ廃業すべき?廃業のタイミングを詳しく解説します!

「個人事業主の廃業は、どのタイミングですべきなんだろう?」
こういったお悩みや疑問を抱えてはいませんか?
実は個人事業主として廃業する場合、廃業するタイミングをしっかり選ぶことで、支払わなければならない税金を抑え、煩雑な手続きを避けることができます。
そこで今回は、個人事業主が廃業する際に必要な手順を、期日の面から説明した後、廃業すべきタイミングについて具体的に解説していきます!

 

□個人事業主の廃業の手続き

個人事業主が廃業するときには、大きく分けて4つの書類の提出が必要になります。

*廃業届

廃業届は都道府県と地方自治体の、それぞれ二カ所の税務署への提出が必要です。
提出期限としては、地方自治体の税務署にはその事業が廃業してから1カ月以内という期限が定められています。
一方で都道府県の税務署では、大体10日から15日前後で期限を設けていることが多いです。
しかし、都道府県によっては期限を曖昧にしているところもあるので、事前に確認しておく必要があります。

 

*青色申告取りやめ届出書

青色申告の承認を受けていた場合は、青色申告取りやめ届出書を、その地域所轄の税務署に提出しなければなりません。
期限としては、青色申告を取りやめる年の翌年の3月15日までです。

 

*事業廃業届

課税事業者を選んでいた場合や消費税の課税者として事業を展開していた場合は、事業廃業届を所定の税務署に提出する必要があります。
期限は明確に定められていませんが、基本的には1カ月以内に提出できるようにしましょう。

*給与支払事務所等の廃止届書

個人事業主として従業員を雇っていた場合は、給与支払事務所等の廃止届書も所轄の税務署に提出します。
この書類の提出期限も、廃業後1カ月以内に定められています。

□廃業すべきタイミングは?

廃業手続きと期限をそれぞれ解説してきましたが、では実際にはどのタイミングで廃業すべきなのでしょうか?
廃業の日を自分で選択できる場合、できるだけ年末の12月31日に合わせて廃業するのがオススメです。
年末に廃業すべき理由は、廃業のときに発生する費用を申告することで、経費として計上でき、結果的に節税できるからです。
また、年末に手続きをすることで、余分な確定申告などの煩雑な手続きもせずに済ませることができます。

 

□まとめ

個人事業主が廃業する場合は、必要書類を基本的に1カ月以内に提出しなければならない場合が多いです。
また、廃業のタイミングを年末に合わせることで、節税や煩雑な手続きを回避できるというメリットがあることをご理解いただけましたでしょうか。
当社では廃業した際の在庫の買い取りサービスを提供しております。
もし廃業について何かお困りでしたらぜひ当社にご相談下さい。

簡単に在庫管理するにはどうする?エクセルの活用方法を解説します!

「エクセルで在庫管理表を作ってくれと頼まれたけど、どうやって作ればいいか分からない!」
「在庫管理システムを取り入れたいけどコストが高くて導入しようか迷う・・・。」

こういった疑問やお悩みを抱えてはいませんか?
実は在庫管理表はエクセルで作成することができます。
しかしエクセルを活用した在庫管理は思った以上に難しいため、あまりエクセルに馴染みのない方や、どのようなことに気をつけて作成すればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回はエクセルを活用した在庫管理表の作成の仕方を解説していきます。

□まず意識すべきこと

*入出庫の数を管理する

在庫とは仕入れ分と販売分の数の差を表し、その過程には様々な理由でロスが上がる可能性もあります。
従って、現在の在庫数を管理するだけでは誤差が発生しやすいため、在庫管理をする際には在庫数のみならず入出庫の数も管理しましょう。

 

 

*上書きをしない

手間を省こうとして、在庫の入出庫分を上書きしているという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし上書きをした場合、その上書きをしたという履歴は残らないため、後に「記帳したかどうか忘れてしまった!」という事態が起こる可能性が非常に高いのです。
このような事態を防ぐためにも上書きをするのは止めましょう。

 

□在庫管理表の作り方

基本的にエクセルで在庫管理表を作る場合、関数で作る方法とマクロ機能を使う方法があります。

*SUMIF関数

この関数は足し算のSUM関数の応用形として、特定の条件にあった項目のみ合算できる関数です。
この方法は入庫、出庫した商品のそれぞれの品番と数量を入力していくだけで計算されるので、とてもシンプルで扱いやすいというメリットがあります。

*VLOOKUP関数

この関数は複数のデータから、特定の条件に一致したものを検索して抽出してくれる関数です。
非常に便利で様々な場面で活用されている関数ですが、元データの形式が違ったり変更があったりした場合には、関数式の修正が必要になることがあります。

 

*IF関数

この関数はそれぞれの条件に沿った処理を行ってくれる関数です。
例えば在庫数によって過剰在庫と過少在庫に分けたいときには、「何個以上は過剰表示、何個以下は過少表示」という設定で分けることができます。

*マクロ機能

マクロとは、エクセルでの複数の操作を記録して自動化してくれる機能です。
マクロ機能を使うことで日々の入力の時間を大幅に短縮でき、入力ミスを無くすことができます。

□まとめ

今回はエクセルを活用した在庫管理表の作成の仕方を解説してきました。
在庫管理を簡略化させるには

・SUMIF関数
・VLOOKUP関数
・IF関数
・マクロ機能

これらの関数や機能を活用することで効率よく在庫管理をすることができます。
当社では在庫の買い取りサービスも提供しておりますので、在庫管理に関して何かお悩みでしたらぜひ当社にご相談ください!

在庫管理における棚卸減耗の原因とは?詳しく解説します!

「なぜか在庫の数が実地と帳簿で一致しない!」
「棚卸減耗はどのように防げるの?」

このような疑問やお悩みを抱えてはいませんか?
ルール通りに在庫管理をしていたつもりが、なぜか在庫数が合わないということは在庫管理をする上ではよく起こりますよね。
しかし、なぜ在庫数がずれてしまうのか、どのように再発を防止すればいいのかわからない方も多いでしょう。
そこで今回は棚卸減耗が発生する原因とどのように再発防止すべきかを解説します。

 

□棚卸減耗ってなに?

棚卸減耗とは棚卸時に数えた在庫数と帳簿やデータ上の在庫数との差異、つまり保管中になくなった在庫数またはその会計処理のことを指します。

□棚卸減耗が発生する原因とは?

*人為的ミス

棚卸減耗が発生した時は、人為的なミスである場合がほとんどです。
在庫管理システムを導入している場合はほぼ間違いないでしょう。
具体的には在庫の計算ミスや伝票の誤入力、管理や記録ミスなどが多いです。

 

 

 

*書類の遅延

先に商品が届き、その商品の納品書や請求書が届いていない場合は実際の在庫数とデータ上の在庫数に差異が発生してしまう可能性があります。

 

*破損や紛失

商品を誤って破損させてしまった場合は、その商品を売ることができないために適切な処理をする必要がありますが、その処理を怠ってしまうと差異に繋がってしまいます。
また、商品を不適切な場所に放置したり、置き忘れてしまったりした場合にはその商品の所在が把握できず、差異として挙がってしまうのです。

 

*盗難

盗難の犯人が内部の人間なのか外部の人間なのかを特定し、セキュリティに配慮しましょう。

 

 

□再発防止策は?

*定期的な検品

仕入時の注文書の内容と実際の在庫数が一致しているかを、定期的に検査するようにしましょう。
定期的に実施することで、どの段階で差異が発生したのかを把握し、迅速に対応することができます。

 

人員を増やす

先程も述べた通り、棚卸減耗の原因は人為的ミスである場合がほとんどです。
従って、作業時には人員を増やして一人当たりの負担を減らし、ダブルチェックも実施することで余計なミスを減らすことができます。

 

*保管ルールや場所の徹底

在庫管理をする上でルールや保管場所が不明な場合は、商品の管理が疎かになりがちです。
これらをはっきりとさせることで、状態が不明な商品の発生や商品の紛失を防ぐことができます。

 

*セキュリティの強化

監視カメラや出入り口のセキュリティに配慮することで、盗難による商品在庫のロスをなくすことができます。

 

□まとめ

今回は棚卸減耗の発生原因と再発防止策について解説してきました。
棚卸減耗が発生する主な原因は

・人為的ミス
・破損や紛失
・書類の遅延
・盗難

以上の四点が挙げられます。
再発防止策としては

・定期的な検品
・増員
・ルール等の徹底
・セキュリティの強化

以上を踏まえて在庫管理をしましょう。
当社では在庫の買い取りサービスを提供しておりますので、在庫管理についてなにかお困りでしたらぜひ当社にご相談ください。

自営業の方になぜ、在庫品が溜まるのかを詳しく解説します!

「在庫品がなぜか溜まってしまう」
「在庫品を溜めない方法を知りたい」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
今回は、そんな方向けに在庫品が溜まる理由と対策について詳しく解説します。

 

□在庫が溜まる理由

ここでは、在庫が溜まる理由は様々をいくつか解説します。

*品切れを防ぎたい

品切れを防ぐために、在庫を多く持つ方が多くいらっしゃいます。
もし、注文が殺到した場合に在庫が無い場合、全ての注文に対応できず最大限の利益を出せない可能性が高いです。
これは完成品のみではなく、材料を多く抱えることにも当てはまります。
常に最大の利益を出したい気持ちがかえって利益を減らすことに繋がる場合があるので注意しましょう。

*コスト削減のため

一度に大量の商品を生産し在庫を管理すれば、何回かに分けて行うよりも手間とコストが抑えられます。
そのため、売り切ることができずに在庫が溜まっていくことが多いのです。

 

*リスクを避けたい

商品を生産する過程で材料の発注先が倒産してしまうことや、製造する機械
が故障する可能性があります。
その場合、生産が一時的に止まってしまい、注文に対応できません。
そのリスクを避けるために、在庫を多く抱えてしまうことが原因になるので注意してください。

□在庫を溜めない方法

ここまで在庫が溜まる理由を解説しましたが、その対策を紹介します。

*データを使う

人間が在庫の全てを把握し、溜めないようにするのにはどうしても限界があります。
そのため、在庫の分析や管理をデータ化して発注数を決めるようにしましょう。
よく売れる商品、あまり売れない商品に分けてデータの精度を上げれば、在庫を処分しなければいけない状況にはほとんどならないでしょう。

 

*専用のソフトを使う

最近は、テクノロジーの発達により専用のソフトを使って在庫数、保管場所、発注先、担当者などを一括で管理できます。
例えば、データを分析して最適な発注数を計算してくれたり、保管場所を効率化してスペースを生み出したり、処分すべき在庫を知らせてくれたりします。
このようなソフトを使えば、これまで在庫の管理にかかっていた手間とコストを大幅に減らせるのでオススメです。

□まとめ

今回は在庫が溜まる原因と対策について詳しく解説しました。
自営業で利益を出すためには、しっかりとした在庫の管理が必要不可欠です。
したがって、在庫管理は注意して行うことをオススメします。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社にお問い合わせください。