在庫品徹底処分|廃棄の際の注意点を詳しく解説

「滞留在庫をこれから処分する」
「廃棄するときに気を付けることは?」
在庫の量が増えてきたら早く処分したいですね。
しかし、廃棄して処分する際に注意してほしい点があります。
そこで今回は、皆様に廃棄する際の注意点をご紹介いたします。

□廃棄した時の証明書を保管しておく


滞留在庫は法律上、会社の資産として扱われます。
そのため、滞留在庫も決算の際には売り上げや利益の計算の際に考慮されます。
以上のことから、実際に滞留在庫を会社がしっかり廃棄しているかどうかを税務署も気にしており、実際に廃棄したかどうかを確認するための証明を求めてくる場合があります。
その際に、実際に廃棄したとしてもそれの証明ができない場合、廃棄と認められない可能性があるので注意しましょう。
廃棄をしたことの証明には以下のような証明書類が必要です。
・廃棄した際にかかった金額が記載された領収書
・実際に廃棄が行われたことを証明する廃棄証明書
・廃棄したことを認められる写真
・廃棄について会議した議事録
・廃棄した滞留在庫をリストアップした書類
証明書類をしっかり作成せずに、誤って滞留在庫を破棄してしまうことがないように気を付けてください。
また、廃棄の際だけではなく従業員に滞留在庫を与えた場合も気を付けてください。
たとえ、滞留在庫であっても従業員やその家族に与えてしまうと、廃棄には認められず現物支給とみなされ、税金がかかってしまいます。

□廃棄よりも買取がおすすめ?!


滞留在庫を処分する際は、廃棄よりも滞留在庫を買い取りしてくれるサービスを利用することがおすすめです。
例えば、滞留在庫の中でもタンスやソファなどの家具やオブジェのような大きな在庫の場合、大量に廃棄するためには多額の金額がかかるかもしれません。
買取業者を利用すると、処分のための金額が浮くだけではなく、買取金額も取得できるのでお得です。

□まとめ


以上が廃棄の際の注意点です。
廃棄の際には、廃棄を証明するためのものを必ず用意してください。
また、滞留在庫を処分するためには、廃棄のほかにも手段があることを覚えておいてください。
廃棄証明のような面倒な準備や廃棄のための金額がかかってしまう廃棄よりも買取業者を利用する方が得をすることが多いです。
買取業者をお探しの場合は、ぜひ長年の信頼と安心の弊社をご利用ください。
無料で買い取りの査定を行うことができるので、廃棄の前に一度ご検討いただけますと幸いです。

 

在庫管理にかかる費用の内訳とは?|買取業者が徹底分析

「最近在庫が増えてきた・・・」
「在庫が捨てられない・・・」
つい在庫の量が増えてしまうことってありますよね。
実は、在庫の管理って想像しているよりもお金がかかるものです。
在庫の管理にかかる費用をしっかり理解していなければ、気づかないうちに損失を出しているかもしれません。
そんな皆様に、今回は在庫の管理にかかる費用についてご説明いたします。

 

□在庫が出す3つのムダ


倉庫に眠っている在庫も品質を維持するためにしっかり管理しなければなりません。
そんな在庫の管理によって引き起こされるムダがあります。
・人件費
・商品
・土地
以上の3つが大きな影響を受けます。
それではそれぞれを詳しく見ていきましょう。

*人件費


在庫の管理の業務は、在庫をリストアップしたり倉庫内を整理したりすることです。
売れるかどうかわからない在庫の管理という業務は、生産性が非常に低いです。
この非生産的な仕事に1日1時間であっても年間で100万円以上の損失を出してしまうことがあります。
また、費用面だけではなく、この社員が1日1時間を別の生産的な仕事にあてることができていればさらに利益を上げていたかもしれません。
よって、在庫の管理によって生じる時間の損失は、管理する時間だけではなく他の生産的な業務にも影響が出てしまいます。

 

*商品


どれほどしっかり在庫を管理していたとしても在庫の劣化は避けられない問題になるでしょう。
在庫の劣化には2種類あります。
まず一つ目は、在庫の品物自体が劣化してしまうことです。
例えば、木製の製品であれば木が朽ちてしまったり、金属の製品であれば錆びてしまったりという劣化が考えられます。
二つ目は、在庫の市場価値が劣化してしまうことです。
商品は、その時期や時代ごとに流行があります。
その時期では多く売れた商品でも、5年後や10年後には需要がなくなっているかもしれません。
早いものでは、1年で「時代遅れ」の商品になってしまうものもあります。

*土地


在庫の量が増えれば増えるほど、在庫を置く場所が必要です。
今までの倉庫やオフィスに収納しきれなかった場合には、倉庫を新たに購入したり、別の管理会社に預かってもらったりする必要がでてきます。
倉庫が増えると、そこで生じる光熱費や管理費が新たに発生してしまいます。
それだけではなく、在庫が増えるたびに倉庫を増設すればよいという発想になり、在庫処分へ意識が向かなくなってしまいます。

□まとめ


以上のように在庫はしっかり管理しないと思っている以上に損失を出してしまうことがあります。
そのため、在庫の処分はできる限りこまめにするようにしましょう。
在庫の処分には、ぜひ弊社の在庫の買取サービスをご利用ください。

 

在庫回転率の計算方法とは?|滞留在庫の買取業者が詳しく解説

「滞留在庫が溜まってしまった」
「在庫がどれくらい売れているのかを把握したい。」
このような悩みを抱えている個人事業主の方は非常に多いです。
なぜなら在庫が増えていった時に、どれくらいの量を処理すべきかわからないからです。
このような悩みを抱えてしまっている場合は、在庫回転率を利用してみてください。
数字を用いることで、明確な指標が生まれ、判断の助けに繋がります。
在庫回転率という単語は、とても難しそうな言葉に聞こえますが、複雑な計算は一切ないので安心してください。
今回はこの在庫回転率について詳しくご説明いたします。

□言葉の意味


在庫回転率とは、在庫がどれくらいの早さでなくなったかを見るための数字です。
在庫回転率が低いと倉庫に残っている時間が長い在庫で、在庫回転率が高いと倉庫に残っている時間が短い在庫であることを示しています。
これらの数値をうまく活用することで、在庫の数量や在庫の取り扱いをどのように変えるかを検討しやすくなります。
例えば、処理する在庫の順番を決める際や新たに在庫を購入するかどうかを検討する際に最適です。
また、経営に関する会議においても、具体的な数値で話し合いを進めることが可能になるでしょう。

□在庫回転率


・金額で計算する方法
・個数で計算する方法
在庫回転率は二種類の求め方があります。
それでは、それぞれの計算方法について解説します。

*金額で計算する方法


まず金額を用いて、求める方法をご説明いたします。
「求めたい期間内での出庫金額」を「求めたい期間内での在庫金額の平均」で割り算した値が在庫回転率です。
在庫金額の平均とは、在庫回転率を調べるための月や年といった単位での金額の平均です。
この計算式を用いて倉庫に眠ってしまっている在庫ごとに「在庫回転率」を計算してみましょう。
求めた値が高いものから処分や今後の購入を検討することができます。

*個数で計算する方法


次に、個数で求める方法をご紹介いたします。
「求めたい期間内での出庫の個数」を「求めたい期間内での在庫の個数の平均」で割り算した値が在庫回転率です。
基本は金額の計算式と同じですが、金額の部分がすべて個数に代わっているだけです。
金額と同様に、それぞれの値を用いて計算しましょう。
一般的には、個数で計算している事業主の方が多いようです。
時と場合によって、計算方法を使い分けることができれば最もよいです。

□まとめ


難しそうな言葉でしたが、想像以上に理解しやすい計算式だったと思います。
在庫回転率の計算では、長い期間の売り上げの金額や個数を用います。
そのため、毎月のデータを表計算ソフトや帳簿でしっかりまとめておくと計算する際に手際よくできます。
コンピューターをうまく活用して、自動的に在庫回転率が計算されるシステムを導入している会社もあるようです。
最後に、これらの計算をして、在庫の処分をご検討される方は、ぜひ弊社の滞留在庫の買い取りをご利用ください。

 

在庫品の適正な量の求め方とは?|在庫品の買取業者が詳しく解説

「在庫はどれくらいの量があればいい?」
「在庫品の量の調節が難しい」
このような悩みを抱える事業主様は多くいらっしゃいます。
在庫品が多すぎることは良くありませんが、全くなければお客様や取引先の業者から頼まれた際にすぐに商品を供給できないですよね。
そこで今回は、所有する在庫の適正な量の求め方をご説明いたします。

□適正な在庫量を求める流れ


先ほども示しましたが、在庫はお客様や取引先から注文を受けた際にスムーズに供給するために必要です。
ここで、「リードタイム」という言葉が重要になってきます。
リードタイムとは、発注がきてから商品を届けるまでの日数のことです。
まずは、自分の会社のリードタイムがどれほどかかるかを理解しましょう。
リードタイムを正確に理解することで、多く在庫を抱えてしまったり、在庫不足になったりする可能性が一気に少なくなります。
次に、お客様のリードタイムをしっかり理解しましょう。
これは、お客様が注文してから商品がお客様の手元につくまで時間です。
これらの二つのリードタイムを理解して、その差やギャップを理解しましょう。
もし、自社のリードタイムが短く、お客様のリードタイムが長い場合は、それほど多く在庫を抱える心配はありません。
なぜなら、お客様の注文があってから発注をしても間に合うからです。
一方で、自社のリードタイムが長くかかってしまうにもかかわらず、お客様のリードタイムが短い場合は在庫を多めに用意することを心がけましょう。

□在庫量を決める際の注意点


しかし、一つ注意が必要なことは、これらの二つのリードタイムから適正な在庫量を算出したとしても不測の事態が起きる可能性があるということです。
特に、一般のお客様が購入する商品の場合は特に注意が必要です。
市場に絶対というものはないので、もしかすると自社の製品が芸能人や有名人にテレビやSNSで紹介されて、ある日突然注文が多くなるかもしれません。
したがって、このような商品を取り扱う場合はできる限り少し余裕をもって在庫を用意しておく方がよいと思われます。

□まとめ


適正な在庫量を求めることは、利益を出すために非常に重要です。
リードタイムを調べる際には、できる限り多くのデータを用意してたくさんの人で話し合うことが必要です。
しかし、どれほど入念に計画を立てても予想に反する出来事は起きてしまいます。
万が一、在庫が多くなってしまった場合には弊社の在庫品の買取サービスをご利用ください。

 

個人事業主の方必見!滞留在庫の処分の方法を買取業者が解説!

「滞留在庫が思ったより残ってしまっている」
「滞留在庫を管理するコストを削減したい」
このようなお悩みを抱える個人事業主様は、多くいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、滞留在庫の処分の方法についてご紹介します。

□捨てる


滞留在庫が溜まってしまった方は、廃棄するという方法を真っ先に思いつくのではないでしょうか。
しかし、持ち運びが困難な大きな商品や滞留在庫の数が多い場合は、処理のコストがかかってしまいます。
実際に、滞留在庫のコストとあまり変わらない額になってしまうことも少なくありません。
そして、ごみとして処分されてしまうと、地球環境を汚染してしまいます。
廃棄することは最も簡単な処分方法ですが、できる限り避けたいですね。

□セールを行う


割引や値引きをして安く売ることです。
捨てることなく、自社製品をお客様に提供できるので気持ちのいい処分方法です。
しかしこの方法のデメリットは、セールをしすぎてしまうと製品の価値が下がってしまうことです。
セールを頻繁に行うと、通常の値段で買うお客様が少なくなってしまいます。
また、いつもセールをしているお店という不名誉なイメージがついてしまうかもしれません。
会社の売り上げに大きく響いてしまう可能性もあります。
よって、年末年始といった節目にクリアランスセールを行うことや福袋などにしてまとめ売りすることが効率的です。

□滞留在庫の買取専門業者に依頼する


セールを行っても売れ残ってしまった製品や、できる限り値引きしたくない商品の場合はどうすればよいでしょうか。
ここで活躍するのが滞留在庫の買取専門業者です。
滞留在庫の買取業者とは、その名の通り、滞留在庫を買い取ってくれる会社のことです。
買取業者に依頼すると、査定が終わり次第すぐに現金化することができます。
お金を払って処分するよりも、経済的に考えて圧倒的に良いです。
査定の金額次第では、セールでたたき売りするよりも高く売れる可能性もあるので、セールを行う前にぜひ査定をしてみてください。
また、買取業者は対応する地域や商品は、もちろん査定金額も業者ごとにかなり異なります。
買取業者を選ぶ際は、できる限り高い金額で買い取ってもらえる業者を利用するようにしましょう。

□まとめ


以上が在庫を処理する主な方法です。
滞留在庫を処分することは、節税にもつながり会社の経理にも優しいことです。
また、滞留在庫の買取業者をお探しの方は、ぜひ25年以上の買取実績のある弊社にお任せください。

 

棚卸資産の評価方法とは|原価法と低価法をわかりやすく解説

「棚卸の評価方法を具体的に知りたい」
「原価法と低価法を詳しく知りたい」
年度末には、年末調整をはじめたくさんの税金に関する申請が必要ですよね。
その中でも、棚卸資産に関する税金はあまり馴染みがなく難しいことが多いです。
しかしながら、この税金の制度を理解することで税金の負担を軽くすることができるかもしれません。
そこで今回は、棚卸資産についてわかりやすく説明していきます。

□棚卸資産の評価方法


年度末に行う棚卸しの資産金額の評価方法には「原価法」と「低価法」の二種類があります。
評価方法ごとに算出される金額が異なるので、この二つの方法を正しく理解していなければ税金が高くなってしまい、思いがけない損失につながる可能性があります。
ちなみに、「原価法」と「低価法」のどちらを採用するかは、自分で申請する必要があります。
申請がない場合は、「原価法」が採用されます。
それでは早速、両者の評価方法をご紹介いたします。

*原価法


原価法とは、残った在庫を購入した際の原価を基にして計算する方法です。
また、この原価法には以下のように6種類の計算方法があります。
・最終仕入原価法
・個別法
・先入先選法
・総平均法
・移動平均法
・売価還元法
さまざまな種類の原価法がありますが、その中でも一般的に使われる最も標準的な方法の「最終仕入原価法」を詳しく説明します。
「最終仕入原価法」とは、期間の最終日に近い日において取得した仕入れ値を滞留在庫の元値として計算する方法です。
その商品の期間内の価格変動が大きかった場合には、実際に買った値段と大きく異なってくるので注意が必要です。
申請をしない場合は、「原価法」の中でも「最終仕入原価法」で計算されます。

*低価法


対象の在庫を購入した際の原価とその時点での原価を比較して、いずれかの安い方を用いる方法です。
以前は「洗い替え低価法」と「切り放し低価法」の二種類がありましたが、平成23年の税制度改正により、現在は「洗い替え低価法」のみになっています。
原価法に比べ、時価の値段次第では安くなる可能性がありますが、計算が複雑になるためご検討の方は税理士に相談をした方が確実です。

□まとめ


以上が「原価法」と「低価法」です。
ちなみに、通常は「原価法」を採用される企業が多いようです。
税金に関する法律はかなり難しいですが、理解しておかなければ損失につながることもあるので重要です。
インターネットや書籍でも不明な点がある場合は、専門の税理士に相談することがおすすめです。
年度末の決算では滞留在庫が少ない方が税金が安くなるので、できる限り年度末までに在庫を処分してしまいましょう。

 

徹底処分!在庫品の買取の流れを詳しく解説します!

「滞留在庫を買取に出したい」
「滞留在庫の買取の流れについて知りたい」
このようにお考えの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、滞留在庫の買取の流れを詳しくご説明いたします。

□買取に必要な情報


まず、買取に出す前に揃えていただく情報がいくつかあります。
買取に出す商品の種類が多い場合は、
・在庫品をリストアップしたもの
・保管状態が明確にわかる写真
・商品の写真
・在庫を保管している地域(都道府県)
以上の4点です。

買取に出す商品の種類が少ない場合は、
・商品の名前
・商品のサイズや容量
・商品の写真
・商品の使用期限または賞味期限
・保管している商品の在庫の数
・在庫を保管している地域(都道府県)
以上の6点です。

用意する情報が多いように感じられますが、実際に商品を発送して査定することを考えると比較的お手軽に査定できます。
加えて、配送料といったコストの面でもかなりお得です。
また、買取に出したい商品がたくさんある場合のみ、出張でお見積もりさせていただくことも可能です。
出張見積もりに関しましては、事前に商品の保管状況を写真で送っていただくことがあります。

□商品の買取の流れ


次は、買取の流れをご紹介していきます。
・先ほどの査定に必要な情報を弊社にお送りください
・お送りいただいた情報から概算で査定した金額をお客様にご提示いたします
・お客様が査定金額に納得いただけた場合、商品のサンプルを弊社にお送りください
・弊社にサンプルが着き次第、正確に買取価格を決定させていただきます
・買取価格が決定したのち、残りの商品の出荷をお願いいたします
・発送いただいた商品が弊社に到着した際に、全商品を検品いたします
・弊社にて検品終了後、買取価格をお客様の銀行口座へお振込みいたします。(支払いは銀行振り込みのみとさせていただいています。現金のみでしか受け取れない場合はご相談ください)
お振込み日は、弊社にて検品をして問題がなければ2営業日~7営業日以内にお振込みいたします。
以上の7手順で取引が完了いたします。

□まとめ


以上が買取に必要な情報と方法です。
在庫を処分することに比べると、買取は複雑な手順のように思われます。
しかし、一般的に想像されている手順よりも圧倒的に簡単に行うことができます。
また、写真での査定ですので、簡単に行うことができます。
買取をご検討されているお客様は、まずは査定をしてみましょう。
滞留在庫の買取の際には、長年の信頼と実績のある弊社にお任せください。

 

在庫品を処分をする効果とは?|在庫品の買取業者が詳しく解説

「在庫品が多くなってきた・・・」
「在庫品を処分するか迷っている」
在庫品の処理って難しいですよね。
もしかしたらまだ売れるかもと思ってしまい、倉庫に保管している商品も多くあると思います。
このような悩みを抱えている皆様に、今回は在庫品を処分するメリットについて詳しく解説していきます。

□節約につながる


在庫を管理するには、思いのほかたくさんの費用がかかっています。
まず、滞留在庫も商品であるので、品質を維持するために一定期間ごとに品質をチェックする人員の人件費です。
もう一つは、滞留在庫の数が増えるにつれてたくさんのスペースを使うようになります。
そのため、会社の倉庫のスペースを圧迫し、さらに会社の倉庫ではスペースでは足りなくなった場合は、別に倉庫を借りるようになることもありますね。
この倉庫を借りている賃貸料や、倉庫の土地代には多くの金額がかかっています。
思い切って在庫を処分することで、今まで滞留在庫の品質管理を担当していた人件費や倉庫を維持するための費用をかなりカットできます。
滞留在庫は、持っているよりも会社の売り上げや経理に大きな負担がかかっていることがあるので注意しましょう。

□新しいことをはじめるきっかけにもなる?


今では滞留在庫となってしまった商品も、最初は「たくさんの売り上げが見込める!」と思い取り扱いを始めた商品が多いですよね。
そのため、もしかしたらまだ売れるかもと思ってしまいがちです。
しかし、思い切って滞留在庫を処分することで、心機一転し新しい商品を取り扱いを始めるきっかけに繋がります。
売れる見込みの低い滞留在庫よりも、もっと売れそうな新しい商品を探してみましょう。

□税金が安くなる?


滞留在庫は、税務上会社の資産として扱われます。
よって、年度末の売り上げや利益の調整の際に思いがけない税金の負担をしてしまうかもしれません。
特に負担が増える部分が利益に関する税金です。
商品を購入した原価ではなく、滞留在庫を差し引いた原価で計算するため実際の利益よりも多く税金を払うことになってしまいます。
ぜひ年度末までに滞留在庫を処分し、節税をしましょう。

□まとめ


売り上げをあげるために、新商品の取り扱いや開発をする前に滞留在庫を処分して無駄な経費を節約することを検討してみましょう。
滞留在庫を処分する際には、廃棄も良いですが買取業者もご検討ください。
買取業者をお悩みの方は、ぜひ長年の信頼のある弊社にお任せください。

 

滞留在庫の問題点とは?|滞留在庫の買取業者が解説

「滞留在庫が多いとダメなの?」
「滞留在庫のデメリットが知りたい」
滞留在庫は、品切れを防ぐことができ、万が一返品になってもすぐに対応できるというメリットがあります。
しかし、滞留在庫を抱え込みすぎるとたくさんの問題が引き起こります。
そこで今回は、滞留在庫を抱え込むデメリットをご紹介します。

□管理が大変


最も大きなデメリットは管理が大変であるということです。
当然、滞留在庫を保管するためには場所が必要です。
在庫が増えてしまうと、本来は広々と使えていた場所が圧迫されてしまい作業効率が下がってしまいます。
それだけではなく、滞留在庫もしっかり保管できているか管理しなければならないので手間も増えてしまいます。
さらに、滞留在庫が増えてしまい、倉庫を借りるようになると倉庫のコストがかかるだけでなく人員も割かれてしまいます。

□在庫の維持費がかかる


滞留在庫を補完するためには、人員と場所だけでなく、光熱費や運搬費がかかります。
それに加えて、滞留在庫は売れる保証がないものが多いので、売れない商品に人件費やその他の費用をかけることは事業を行う上で最も無駄であるといえるでしょう。

□税金が多くかかってしまう。


滞留在庫は、所有しているだけで資産として扱われます。
よって、売り上げに対する仕入れの原価の値段が滞留在庫の分だけ下がってしまい、収入が実際の金額よりも多く計算されます。
これにより、本来徴収される税金よりも多い金額が徴収されます。

□品質が劣化してしまう


滞留在庫も商品なので、どれだけ丁寧に保管していても、新品に比べて品質が下がってしまいます。
せっかく大切に保管していてももったいないことになります。
また、時間の流れとともに、流行や技術が変化するので、商品自体が時代遅れになることも避けられません。
時間とお金をかけた商品の価値がなくなってしまうことはできる限り避けたいですね。

□まとめ


以上が滞留在庫によって引き起こるデメリットです。
滞留在庫は最低限必要な数に抑えるようにしましょう。
現在、倉庫に眠っている価値が低くなってきた滞留在庫はなるべく早く処理しましょう。
せっかく仕入れたものを処分したくないと思う方もいらっしゃるでしょう。
そのような方は、滞留在庫の買取業者をご利用ください。
弊社は、家具や家電をはじめとして様々なジャンルをお取り扱いしています。
買取査定のお見積もりは無料です。
滞留在庫でお困りの方は、ぜひ25年以上の信頼と実績の弊社にお任せください。

 

滞留在庫にかかる税金?滞留在庫は買取業者にお任せ!

「最近、滞留在庫が溜まってきた・・・」
そんな個人事業主の皆様に、今回はこの滞留在庫によって取られてしまう税金について解説します。
実は、滞留在庫はできる限り処分した方が良いです。

□滞留在庫によってかかる税金とは?


滞留在庫は資産の一部とみなされてしまいます。
売れずに残っていて、自分には価値のないものであっても所有していれば資産という扱いになってしまうのです。
そのため、滞留在庫をたくさん抱えたまま決算をしてしまうと、滞留在庫が試算に上乗せされて所得が計算されてしまい、その分だけ課税が発生してしまいます。
では、どのような事態になるのか具体的に見ていきましょう。

*滞留在庫による課税の例


まず、利益とは売り上げから仕入れた値段を引いた価格ですよね。
(利益)=(売り上げ)ー(仕入れ値)
ここで仕入れ値が160万円で仕入れた商品が、200万の売り上げがあったとします。
ここでの利益は、40万円です。
しかし、このお金がそのまま利益になるわけではないです。
確定申告をして税金が引かれて手元に残ったお金が利益です。
では、ここで決算時の売れ残りが20万円であったとします。
これによって仕入れ値の原価が決まります。
仕入れ値の160万円から、売れ残りの20万円を引いた140万円が仕入れ値の原価です。
よって、売り上げの200万円から140万円を引いた60万円が利益として計算されます。
すなわち、計算時に滞留在庫が多ければ多いほど、仕入れ値の原価が上がり、利益が多く計算されます。
これにより、実際の利益よりも多い利益の税金が引かれます。
さらに、前の決算時に残っている滞留在庫があると、それも上乗せされてしまうので気を付けてください。
売れるかもと思って保管していた滞留在庫が思いがけないところで税金の負担を増やします。
できる限り滞留在庫は少なくした方が良いと考えられるでしょう。

□では滞留在庫はどうすればいい?


これを聞いて、皆様は滞留在庫すぐにでも処分したい気持ちになっていると思います。
しかし、滞留在庫を処分することもお金がかかってしまいます。
ここで、利用していただきたいのが、滞留在庫の買取業者です。
滞留在庫を買い取ってもらうことで、お金を払うどころか、お金を貰って処分ができます。


□まとめ


税金はしっかりと理解していないと、思いがけないところで損をしてしまうことがあります。
滞留在庫は決算までに買取業者を利用して思い切って処分しましょう。
その際は、ぜひ弊社にお任せください。
どこの買取業者を利用するか迷っている方は、無料買取査定をご利用ください。