在庫は処分?買取?閉店に向けての在庫処理方法

「店をたたむことになったけれど在庫の処分方法に困っている」
という方はいらっしゃいませんか?
大量に残った在庫は処分に困るのも当然です。

全て廃棄するのも勿体無いですし少しでもお金に変えておきたいところですよね。
処分の方法にはいくつかございます。
そこで今回は閉店の際に在庫を処分する方法を紹介するとともにそれぞれのメリットを比較していきます。

□閉店セールをする

これはスーパーでもよくある光景ですが毎日ある一定の時間になると一斉に食品の値引きが始まりますよね。

*閉店セールが効果的な商品

消費期限が来てしまうけれど、そのままだと商品が売れ残ってしまう場合には大変有効です。廃棄してしまった場合は利益は0ですが割引して売ってしまうことでそのぶんの利益は手に入れられます。

また大幅な値引きをすることで売れる商品の数も一気に増えるためたとえ1つあたりの利益が少なくとも総合で利益を上げることができるのです。


またこの際にできる限りの価格まで下げることも一つの戦略です。
在庫が残っているとそれを処分するのにさらに費用がかかりますのでなるべく売り切ってしまった方が良いです。

*閉店セールのメリット

閉店セールのメリットは在庫がなくなりやすいことです。
在庫がなくなることで処分にかかる費用が減ります。特に家電の場合は処分するのに多くの費用がかかりますので有効です。

□廃棄する

どうすることもできないものに関しては廃棄を考えましょう。
あまりオススメな方法ではないですがやむを得ないことです。

*メリット

廃棄のメリットとしては種類に関係なく一度に処分できてしまうことです。
一度に処分できるので手間がかかりません。
あまりに多くの在庫は分別、売りさばくのにも多くの時間と労力を必要とします。
売り切ったとしても見合うだけのリターンが得られる見込みがない場合には廃棄を考えても良いでしょう。

□買取業者に買取をお願いする

買取業者に買取をお願いすることもできます。
全国には多くの買取業者が存在しており、買い取ったものをまた転売してくれます。

そのため売れ残った商品であっても買い取ってくれる可能性は大いにあります。
また閉店セールを無理やりして低い利益を上げるよりも、業者の方が高く買い取ってくれる場合もあります。

*メリット

業者にお願いするだけなので自分で動く手間が省けます。

□最後に

以上閉店の際に在庫を処分する方法とそれぞれのメリットをご紹介いたしました。
閉店の際は在庫を全て処分してから閉店を迎えたいものです。
ぜひこの記事を参考にしてください。

不良在庫を出さないための3つの対策方法|改善のポイントを紹介

経営をされている方の中には

「不良在庫が多くなってしまって、経営を圧迫している」

と不良在庫の対応に悩まれている方も多いのではないでしょうか?

不良在庫を出さないためには、様々な対策が必要です。
経営を安定させるためにも、不良在庫の対処方法を考えることが重要です。

今回は、どのようにすれば不良在庫を出さないようにできるのか、不良在庫を出さないための3つの方法をご紹介します。

□不良在庫を出さないための3つの対策方法

不良在庫を出さないための対策方法として、「適正在庫を保つ」「在庫削減に務める」「在庫回転率を高める」という3つの対策方法があります。
それぞれについて、解説していきます。

*適正在庫を保つ

適正在庫を保つとは、経営状態に適した量の在庫を持つということです。完全に人力で行うか、大量の在庫でも比較的簡単に管理できる在庫管理システムを導入するといった方法が考えられます。

在庫管理システムを導入するには多少のハードルがありますが、不良在庫を抱えて経営を圧迫してしまうよりも、小さな負担で導入できます。

*在庫削減に努める

不良在庫を抱えてしまわないためには、「在庫削減に努める」つまり「在庫を減らそうとする気持ちを常に持つ」ということが大切です。
在庫が多くなりすぎないようにするには、どうすればいいのか、常に思考を巡らせましょう。

在庫を減らせば、本当は得られたかもしれない利益が失われるのではないか、と考えてしまいがちです。
在庫を管理するための費用や、売れないかもしれないというリスクを考慮して、仕入れる在庫の量を慎重に調節していく必要があります。

*在庫回転率を高める

在庫回転率とは、一定期間にどのくらい回数、在庫が販売されたのかを表す指標のことを指します。
在庫回転率が高ければ高いほど、在庫が売れていくスピードが速いということです。
不良在庫を抱えてしまわないように、在庫回転率を高めていく必要があります。

ですが、在庫回転率が高すぎると、品切れになる可能性が高まるので、売れ行きをみて、慎重に仕入れを行なっていく必要があります。

□不良在庫をなくして、効率の良い経営を

今回は、どのようにすれば不良在庫を出さないようにできるのか、不良在庫を出さないための3つの方法をご紹介しました。

品切れによる機会損失を警戒するあまり、多くの不良在庫を抱えてしまうといった事態にいつ陥ってしまうかわかりません。
もし、在庫を多く仕入れてしまいがちだなと感じる方は、ぜひこの記事の内容を参考にしてみてください。

 

これだけは知っておきたい!在庫回転率を上げる方法とは?

在庫回転率は、経営改善に向けた大切な指標です。

経営をされている方の中には、在庫回転率から、経営改善を模索されている方も多いのではないでしょうか?
経営改善には、回転率の良い循環を生むことが大切です。

今回は、在庫回転率を上げるにはどうすれば良いのか、その方法を3つのポイントでご紹介します。

□在庫回転率を上げる3つのポイント

在庫回転率を上げるためにはどのようにすれば良いのでしょうか?
3つのポイントを紹介していきます。

*まず、現状を知り、把握すること

まず何よりも、在庫回転率を計算しながら、現在の状況を知ることが大切です。
「在庫の原価の合計はいくらなのか」
「どのくらいの売上が発生しているのか」
を把握して、在庫回転率を計算してみましょう。

また計算するなかで、現状と真摯に向き合い、改善する方法を模索していきます。

在庫回転率の計算方法は以下のとおりです。
「在庫回転率 = 売上原価 ÷ 棚卸資産の金額」

*棚卸資産の金額

棚卸資産の金額とは一度に保管できる在庫の原価の合計金額です。

自社の在庫回転率が求められれば、競合他社の在庫回転率を求め、他社と比較することで自社の値が低いのか高いのか検討しましょう。

比較することで、業界の中で、自社がどのくらいの位置にあるのか把握できます。

*売上高を上げるか平均在庫を下げる

在庫回転率を上げるための方法は、売上高をあげるか、平均の在庫を少なくするかの2つの方法が考えられます。
売上を多くするにはどうすればいいのか。在庫の量を減らすにはどうすればいいのかを考えてみましょう。

*黒字経営の競合他社を分析・模倣

他社の在庫回転率を調べていく中で、参考になるような安定して黒字経営をする会社が見つかります。
まずは、その他社の在庫管理や販売戦略などを分析し、模倣してみましょう。
分析し、模倣する中で、在庫回転率の上げるにはどのようなことをしていけばいいのか。
自社には何が足りていないのか。といったことがだんだんと見えてきます。
そして、改善案を実践していきます。

□在庫回転率を出し、現状の把握が第一歩

在庫回転率は、経営改善のための大切な指標です。経営改善に向け、在庫回転率を調べることが初めの第一歩です。
「現状の売上はいくらなのか」と「在庫の原価の合計金額はいくらなのか」を調べ、在庫回転率を求めましょう。
また競合他社の在庫回転率を調べたり、求めたりして、自社のものと比較し分析していきましょう。

今回は、在庫回転率を上げるにはどうすれば良いのか、その方法を3つのポイントでご紹介しました。

 

滞留在庫の削減方法を比較!それぞれのメリットとデメリット

滞留在庫とは、仕入れたものの使われない、売れないなどの理由により工場や店舗に滞留してしまっている在庫のことを指しています。

経営をされている方の中には、この滞留在庫の対処に悩まれている方も多いのではないでしょうか?

滞留在庫は増えれば増えるほど維持費用がかかりますが、売り上げが発生するわけではありません。
できることなら、滞留在庫は削減しておきたいところですよね。

今回は、滞留在庫を削減するための方法を比較しながらご紹介します。

□滞留在庫の3つの削減方法

滞留在庫を削減するためには、どういった削減方法があるのでしょうか?
削減方法には主に、「ABC分析」、「ジャスト・イン・タイム」、「データ分析による在庫管理」があります。

*ABC分析

ABC分析は、滞留在庫の削減方法の中でも、多く用いられている方法です。
ABC分析は在庫の重要度を3段階で振り分け、それぞれ対処していく方法です。
在庫をA群、B群、C群に振り分けていきます。

・A群(主力製品:累積構成比の70%)
売れる見込みの高い主力商品なので、頻繁に在庫を確認し、仕入れがどのくらい必要なのかに注意します。

・C群(あまり売れない商品:累積構成比の90~100%)
売れにくく、動きの少ない製品なので、発注業務や管理の手間を省略するようにします。

・B群(主力製品の次に売れる商品:累積構成比の70~90%)
一般的に、主力製品の次に売れる準主力商品は、全体の売り上げの80%をしめます。
A群とC群の中間的な対応をします。

他の方法よりも、リスクが低く、導入コストもあまりかかりませんが、ABCの分類分けに人的資源が必要です。
また、手仕事が多いためシステムが軌道に乗るまで時間がかかるという特徴があります。

*ジャスト・イン・タイム

ジャスト・イン・タイムとは「必要なものを、必要なときに、必要な量だけ」仕入れるという方法です。
ある大手自動車メーカーが導入したことで有名になりました。
仕入れの偏りを防ぎ、必要以上の仕入れを防ぎ、管理コストを下げるという特徴があります。

費用削減には繋がるものの、災害時に仕入れできなくなると商売ができなくなるなどリスクが高いものとなっています。

*データ分析による在庫管理

機械学習やビッグデータを用いて、在庫を管理する方法です。
導入費用はかかりますが、経験や憶測にとらわれない、質の安定した管理を行うことができます。

天気から売れ行きを予測したり、新商品をどれくらい仕入れればいいか、データ分析することでわかるなどの特徴があります。

□事業規模に応じた方法で、滞留在庫を削減

対策方法によって、導入コスト、運営のリスクは様々です。事業の規模や人的資源を考慮して検討していきましょう。

今回は、滞留在庫を削減するための方法を比較しながらご紹介しました。

 

滞留在庫を管理方法を紹介|売れ残りだからこそ、適切な管理を

滞留在庫は、経営をされている方なら、一度は立ちはだかる問題ではないでしょうか?

売れ残ってしまい、工場や店舗でどうしようもなく管理されている滞留在庫。
売れ残ってしまったものだからこそ、適切な管理が必要です。

今回は、滞留在庫をどのように管理すればいいのか、3つのポイントをご紹介します。

□滞留在庫を管理するための方法

滞留在庫を管理するための方法には、どのようなポイントがあるのでしょうか?3つのポイントをご紹介していきます。

*保管場所の確保および分類

まずは、滞留在庫を管理するための保管場所を確保し、分類することが必要です。
保管場所を確保するためには、ABC分析などの分類方法が役に立ちます。

売れ行きのいい主力商品であるA群。
主力商品に次いて売れ行きがいいB群。
あまり売れ行きがよくないC群。
このように販売する商品を3段階に分け、対応に差をつけ、管理の仕方を変えていきます。

・A群(主力製品:全体の10%)
売れる見込みの高い主力商品なので、頻繁に在庫を確認し、仕入れがどのくらい必要なのかに注意します。

・C群(あまり売れない商品:全体の70%)
売れにくく、動きが少ない製品なので、発注業務や管理の手間を省略するようにします。

・B群(主力製品の次に売れる商品:全体の20%)
一般的に、主力製品の次に売れる準主力商品は、全体の売り上げの80%をしめます。
A群とC群の中間的な対応をします。

A群、B群、C群それぞれを保管する場所を確保していきます。
A群には全体の10%の製品を、B群には全体の20%の製品を、C群には全体の70%の製品を分類していきますので、C群のスペースが一番多く必要です。
滞留在庫はこのC群に含まれます。


*整理・整頓を心がけ、管理状態を保つ

「売れ残り」とはいえ、今後在庫処分を行っていく大切な商品です。
「著しい損傷が発生して、売れなくなってしまった」
「傷のために、値引き対応に迫られる」
といったことが起こらないように十分に注意しましょう。

*清掃を徹底し、在庫を清潔に保つ


いざ、在庫処分を始めようとする際に、在庫の清掃から始めることになれば、人的資源が必要になるだけ

でなく多くの時間が必要です。ですので、いつでも在庫処分に踏み出せるよう、こまめな清掃を心がけ、在庫を清掃しておきましょう。

□業績改善に向け、徹底した管理を

在庫処分には、年末年始や新生活シーズンなど、効果的なタイミングがいくつか存在します。
そのタイミングにうまく在庫処分を合わせられるように、滞留在庫の管理は徹底して行う必要があります。
滞留在庫を適切に管理し、業務改善につなげていきましょう。

今回は、滞留在庫をどのように管理すればいいのか、3つのポイントをご紹介しました。

 

在庫回転率とは何か、計算方法も含めて解説します

経営をされている方の中には、「在庫回転率」という言葉を一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

ですが、
「在庫回転率が、どういったものなのか、いまいちわからない」
「在庫回転率を計算してみたけど、これが高いのか低いのかよくわからない」
という方も多いかもしれませんね。

今回は、在庫回転率とはどういったものなのか、その計算方法も含めて解説します。

□在庫回転率とは?

在庫回転率とは、在庫として保管されている商品の金額と実際に販売された商品の原価の金額を比べることで、在庫商品が何回転入れ替わったのかを表す指標のことです。

「在庫回転率が高い」ということは、在庫回転がいいということを表し、よく売れていることを示しています。
「在庫回転率が低い」ということは、商品があまり売れていないことを表します。
ですから、回転率が低い場合は、改善が必要だということです。

□在庫回転率の計算方法

在庫回転率の計算方法は、

「在庫回転率 = 売上原価 ÷ 棚卸資産の金額」

です。
棚卸資産の金額とは、在庫となっている商品の金額の合計です。

例えば、常に在庫を100万円所有している業者、つまり棚卸資産100万円の業者の在庫が全て売れて100万円の売り上げがあったとすれば、上の売上原価は100万円となり、在庫回転率は1となります。

また、在庫回転率10回転というのは、棚卸資産100万円の業者の在庫100万円が1年間で10回全部売ることができていたということを指しています。

自社だけの在庫回転率では低いか高いかの判断ができませんので、競合他社の在庫回転率を調べ、比較することで低いか高いかを判断し、対策を検討していきましょう。

在庫回転率は、大きければ大きいほど、在庫が保管されている期間が短く、効率が良いとされています。
しかし、品切れのリスクが高くなるので、高すぎるというのもまた問題です。
在庫回転率を分析することで、滞留在庫の改善に努めていきましょう。

□在庫回転率を知り、適正在庫を維持

在庫回転率という言葉を初めて聞いた方も、すでにご存知だった方も、他社の在庫回転率を分析しながら自社と比較していきましょう。在庫回転率は、業務の改善につながる大切な指標です。
今回紹介した計算方法を元に、ぜひ今の在庫回転率を計算してみてくださいね。

今回は、在庫回転率とはどういったものなのか、その計算方法も含めて解説しました。

 

知っておきたい!在庫処分が年末に多い3つの理由!

在庫処分を検討されている方の中には、
「年末に在庫処分が集中する」ということを耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

事実、年末には多くの業者が決算セールなどを行い、在庫処分を行っています。ですが、どうしてそうなるのかよくわからない方も多いはずです。

今回は、なぜ在庫処分が年末に多いのか、その理由を3つご紹介します。

□在庫処分が年末に多い3つの理由

どうして、年末に在庫処分が集中するのでしょうか?
その理由は以下の通りです。

*節税対策

 

「実際に利益を得られていない在庫にも、税金がかかるのか」と、疑問に感じた方も多いのではないでしょうか?

実は、利益が得られていない在庫は売れない可能性があるにも関わらず、利益として換算され、税金が発生してしまうのです。
ですので、売れる可能性がないかもしれないというリスクを回避し、在庫にかかる税金対策として、多くの業者がセールを開き在庫処分を行っているのです。
これが、年末に在庫処分が多くなる一番大きな理由です。

*決算セールとして年末商戦に合わせる

年末には、多くの企業が在庫処分に関係なく、多くの商品を売ろうと年末商戦を行っています。

こういった動きが同時多発的に動くと、お祭りのように「雰囲気に載せられて必要以上のものを買ってしまう」という現象が起こります。
ですので、決算セールや在庫処分セールとして年末商戦に乗っかろうという業者が多くいるわけです。

*年末に購買意欲が高まる

12月以降、クリスマスも相まって、年末には多くの人の購買意欲が高まっています。
ですので、その購買意欲の高まりに合わせて、多くの業者が年末商戦を行うのですが、それに便乗して在庫処分を行う業者が多くなっています。

□年末の在庫処分で賢く経営

在庫の「売れないかもしれない」というリスクを排除し、在庫にかかる税金対策として行われる、
という一番大きな理由を筆頭に、クリスマス以降の年末商戦に便乗するなど、多くの業者が年末に在庫処分を行っています。
多くの在庫を抱えてしまうのは、大きなリスクです。
もし年末のセールで、大きな在庫処分の成果が見込めない場合は、買取業者に依頼してまとめて処分してもらうことも、検討しておくと安心です。

在庫処分に効果的な時期は年末だけではありません。効果的な時期に在庫処分を行うことで、効率よく処分を進めていきましょう。

今回は、なぜ、在庫処分が年末に多いのか、その理由を3つご紹介しました。

 

利益を上げたい!そんな方がやっておきたい在庫管理の方法とは?

個人経営をされている方の中には「在庫管理から利益を上げたい」と、思われている方もの多いのではないでしょうか?

在庫管理を効率よく行うことで、利益を拡大させることができます。

今回は、在庫管理から利益雨を拡大する方法を4つほど、紹介します。

□利益を拡大する4つの方法

在庫管理を効率化させることで利益を拡大する方法には、どういったものがあるのでしょうか?
4つの方法をご紹介していきます。

*基本的な在庫管理を徹底する

利益を拡大させるために、まずは基本的な在庫管理を徹底しましょう。
基本的な在庫管理には以下のような2つの方法があります。

 

・ABC分析による分類管理売れ行きのいい主力商品であるA群。
主力商品に次いて売れ行きがいいB群。
あまり売れ行きがよくないC群。

このように販売する商品を3段階に分け、対応に差を
つけ、管理の仕方を変えていきます。

 

・A群(主力製品:全体の10%)
売れる見込みの高い主力商品なので、頻繁に在庫を確認し、仕入れがどのくらい必要なのかに注意します。

・C群(あまり売れない商品:全体の70%)
売れにくく、動き少ない製品なので、発注業務や管理の手間を省略するようにする。

・B群(主力製品の次に売れる商品:全体の20%)
一般的に、主力製品のの次に売れる準主力商品は全体の売り上げの80%をしめます。
A群とC群の中間的な対応をします。

ABC分析は、こまめに記録をつける必要がありますが、導入コストも低くかなり効果的な方法です。

・在庫管理システムの導入
ABC分析と比べ、導入コストが大きくなりますが、在庫管理システムを導入も効果的です。
PC場でデータを扱いながら在庫の管理を行っていきます。

*在庫回転率を求め、上げていく

在庫回転率とは、在庫として保管されている商品の金額と実際に販売された商品の原価の金額を比べることで、在庫商品が何回転入れ替わったのかを表す指標のことです。

この指標は、在庫の管理体制や、在庫の仕入れ頻度が適切か、売筋の商品はどういったものかなどの分析に用いられます。

単純な計算ではありますが、客観的な数値で、現状を図ることができるので、オススメの方法です。

*競合他社を分析・模倣

在庫回転率を分析するなど、黒字で安定した業績を残している競合他社を分析してみましょう。
良い点はどんどん模倣していくことも大切です。

分析するための時間は必要ですが、大きな費用もかからず、効果も見込める方法です。

*在庫処分で利益増および税金対策

大きな売上が見込めない在庫は、セールを行ったり、買取業者に買取を依頼するなどして、在庫処分をしていきましょう。
こうすることで、できる限り多くの利益を得ることができます。
また、買取業者に依頼して買取を行ってもらう際に、売上が見込めないものも回収してもらうこともできる可能性があります。

□おわりに

今回は、在庫管理から利益雨を拡大する方法を4つほど、紹介しました。在庫管理を効率よく行うことで、
十分に利益拡大が見込めます。
もし、「利益を上げたい」とお考えの場合は、ぜひこの記事の内容を参考にしてみてください。

 

不良在庫が法人税に悪影響?評価額を下げる方法とは?

不良在庫が法人税の計算において、悪影響を与えるということをご存知でしょうか?

在庫を抱えてしまった場合、法人税に影響を与えます。
不良在庫が法人税に悪影響を与えると聞いて、驚かれた方も多いかもしれませんね。

今回は、どのようにして、不良在庫が法人税に悪影響を与えるのか、ご紹介します。

□不良在庫が法人税に悪影響になる

不良在庫とは、流行遅れや、賞味期限切れといった理由から、売れる見込みが少ない在庫のことを指します。
その不良在庫がどのようにして、法人税の影響を与えるのか、解説していきます。

*在庫は利益として換算される

たとえ、売れる見込みのない在庫であっても、在庫は利益として換算されてしまいます。
「新製品が出てしまったために型落ちとなってしまった商品」
「季節ものの商品で売れ残ってしまったもの」
など、ほとんど売れる見込みもなく、現金化が難しいものでも、計算上では会社の利益として計算されてしまいます。
実際に収益を得られていない在庫品が、法人税の課税対象となってしまうのです。

ですので、不良在庫は決算をする前に処分することが必要です。不良在庫のために、業績が圧迫されてしまう業者も少なくありません。年末年始や新生活シーズンなど、効果的な時期に在庫処分を行いましょう。

また、買取業者やリサイクル業者が、無償または有償で引き取ってくれる場合があります。

現金化が難しい場合については、評価損として計上することを検討していきます。
評価損というのは、在庫の評価額を下げることを指します。

ですが、法人税では、評価損として認められている場合が限られているので注意が必要です。

□評価額を下げるには・・・

評価損として認められるのは、
「破損になどによって販売が難しい場合」
「災害によって損傷してしまった場合」
「季節商品が売れ残ってしまい、販売が難しい場合」
などの場合です。
単に売れないなどとといった理由では、認められないので注意が必要です。

□不良在庫を処分して、節税対策を

多くの在庫を抱えてしまった場合は、年末年始などの効果的な時期に「決算セール」「在庫処分セール」を開き、処分していきましょう。
また、評価損の認定も難しく、売れる見込みのない在庫は、買取業者に依頼して売れる見込みのあるものと一緒に引き取ってもらうことがオススメです。
不良在庫をできる限り処分して、節税対策を行っていきましょう。

今回は、どのようにして不良在庫が法人税に悪影響を与えるのか、ご紹介しました。

 

在庫処分を行う効果的な時期とは?理由も合わせて解説します!

経営をされている方の中には、
「どういったタイミングで在庫処理をするのが効率がいいんだろう」
と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか?

効率よく在庫を処分するためにも、適切な時期を見極めて処分することが大切です。

今回は、在庫処分を行うのに効果的な時期を、その理由も合わせてご紹介します。

□在庫処分を行う効果的な時期

在庫処分を行う効果的な時期は、以下の3つの時期です。

*各季節の1ヶ月前

季節物の在庫は、シーズンが終わる1〜2ヶ月前にセールなどを行い、販売してしまうことが大切です。
季節ものが売れるかどうかは、シーズンに大きく影響されています。
もし、シーズンが過ぎてしまうと、売れる可能性は格段に下がってしまいますので、早め早めに処分を進めていきましょう。

また、シーズンが過ぎてしまって、来年の需要が見込めないものは、買取に出しても買取価格がかなり下がってしまいますので、1ヶ月前には在庫処分を行い始めましょう。

*新生活シーズン

毎年3〜4月は、新しく学期が始まったり、新入社員の方が引越しを行うなど、新生活を始めるシーズンです。
家電や家具、日用品の需要が高まるので、この時期に在庫処分としてセールを行うと効果的です。

また、新生活は引越し等でお金が大きく動く季節です。
その分、財布の紐が緩くなっているので、ここぞというくらいに在庫処分を進めていくと効果的です。

*年末年始

年末年始は、多くの業者がセールを行い、在庫処分を行う時期になります。
これは、在庫を処分するという目的もありますが、在庫にかかる税金を減らすという目的もあります。
売れ残ってしまった季節ものや、来シーズンでは型落ちとなってしまうものなどをセールとして在庫処分をしましょう。
また、この時期から新学期シーズン向けの在庫を処分し始めても大丈夫です。

もし、セールという形での在庫処分が難しい場合は、買取業者に依頼して、買い取ってもらいましょう。
在庫には、税金がかかりますので、できる限り処分を進めたいところです。

□効果的なタイミングで在庫処分

在庫の種類によって、売れる時期が異なります。
季節ものならその季節に合わせて、
家電や家具なら新生活シーズンに合わせて 、
どういった時期が効果的なのか見極めながら、在庫処分を進めていきましょう。
また、在庫には税金がかかりますので、年末には買取業者に依頼してまとめて処分してもらうことも検討しましょう。

今回は、在庫処分をここなうのに効果的な時期を、その理由も合わせてご紹介しました。