経営者の方必見|在庫品が経営に与える影響について解説!

「在庫品を持つことは悪いことなの?」
「在庫品と経営って関係あるの?」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
今回は、そんな方向けに在庫品が経営に与える影響について詳しく解説します。

□在庫がもたらすメリット

ここでは、在庫が与える影響をメリットとデメリットで紹介します。

*注文に対応できる

在庫品を十分に保持していると急激に需要が上がり、注文が殺到したとしても対応できます。
仮に商品に欠損が生じたとしても在庫があれば、すぐに代替品を用意することができます。
対応が早くなればなるほど、クライアントの満足度は上がるため、リピーターになってくれる可能性が高くなります。
つまり、在庫をたくさん抱えることによって本来売り上げるはずだった機会を逃すことがなくなるので良いでしょう。

*コスト削減

たくさんの在庫を一括で管理することで、手間やコストを減らせる場合があります。
何回かに分けて商品を発注するよりも、一度にたくさんする方が手間を省けますし、移動費用や管理費用も抑えられるのでオススメです。

□在庫がもたらすデメリット

*税金がかかる

意外と知らない方が多いですが、在庫には税金が課せられます。
在庫を抱えすぎて、毎月思いがけない額の税金を課されるケースがよくあります。
必要な在庫と不必要な在庫をしっかりと見極めて管理することが大切です。

*商品価値が下がる

想定していたより売れ行きが悪く、在庫を抱えすぎてしまうと時間の経過とともに商品は劣化して価値が下がってしまいます。
特に食品関連の商品は、劣化するスピードが速いので注意が必要です。
また、劣化を伴わない商品でも時間が経過すると、性能が良い新商品が出たり、トレンドが変わったりするため商品自体の価値が下がることがあります。

*効率の良い管理が求められる

メリットとしてコスト削減を紹介しましたが、効率の良い管理をしないと逆に手間やコストがかかってしまう場合があります。
在庫を多く抱える際は、保管するスペースが必要になり、コストが増えます。
また、保管スペースが大きくなれば、商品を入れ替える時に時間がかかります。
これらのことから、効率の良い在庫管理をしなければかえってコストがかかるので注意してください。

□まとめ

今回は、在庫が経営に与える影響について詳しく解説しました。
在庫にはメリットがあればデメリットもあるので、上手に自己管理することが安定した経営につながります。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。

 

個人事業主の方に在庫品に関する注意点を解説します!

「個人事業主だけど在庫に関して何もわからない」
「在庫品に関しての注意点が知りたい」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
今回は、そんな方向けに在庫品に関する注意点について詳しく解説します。

□在庫とは

最初に、在庫とはどのようなものかを解説します。
在庫には「商品」と「消耗品」の2種類があります。
在庫となる「商品」は、売ることを目的に仕入れます。
例えば、売れ残っている商品のほかに、生産をして販売できる状態の製品や、生産途中の半製品や仕掛品、材料などが含まれます。
在庫となる「消耗品」は、販売目的ではなく自分が使うもので、仕入れたが使いきれていないものです。
例えば、紙、ペン、テープ、段ボール、電球などの消耗品のことを指します。
原則、月末や年末などに棚卸しをしてどちらも在庫の数を把握しておく必要があります。
しかし、毎回同程度の数が残る消耗品に関しては、棚卸を省略しても良いです。

□注意点

*在庫商品の劣化

在庫商品を長い間抱えると、商品が劣化して価値が著しく低下してしまう可能性があります。
特に食品関連の商品は、劣化するスピードが早いので注意が必要です。

*在庫には税金がかかる

仕入れ額と売上額の差額の関係で、在庫が多いとその分税金を支払わなければなりません。
在庫が増えすぎる前に在庫処分セールを行なったり、業者に依頼したりするなどして在庫を極力抱えないようにしましょう。

 

□棚卸し

棚卸しとは、正しい決算を行うために在庫を数えることです。
正確な在庫を把握することで、正しい決算ができます。
ほとんどの企業が在庫の把握のために月末に棚卸しを行っているでしょう。
しかし、棚卸しをしているが「正直、よくわかっていない」、「どのように棚卸しをするのが良いかわからない」という方もいらっしゃるでしょう。
毎日の営業活動の精度を上げ、利益率を高めるには棚卸しに関する正しい知識を習得することをおすすめします。
棚卸しにどうしても手間や人手がかかってしまう方は、専門業者に依頼するのも良いかもしれません。
業者はプロなのでミスも少ないですし、効率も良いです。
そのため、自分で棚卸しをするよりもコストを抑えられるかもしれません。

 

□まとめ

今回は、自営業の方向けに在庫に関して注意することを解説しました。
利益を最大化するためには徹底した在庫管理が重要です。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。

 

処分すべき在庫とは?種類ごとに詳しく解説します!

「どの在庫品を処分すべきかわからない」
「処分するべき在庫品の種類について知りたい」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
今回はそんな方向けにどういった在庫を処分するべきかについて詳しく解説します。

 

□余剰在庫

余剰在庫とは、商品が劣化して価値が落ちていたり、流行りが過ぎていたりして売れ残っている在庫のことです。
例えば、ガラケーや型落ちゲーム機のゲームソフトは、流行りが過ぎて売れる見込みがあまりないので処分すべき在庫と言えます。
他にも消費期限が過ぎた食品や、花や生き物などの時間の経過とともに劣化する在庫も早めに処分するべき在庫です。
注文が殺到すると在庫が足りなくなったり、製造業では在庫が少ないことで納期を守れなかったりと、在庫をあまり持たないと多少のリスクはありますが、多くの余剰在庫を抱える必要はないです。
余剰在庫を抱えることで人件費や管理費が比較的多くかかります。
また、賞味期限や流行が過ぎてしまうと売れ行きが著しく悪くなってしまいます。
価格を下げれば売れる可能性がありますが、売り切っても損害になることが考えられます。
しっかりと在庫を管理し、余計な在庫は持たないようにすることが利益の最大化につながります。

□不良在庫

不良在庫とは、販売できる可能性が低く、他の商品の価値を下げる可能性がある在庫を指します。
具体的には、不良品や欠陥品などがあります。
また、不動在庫、死に筋在庫、低回転在庫などと言われることもあるそうです。
デッドストックのことだと思っていらっしゃる方も多いでしょうが、不良在庫は「他の商品の価値を下げる」点でデッドストックとは違います。
不良在庫の例は、腐ったホウレンソウ(売れない+他のホウレンソウを腐らせる)や劣化したコート(売れない+他の服に色が移る)などです。
不良在庫の価値が低いだけでなく、他の商品の価値を下げてしまう可能性があります。
会計上では資産扱いであるため、データを見ただけではわかりにくいですが、実質的な資産が減少していることもあります。
気づかないうちに倒産させてしまわないように、まず不良在庫を出さないような在庫管理をして、不良在庫が出た際は正しく処分する必要があります。

□まとめ

今回は、処分するべき在庫品の種類について詳しく解説しました。
在庫を抱えすぎると、様々なリスクが発生するため、正しい知識を身につけておくことをおすすめします。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。