必見!なんでこのタイミング?在庫処分を決済前に行うメリットとは?

「他の企業が決済前に買取をしているのはなんでだろう?」「買取のタイミングにこだわる必要はあるの?」
このように考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに、買取のタイミングがわからないという業者様もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際決済前に買取を行う業者様は非常に多くございます。

そこにはきちんと理由がございます。その理由と買取のメリットをご紹介します。

◆なぜ在庫処分は決済前に多いの?

多くの企業様は3月、9月、12月と行った節目のタイミングに決済を設定しています。そして決済の意味づけとしてはその期の実績の確認と締めくくり、そして来期への引き継ぎ、節目のような働きをしている業者様が多いのではないでしょうか。

その節目の決算でどのような数字を出すのかで、決算前に在庫を処分するか考える業者様も多いと思います。一般的に期を通して在庫量が大きく変化しない方が業者様にとっては良いと考えられています。

その理由は期末に在庫が多いと、利益も多い可能性も考えられますが、その反対に現金資金が少ないという判断ができることです。

つまり、来期に使える現金資金が少ないということです。そのため決算でどのような数字を出したいかで在庫処分されるため決済前に多いのです。

◆決算前に在庫処分するメリットは?

決済前に在庫処分をするメリットは来期にどのように繋げていきたいかを決めることができます。

今期の在庫を抱えたまま来期に入ることで利益の可能性を残す

のか、今期の在庫を買取処分して少しでも現金資金を増やして、来期に使える資金を増やすのか、などを決めることができるということです。

多くの業者様は在庫を買取処分されます。それは、在庫を数字上は利益見込みで考えますが、今季売れなかったものが来期に売れるのかは非常に疑問が残るため、それならば買取処分を行って、現金に換えて来期に新しい在庫で勝負する方が可能性があると判断するからです。

 

◆まとめ

決算前に在庫処分を行う理由はご理解いただけましたでしょうか。

上記のように来期にどのように繋げるか、来季の資金繰りはどうかなど、今期の締めくくりだけではなく来期にも繋がるため重要な選択になると思います。

今期と来期の節目として買取を決断される業者様が多い傾向にあるように感じます。もし気になった業者様がいらっしゃいましたら、当社でも買取を行っていますので、是非ご連絡ください!買取査定のお見積もりは完全無料でさせていただきます!

必見!返品在庫を貯めるのはNG!返品在庫を溜めるデメリットとは?

「最近返品が多くて、返品在庫が溜まってきた。」「返品在庫を貯めるデメリットってなにかな?」 このようにお考えの業者様もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに、最近ではEC販売などが一般的になり、サイズ合わなかったり

イメージと違ったりすると、返品対応になるため返品在庫が増えてしまいますよね。

しかし、返品在庫が増えるのは仕方がないと思ってしまっていけません。今回の記事では返品在庫を貯めるデメリットをご紹介します!

 

◆溜めていても全く価値がない

返品一回で返ってくる商品は多くても数点のため大した量ではないと甘く見がち

ですが、少数でも積み重なれば、蓄積され、増えていきます。

しかし、溜まっても売らなければ全く価値はありません。

それだけでなく商品の売り時はどんどん過ぎ去っていくため、その商品自体の価値も下がってしまいます。

そうならないためには返品で返ってきて未開封で使えそうなものに関してはすぐに売り場に戻し、もう一度販売することが重要です。

◆溜めることは価値がないだけじゃない?

上記で述べたように、返品で返ってきたものを溜めておいてもなんの価値ものないない上に、その商品自体の売り時を逃すということが問題です。 しかし、返品在庫を溜めておくことのデメリットはそれだけではありません。

それは場所のコストがかかるということです。在庫を抱えるということはその在庫をおいておく場所のコストがかかってしまいます。

しかし、そのコスト以上の問題があります。本当の問題は在庫を抱え、保管する場所を在庫に使うことによって、新たな商品を仕入れることができなくなります。

すると、売れない商品は倉庫に溜まり、新しい商品は倉庫が空いていないため仕入

れることができない、という悪循環に陥ってしまいます。

この状況は店舗運営するにあたって最悪の状況と言えるでしょう。このようにならないためにも、売り時を逃さず、しっかり返品在庫も売り切ってどんどん新商品を仕入れられるように心掛けましょう。

◆まとめ

在庫を溜める事にほとんどいいことはありません。返品で返ってきて商品も溜める事なく売れる時にしっかり売り切っておくことが大切です。

倉庫に置いていくだけでも場所のコスト、それを整理したり品出ししたりする人の人件費のコストなど気づかないところでコストがかかり価値も下がっています。

そのような悪循環に陥らないように気をつけましょう!ぜひ参考にしてみてください!

必見!不良在庫の処分の方法は?そのメリットとデメリットとは?

「在庫を抱えすぎた。」「在庫の処分どうしよう。」このように考えている業者さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに在庫を抱えてしまうと、どのようにしたらいいのかわからなくなりますよね。

特に思い入れがあったり、何かの記念だったりすると捨てることもできないこともあるようです。

そのような方のため今回の記事では在庫の処分方法をご紹介します!

◆買取業者

在庫の処分方法には買取という方法があります。買取の大きなメリットは売れ残って抱えてしまった在庫がお金に変わるという点でしょう。また一気に買い取ってもらえるため、手間もかからずお手軽です。

反対にデメリットもあります。

デメリットは自分の商品がどこで売られるかわからないということがあります。

◆特売品

セール特売品価格やセール価格で販売することができれば、定価ではないものの一番自分たちの思いに近い金額で売れると思います。

しかし、危険な面としては、特売価格やセール価格で売り出したからといって全てが売れるわけではなく、そこでも売れ残り在庫になってしまう可能性が考えられます。

◆廃棄処分

一番簡単なのは廃棄処分かもしれません。一括で処分でき、買取査定などもないため、すぐに在庫を処分することができます。

そのため決算前に税金対策で廃棄処分を行う業者さんも多いようです。

しかし、廃棄処分をするにはコストがかかってしまいます。在庫を抱え、売上にならないだけでなく、廃棄コストまでかかってしまうのは避けるべきではないかと思います。

◆倉庫に保管

これに関しては在庫処分とは言えませんが、非常に多くの業者さんがこの方法を選ぶようです。その理由はいつか売れるのではないかという課題の先送りです。確かに、可能性としては残りますが、少しリスクもあるような気がします。

そして倉庫に保管はコストがかからないと思っていませんか?倉庫に保管する際にもコストはかかります。ものを倉庫まで運ぶコストや場所のコストがあります。

その在庫がなければ新商品を倉庫に保管でき、売れては補充するという好循環ができるかもしれません。その可能性まで失うことも考えられます。

◆まとめ

在庫処分の方法はご理解いただけたでしょうか。

一番避けたいのは在庫を抱え、コストがかかり、全く利益を生まないことだと思います。在庫処分はもちろん倉庫に保管することもコストがかかるため、ぜひ早い段階で決断しましょう。

当社では在庫の買取を行っております。
また当店では買い取ったものは当社で運営しているリサイクル店で販売しますので、売られる場所も安心です。ぜひ一度ご相談ください!