不良在庫はデッドストックではない?2つの違いをご紹介します!

「不良在庫はデッドストックではないのかな」
「不良在庫が発生しないためにはどうしたらよいのかな」
このようにお考えの方も多いでしょう。
 
この記事では、処分するべき在庫と不良在庫が発生しないための対策方法についてお伝えします。
少しでも興味のある方は、ぜひ参考にしてくださいね。
 

処分するべき在庫とは

 
処分するべき在庫とはどのような在庫なのでしょうか。
ここでは、処分するべき在庫を種類別にお伝えします。
 
1つ目は、余剰在庫です。
これは、商品が劣化して価値が落ちてしまったり、流行が終わってしまったりした在庫のことを指します。
これらの在庫は売れる見込みがないため、処分を行うべきでしょう。
 
2つ目は、不良在庫です。
これは、販売できる可能性がかなり低く、他の商品の価値を下げてしまう在庫のことを指します。
例としては、欠陥品や不良品が挙げられます。
 
この在庫はデッドストックではありません。
デッドストックとは違い、不良在庫は他の商品の価値を下げてしまいます。
この在庫はきちんと処分するべきです。
 
処分するべき在庫についてお伝えしました。
不良在庫がデッドストックではない理由は分かったでしょうか。
 

不良在庫が発生しないための対策方法について

 
不良在庫はないに越したことはありませんよね。
ここからは、そんな不良在庫が発生しないための対策方法をご紹介していきます。
 
1つ目は、適切な在庫の量にするということです。
在庫の管理を徹底することで、不良在庫が出る可能性は低くなります。
 
2つ目は、在庫を減らす気持ちを持っておくということです。
このような気持ちを持ち、売上を増やすことだけでなく、在庫を減らすことも考えて利益をあげるようにしましょう。
 
3つ目は、在庫回転率を計算するということです。
一定期間の売上原価を一定期間の平均在庫金額で割ることで在庫回転率の計算ができます。
この数字が大きいほど在庫の回転が早いということになります。
 
大きすぎても在庫が切れやすくなるため、適切な在庫回転率を保つようにしましょう。
 
不良在庫を出さないためにどうすればよいのかをご紹介しました。
これらの対策方法はぜひ実践してみましょう。
 

まとめ

 
今回は、処分するべき在庫と不良在庫が発生しないための対策方法についてご紹介しました。
必要のない在庫は適切に処分を行いましょうね。
 
閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。 どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

倒産品で困っていませんか?倒産品を買取してもらう方法をご紹介します!

「倒産品を買取で処分したいな」
「在庫買取の流れを知りたいな」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

この記事では、倒産品を買取で処分する方法と在庫買取の流れをご紹介します。
少しでも興味のある方は、ぜひ参考にしてくださいね。

倒産品を買取で処分する方法について

倒産品を買取で処分する方法とは、どのようなものなのでしょうか。
ここでは、買取処分の方法について詳しくご紹介します。

倒産品を買取してもらうためには業者を見つける必要があります。
業者の見つけ方についてお伝えします。

業者を見つける際には、実績を重視するようにしましょう。
買取を希望する商品によっては、それらの専門業者が存在します。
買取をしてもらうものが複数ない場合は、専門の業者を利用してみても良いかもしれません。

加えて、すぐに対応をしてくれる業者を選ぶようにしましょう。
対応をしっかりしてくれない業者は、足元を見ている可能性があります。
もし、そのような業者に依頼をしてしまったという場合は、依頼をする業者の変更をするようにしましょう。

倒産品を買取してもらう方法についてご紹介しました。
買取をしてもらう業者は、上記の方法を参考に選んでくださいね。

在庫買取の流れとは

在庫を買取してもらう流れはご存じでしょうか。
ここからは、在庫買取の流れについて紹介していきます。

当社の商品買取は、以下のように進められます。

1つ目は、商品の写真を送っていただくことです。
その後、当社から概算での査定金額をお伝えします。

2つ目は、サンプルをお送りいただくことです。
サンプルが到着後、現物を見て買取金額を決定します。

3つ目は、商品を全て発送していただくことです。
こちらで全商品の検品を行います。

4つ目は、買取金額を受け取っていただくことです。
基本的に銀行振り込みによって支払いを行います。
納品後、確認を行って約1週間以内に振り込みをさせていただきます。

配送をしていただくことによって、全国どこでも買取を受け付けています。
物量が多い場合で買取価格への合意がある程度できている段階では、出張お見積もりを行える可能性があります。

まとめ

今回は、倒産品を買取で処分する方法と在庫買取の流れをご紹介しました。
倒産してしまった場合は、適切な方法で対処できると良いですね。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

ガムやキャンディなどの買取

去年、駅の売店を運営されている会社様から、余剰の在庫品を買取させて頂きました。

2020年からほぼ全ての人が感染予防のマスクを利用するするようになったため、口臭を気にする必要が無く、主にガムやキャンディなどが売れ残ってしまったということでした。

新型コロナの影響が口臭ケア用品に影響が出るのは初めて聞き驚きました。

 

在庫には種類がある?余剰在庫と滞留在庫の違いをご紹介します!

大量の在庫がありお困りの方はいらっしゃいませんか。
実は在庫には種類があります。
今回は余剰在庫と滞留在庫の違いを詳しく説明します。
在庫処分をお考えの際はぜひ参考にしてください。

余剰在庫と滞留在庫とは

これらの2つの単語を初めて聞いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
これらは在庫について考える上で知っておくべき重要な単語です。
以下で詳しく紹介するのでお役立てください。

余剰在庫は、倉庫や会社などで保管されている売れ残った商品をいいます。
滞留在庫との大きな違いはその商品に売れる見込みがあることです。
そのため、余剰在庫はすぐに問題になる訳ではありませんが、利益に悪影響を与えるため早く対処しましょう。

滞留在庫は、保管されているが売れる見込みがない商品です。
具体例として、賞味期限が近い食べ物や袋に傷があるが挙げられます。
将来、利益を生む可能性はかなり低いため早く排除することが必要です。
多くの場合は業者に売ったり、廃棄したりすることで対処します。

余剰在庫や滞留在庫を減らす方法を紹介します!

需要の予測を正確にすることで在庫を減らすことはできますが、完璧に予測するのは不可能です。
そのため、大量の在庫を抱えたときは、物流管理システムを利用することがおすすめです。
これにより、適切な在庫量を保てます。
以下で在庫を減らすための具体的な方法を3つ紹介するので参考にしてください。

1つ目は、余剰在庫を値下げすることです。
まだ需要が見込める場合は値下げを実施すると良いでしょう。
これにより、予想以上に販売でき在庫をなくせる可能性があります。
しかし、ブランドの印象に関わるため頻繁に行うことはおすすめしません。

2つ目は、アウトレットで販売することです。
アウトレットではシーズンが過ぎていたり、欠陥があったりする商品が通常より安い値段で販売されます。
アウトレットに来る人の多くはそのような少しの問題を気にせず、安く商品を購入するために訪れます。
商品に大きな問題がなければアウトレットで販売することもおすすめです。

3つ目は、業者に買取依頼をすることです。
売れる見込みがない商品の場合は、業者に買い取ってもらうことを推奨します。
売れる見込みがなければ上記の方法をとっても利益を生み出せません。
行き場のない在庫をお金にするために業者に買い取ってもらいましょう。

まとめ

今回は余剰在庫と滞留在庫について詳しく解説しました。
当社では幅広い商品を買い取っていますので、滞留在庫をお持ちの方はぜひご利用ください。

当社は、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

不良在庫を処理したい方必見!処理方法を詳しく解説します!

「不良在庫をどのようにして処理すれば良いのだろうか」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

不良在庫は管理に費用がかかる上に他の商品にも悪影響を及ぼすため、なるべく早く処分したいですよね。
そこで今回は、不良在庫の処分方法について詳しく解説します。
店舗を運営している方は、ぜひ参考にしてください。

不良在庫とは?

不良在庫とは、売れる見込みがなく、経済的な悪影響を及ぼす在庫を指します。
場合によっては、不動在庫、低回転在庫とも呼ばれます。
不良在庫は単に余っているだけでなく、他の在庫が持つ価値を減少させる特徴があります。
さらに、その在庫を管理するために余分な費用がかかる場合もあるため、早急に処分を検討する必要があります。

不良在庫の処分方法について

不良在庫を抱えてしまった場合、どのようにして処分すれば良いのでしょうか。
処分方法は大きく分けて3つあります。
ぜひ参考にしてください。

在庫の廃棄

不良在庫は保管しているだけで、保管料や管理費などといった予定外のコストがかかる可能性があります。
賞味期限・消費期限が過ぎてしまって、廃棄する以外の手段がない商品の場合は、正式な手続きを踏んですみやかに廃棄処分を行いましょう。

値引き販売

定価で売るのは難しいものの、商品自体の劣化は見られない場合、値引きセールで不良在庫を販売する方法もあります。
特に季節限定の商品は、この方法で売上を図るケースが多いです。
ただし、頻繁な売り切りセールは企業のイメージを下げてしまう可能性があるので、注意しましょう。

専門業者に買取依頼をする

不良在庫を処分する際に、まず考えてほしいのがこの方法です。
一見売れそうにない商品であっても買取をしてくれる業者もあります。
専門買取業者のホームページには、買取可能な商品のジャンルや状態などが記載されているので、一度確認することをおすすめします。

当社も在庫処分の買取を実施しており、衣食住に関わる商品をはじめ、さまざまなジャンルに幅広く対応しています。
不良在庫の処分を検討している方がいらっしゃれば、お気軽にご相談ください。

まとめ

今回は、不良在庫の特徴や在庫を処分する方法についてご説明しました。
在庫処分をご検討中の方は、上記で紹介した処分方法を参考にしてください。

当社は、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

倒産後に在庫はどうなるの?在庫を買取してもらうことが可能です!

倒産した場合、在庫がどうなるのか疑問に思う方が多いのではないでしょうか。
可能であればそれらを少しでも現金化したいですよね。
そこで、この記事では倒産後の在庫について紹介します。
倒産の心配がある方はぜひ参考にしてください。

倒産後に在庫はどうなる?

倒産後の在庫がどうなるか想像できますか。
実は個人事業や会社が破産すると在庫は最終的に破産管財人が処理します。
その際にいくつかの注意点があります。
以下で2つの注意点を紹介するのでお役立てください。

1つ目は破産直前の財産についてです。
その期間の財産は破産管財人によって詳細に確認されます。
もし、在庫を知り合いや迷惑な債権者に渡すとその在庫商品の取り戻しを請求される可能性があります。
低すぎる値段で売却しても問題視される可能性があるため注意しましょう。

2つ目は在庫が多すぎる場合です。
在庫が多すぎて処分するのに費用が高くつく際は裁判所にその費用を払う必要があるかもしれません。
それをしないと破産の手続きを始められない可能性があります。

在庫を買い取ってもらう時の流れとは?

在庫は売却することもできます。
売却する際には取り扱い商品の多い当社をぜひご利用ください。
ここで、当社で買取に出していただく場合の流れを紹介します。

商品を買取に出す際は、まず売却したい商品の写真を撮って送ってください。
それを見て、当社がおおよその査定金額を提示します。

その金額に納得していただけた場合は商品のサンプルを当社まで送ってください。
その実物を見て当社が買取価格を決定します。

その後、全商品を出荷していただき当社がそれらを検品します。
検品が確認できれば、買取金額を銀行に振り込むという流れが当社の買取サービスです。

買取金額のお支払いは基本的に銀行振り込みとなるためご了承ください。
お支払いのタイミングは全商品の納品後、商品の確認をしてから2営業日から7営業日以内となります。

主に写真とサンプルで見積もりをするため、商品を送っていただけるのであれば全国で対応が可能です。
現地での出張見積もりも、買取価格にある程度のご理解をいただいている場合に伺っております。

まとめ

今回は倒産後の在庫について紹介しました。
倒産後は在庫の処分か売却をする必要がありますが、注意点を守らなければスムーズにそれらができないため気を付けましょう。

当社は、閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫には税金がかかる!?節税するための方法についてご紹介します!

在庫を多く抱えてしまっている方や企業の方は、在庫には税金がかかることをご存じでしょうか。
在庫と法人の税金には密接な関係があり、在庫を抱えると課税されます。
しかし、そのことについてご存じでないという方もいらっしゃると思います。
そのため、本記事では、在庫と税金の関係性についてご紹介します。

在庫と税金の関係性について

まずは、在庫と税金の関係性についてご紹介します。

上記でも述べたとおり、在庫を抱えると税金が課税されます。
具体的には、今期末の在庫が前期末よりも増加すると、法人に法人税などが課税されます。
在庫は現金化される見込みのある換金資産であり、現金預金と同等の扱いをされるからです。
つまり、在庫の増加は所得金額の増加として扱われます。

ここで、みなさんの中にはどこまでの費用が在庫の金額として扱われるのか疑問に思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
在庫の金額としては、その商品の仕入れ高に加えて、以下の費用が含まれます。

まずは、購入した商品についてです。
購入した商品に関しては、商品の検収など販売のための費用と、材料の運送など消費のための費用、長期にわたる保管費用などが在庫の金額として含まれます。

次に、製造した商品についてです。
製造した商品に関しては、製造のために要した原材料費、労務費、工場の運用費などが在庫の金額として含まれます。

節税の方法について

上記では、在庫と税金の関係性についてご紹介しました。
次に、すぐに行える節税対策についてご紹介します。
本記事では2つの方法をご紹介します。

1つ目は、仕入れる商品単価を抑えることです。
在庫は届出をしていない場合、「最終仕入原価法」によって在庫の評価がされます。
これは、事業年度の最後に仕入れた商品の仕入れ単価によって在庫商品の金額を評価する方法です。
そのため、その最後に仕入れる商品単価を抑えることで、在庫の金額も低くなります。

2つ目は、在庫を減らすことです。
売上高から差し引く売上原価が多くなることは、利益が減少することを意味しており、それに伴って税金が少なくなります。
そのため、専門会社に依頼するなど、さまざまな方法を用いて在庫を減らしてください。

まとめ

本記事では、在庫と税金の関係性についてご紹介しました。
在庫を抱え過ぎてしまうと、その分税金が多く課税されてしまうため、対策を取りましょう。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

在庫処分をする際の注意点とは?専門家が解説します!

在庫を多く抱えてしまっていて、在庫処分をすることを検討されている方はいらっしゃいませんか。
在庫を多く抱えてしまうとデメリットがあるため、処分することをご検討されている方も多いのではないでしょうか。
本記事では、そのような方のために在庫処分の方法と注意点についてご紹介します。

在庫処分の方法について

まずは、在庫処分の方法についてご紹介します。
本記事では、3つの方法をご紹介します。

1つ目は、セールで売ることです。
徐々に売れ行きが悪くなっている商品に関しては、値下げをして売ることで在庫処分ができます。
「セール」という言葉に引き寄せられる方も多いため、タイミングを見計らって値下げしましょう。
また、その際にどれほど値下げしたのか記載することで、消費者の購買意欲を高められるため、ぜひ試してみてください。

2つ目は、アウトレットで販売することです。
在庫処分を目的に運営している店舗をアウトレットストアと言い、売れ残った商品や通常価格では販売できない傷ものを安く販売することで、在庫の増加を防止しています。
消費者にとってもアウトレットでは通常価格よりも安く購入できるため、人気が高まっています。

3つ目は、専門会社に依頼することです。
在庫の処分を行ってくれるだけではなく、買取も行ってくれる会社に依頼すると処分する費用を最小限に抑えられます。

在庫処分する際の注意点について

次に、在庫処分する際の注意点についてご紹介します。
本記事では、在庫を廃棄する場合と買取に出す場合の注意点についてご紹介します。

1つ目は、廃棄処分する場合です。
在庫を廃棄する場合は、証明書を作成して、保管する必要があります。
証明書を作成せずに帳簿上のみで処理をしてしまうと、税務署から廃棄の証明を求められた際に、認められない可能性があります。
また、贈与という形で処分した際にも課税されることがあるため、注意してください。

2つ目は、買取に出す場合です。
在庫を買取に出す際は、その売り上げを計上する必要があります。
また、買取に出す場合は、依頼する会社選びも重要です。
悪徳な会社に依頼すると、結果的に損をしてしまう可能性があるため、注意してください。

まとめ

本記事では、在庫処分の方法と注意点についてご紹介しました。
在庫はあまり抱え過ぎずに、早めの対処をするように心がけてください。
また、処分する際にも本記事でご紹介した注意点に気をつけましょう。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

化粧品の在庫処分の方法についてご紹介します!

化粧品の在庫を多く抱えてしまっていて、処分することをご検討されている企業の方はいらっしゃいませんか。
化粧品には消費期限があるものも多く、在庫処分を検討されている方もいらっしゃると思います。
本記事では、そのような方のために化粧品の在庫処分の方法についてご紹介します。

化粧品の在庫処分の方法について

化粧品業界は参入障壁が低く、製造販売業態数は増加の一途をたどっています。
その一方で、新商品のリピート率はあまり高くないため、在庫を多く抱えてしまうという企業の方も多いのではないでしょうか。
また、上記でもご紹介したとおり、化粧品には未開封で約3年、開封後は3〜6ヵ月という消費期限があるため、在庫を処分せざるを得ないという方も多いと思います。
本記事では、化粧品の処分方法についてご紹介します。

1つ目は、廃棄することです。
それほど大きくない化粧品に関しては、一般ゴミとして自治体の処分方法に則って処分が可能ですが、化粧品メーカーの在庫処分となると、一般ゴミでの廃棄は難しいでしょう。
また、化粧品の場合、中身と容器を分けて処分する必要があるため、かなりの手間がかかってしまいます。
処分するための人件費なども必要であると考えると、かなりの費用が必要であることがわかります。

2つ目は、ディスカウント市場に流すことです。
ディスカウントショップでは、旧型の製品や、消費期限間近の製品を大量に仕入れることで、低価格での販売を実現しています。
低価格なだけでなく、品質を伴っているため、近年ではユーザーの支持を集めています。
そのため、消費期限がまだ切れていない製品などに関してはディスカウントショップに流すと良いでしょう。

在庫の化粧品は有効活用できないのか

上記では、化粧品の在庫処分の方法についてご紹介しました。
しかし、できるだけ処分せずに有効活用したいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような方は、買取専門会社に買取を依頼することをおすすめします。
在庫買取をしてもらうことには2つのメリットがあります。

1つ目は、コストの削減です。
在庫を抱えることは、人件費や管理スペースの運用費用がかかってしまいます。
そのため、抱え過ぎてしまうとキャッシュフローが悪化してしまいます。
しかし、買取会社に買取を依頼すると、最短で現金化できるためキャッシュフローが在庫を抱えている時と比較して良くなります。

2つ目は、新しい販売ルートを確保できることです。
買取会社に買取に出すことで、悪質な転売を防げます。
また、その買取会社が独自の販売ルートを持っている場合は在庫の新しい流通先を探せる契機でもあります。

まとめ

本記事では、化粧品の在庫処分の方法についてご紹介します。
化粧品の処分は非常に難しいですが、買取の専門会社などを活用して、有効的に処分しましょう。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。

不良在庫をお持ちの方へ!不良在庫のさばき方についてご紹介します!

在庫を抱えていらっしゃる方や企業の方は、不良在庫についてご存じでしょうか。
不良在庫とは、売れる見込みのない、経済的に悪影響のある在庫を指しますが、その処理方法がわからない方もいらっしゃるでしょう。
本記事では、そのような方のために不良在庫のさばき方についてご紹介します。

不良在庫はなぜ良くないのか

不良在庫のさばき方についてご紹介する前に、なぜ不良在庫がいけないのかについてご紹介します。

結論としては、製品を作るために投じた資金が溜まってしまうからです。
多くの会社は営利目的であるため、自社のお金を増やそうとします。
そして、一般的に資金は現金と製品、売掛金という流れを繰り返しています。
そのため、資金の形を変化させたものである製品をそのままの状態で留めてしまうことはそのサイクルを止めてしまっていることを意味します。

つまり、不良在庫をためてしまうと資金繰りが悪化してしまい、最悪の場合倒産してしまうのです。
このことから、倒産を避けるためにも不良在庫を処理して、在庫管理をしっかりと行うことが重要です。

不良在庫のさばき方について

次に、不良在庫のさばき方についてご紹介します。
本記事では、3つの方法をご紹介します。

1つ目は、原価に近い価格で販売することです。
原価に近い価格であっても、在庫が50パーセント未満になれば利益は基本的にその後回収できます。
そのため、不良在庫を大量に抱えているという方は、原価に近い価格での販売を検討しましょう。

2つ目は、福袋として販売することです。
福袋を購入される方は、中にあまり使わない商品が入っていることを認識した上で購入されている方が多いでしょう。

そのため、不良在庫を福袋の商品の1つとして入れても、クレームを入れる方は少ないと予想されます。
しかし、賞味期限の切れているものや品質が落ちている商品に関しては、福袋に入れて販売することをおすすめしません。

3つ目は、人気商品とセットで販売することです。
人気商品や定番商品とセットで不良在庫を販売することで、在庫を減らせます。
そのため、不良在庫に関連する人気商品や定番商品がある場合は、セットで販売することを検討してください。

まとめ

本記事では、不良在庫がなぜいけないのか、不良在庫のさばき方についてご紹介しました。
本記事ではご紹介しませんでしたが、そのまま廃棄してしまうことや在庫処理会社に委託するのも1つの選択肢でしょう。
当社は閉店商品・倒産商品の買取を強化しているので、ぜひ一度ご相談ください。

閉店商品・倒産商品の買取を強化しています。
どのような商品が買取可能なのか「閉店倒産商品」ページをご確認ください。