買取した在庫を再販売する際にブランドイメージを下げない対策とは?

みなさん、在庫買取業者が商品を再販売していることはご存知ですか?再販売をすると、安値で市場にもう一度商品が出回ってしまうため、そのブランドイメージを下げてしまう可能性があります。

しかし、買取業者の中にはブランドイメージを下げないための再販売方法をしている業者もあります。
そのような業者に依頼することで、ブランドイメージの低下を防げます。
そこで今回は、ブランドイメージを下げないための業者の対策についてご紹介します。

□ブランドイメージを下げないための対策とは?

ここでは、具体的な対策を3つご紹介します。

*海外に輸出する方法
日本で安値の商品が出回るのを防ぐために海外に輸出する方法です。
例えば日本の家電は、海外において価値が高いです。

そのため、買い取る側も買い取ってもらう側にも双方にメリットがあります。
このように海外に輸出することで、日本において型落ちの商品が出回ることを防ぐことができ、結果的にブランドイメージを下げないことにつながります。


*再販売時にメーカーなどを隠す

再販売時に商品写真を企業の既存のものではなく、買取業者が独自に撮影した写真を使用するという方法です。
こうすることで、買い取ってもらったメーカー名や、型式名などを伏せて販売できます。
この販売方法なら日本で再販売されたとしても、メーカーのブランドイメージが下がることを防ぐことが可能です。

*要望に応じてくれる業者を選ぶ
最後に重要なのが信頼できる買取業者を選ぶことです。企業側の要望を聞いてその企業が望んでいる再販売方法を実施するかどうか、という点を考慮して買取業者を選んでみると良いでしょう。
企業側のブランドイメージに関する要望や販売方法に関する要望について事前に企業と打ち合わせする業者は、企業側のブランドイメージが下がるようなことはしないだろうと信頼をおけますよね。

□最後に

ここまで、ブランドイメージを下げないための業者の対策についてご紹介しました。
再販売の方法によって、ブランドイメージを下げることを防げます。
そのため、事前に買取業者と打ち合わせをして、希望する再販売の方法を伝えておくと良いでしょう。

 

弊社では、海外での再販売、日本国内での再発売に関して細心の注意を払っているのはもちろん、お客様のご要望に応じて再販売の方法を採ることを重視しております。
再販売方法や在庫買取に関してお悩みがありましたらぜひ弊社へお気軽にご相談ください。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です