不良在庫を抱えない対策と処分方法とは?|在庫買取業者が解説!

決算の会計時などに、頭を抱える要因のひとつが不良在庫ではないでしょうか。
また現在、その不良在庫に悩んでおられる方はいらっしゃいませんか?

不良在庫を抱えないためにはどのような対策があるのでしょうか。
そこで今回は、不良在庫を多く抱えないための対策と不良在庫の処分方法についてご説明します。

□不良在庫を抱えないための対策

ここでは、不良在庫を多く抱えないための対策として2つの方法をご紹介します。

*適正量を仕入れる
一度に大量に仕入れをすることにより通常の価格よりも安く仕入れられる場合があります。

この場合、一見するとコストを削減できているように思えますが、実際は大量の在庫を発生させる原因となりうる場合があります。
在庫を発生させてしまってはせっかくコストを削減しても意味がありません。
そのため、適正量を見極めて仕入れることが有効だといえます。

*在庫管理を見直す
在庫の管理の不備が原因で、不良在庫が発生する場合もあります。
こうした場合は在庫管理のシステムを見直すことが不良在庫を減らすのに効果的でしょう。
注意すべき点は、在庫管理は小売業や製造業などその会社によって適切なシステムは異なるという点です。
そのため自身の会社に合った在庫管理システムを適切に導入する必要があります。

□不良在庫を処分する方法

次に、多く抱えてしまった不良在庫を処分する方法について3つの方法をご紹介します。

*安く売りだす
不良在庫を、型落ちや売れ残りとしてセールなどで販売する方法です。
会計時に在庫として残さないためにも、利益がでる範囲のギリギリの価格で売ることで在庫を処分できます。
しかし、安売りによってブランドイメージへのダメージが出るという恐れもあるので、注意が必要です。

*専門業者に買取を依頼する
法人や個人事業主の在庫品などを買い取ってくれる業者に買い取りを依頼する方法です。
買い取ってもらうことで本来過剰な在庫が原因で出るはずであった損失を抑えられます。
また、決算時の節税対策になるなどのプラスの影響を受けられる可能性もあります。
在庫買取業者によっては、企業のブランドイメージを守るシステムがある業者もあります。
そのため、不良在庫処分において有効な方法ではないでしょうか。

*廃棄する
不良在庫を会計時に残さないために廃棄してしまう方法です。
この方法をとることによって会計時のマイナスの影響を抑えることができます。
この方法においては、税務調査の時のために在庫を確実に廃棄したと証明するものが必要です。
証明するものとは、廃棄受託業者の領収書や廃棄したもののリストなどが該当します。

□最後に

不良在庫を抱えないためにはシステムの見直しや仕入れ量の確認をすることが有効です。
また、抱えてしまった不良在庫に関しては廃棄する、安く売る、業者に買い取ってもらうなどの方法があります。
不良在庫にお悩みの方にとって今回の内容が少しでも参考になれれば幸いです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です