これ以上処分したくない!背取りで滞留在庫を出さないためには

背取りをして副業に少しお金を稼ぎたいという方はいませんか?実は背取りにとって重要なのは滞留在庫を出さないことなんです。ではその滞留在庫とは何でしょうか。

今回は、背取りにとって重要な滞留在庫とその滞留在庫を出さないようにするテクニックについてお伝えします。これを読んで利益率の高い背取りを成功させて、普段の生活を少しでもリッチにされてみてはいかがでしょうか。

・滞留在庫とは

滞留在庫とは、簡単に言うと、売れ残ってなかなか片付かない在庫のことです。滞留在庫があると、倉庫などの収納スペースを無駄に使ってしまいます。

これにより、新しい商品が仕入れられず目に見えない機会損失が発生したり、必要以上に管理費が発生したりすることになります。

 

また、新しいほど価値の高い商品は、放っておくだけでその価値が下がることもあるので、なおさら注意が必要です。

・滞留在庫の原因と対処法

背取りの場合の滞留在庫の原因は大きく分けて二つあります。

1.売れない商品を仕入れている

まず考えられるのが、商品に価値がないため買ってもらえず、その結果買った商品が倉庫にたまっていくだけという状態です。自分が仕入れる商品は市場価値のあるものかということをしっかりと調べたうえで商品を仕入れることをお勧めします。

なお、市場価値があるかどうかは、自分がその商品を売ろうとしているインターネット上のプラットフォームなどで仕入れを検討している商品の名前を検索してみるのが手っ取り早いかと思われます。

また、自分が詳しいジャンルの物に特化して仕入れるのも一つの手です。ほかの人よりも知識のある分野で、その知識を活かして掘り出し物を見つけてみてはいかがでしょうか。

2.商品につける値段が高すぎる

価値のある商品を仕入れているのに買い手がつかない場合はその商品に対する値段が高すぎるということがあります。しっかりと市場価値を調べたうえで少し安めに出すのが早く売るコツです。なるべく高く売りたいのはわかりますが、長期にわたって滞留在庫になればその期間で別のものを仕入れて売った方が利益が高かったということにもなりかねません。回転率も意識されてみてはいかがしょうか。

今期は背取りにおける滞留在庫とその原因、対策についてお伝えしました。仕入れの段階からしっかりと調査をすることで売れ残りを防ぎ、綺麗で整頓された倉庫を保つことにもつながります。

なお、長期滞留在庫は思い切って在庫品買取業者に依頼して買い取ってもらうことをお勧めします。滞留在庫を売り払った代金を、新たな商品の購入資金にしてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です