返品在庫が増えるのはなぜ?原因は情報にありました!

返品在庫に倉庫のスペースを食われてしまって困っているという方はいらっしゃいませんか?返品在庫はもう一度売るのも困難ですしどうにか処分したいものですよね。

ではそもそも返品在庫はなぜ増えてしまうのでしょうか。
今回は返品在庫の増える原因についてご紹介します。

・返品在庫の増える原因とは

そもそも返品というのはどういった流れで起きるのでしょうか。消費者が商品を買ってから返品するまでの流れをフローに沿って理解してみましょう。

商品の情報を知る→商品に魅力を感じる→商品を購入する→商品が届く→商品を確認する→商品に何らかの問題がある→返品

上記の流れで返品は行われるはずです。ここで直接的に原因があるのは商品を確認した後になんらかの問題が生じているからです。その問題はどこから発生しているのでしょうか。

一度商品を買っているのに返品するということは、自分が購入する前にイメージしたものと何らかの齟齬が発生しているということが挙げられます。この場合でいうと、イメージと商品の情報もしくはイメージと商品の魅力に何らかのずれがあったため返品されたという風に考えることができます。

・商品の情報とのずれ

商品の情報とのずれの場合、早急にその情報を確認する必要があります。何か誤表記があったのかもしれませんし、手続きなどの手違いで消費者に間違った情報が届いているかもしれないためです。

商品のサイズや材質、色などは現実に沿った正しいものを消費者に伝わりやすく表記することが重要です。

・商品の魅力とのずれ

これは「何か思っていたのと違った」といった理由で発生するずれです。仮に正しく商品の情報を表記していたとしてもその情報から得たイメージと実物が異なれば返品のリスクにつながります。

具体例として、パンツのサイズ表記は正しいが、縮みやすい素材で着心地はフィット性が強いという商品があったとします。

こういった商品にサイズのみを表記して販売すると、ずれが発生する可能性があるわけです。

消費者の使用をしっかりとイメージして正しい情報に加えて正しいイメージを持ってもらえるようにわかりやすい説明を心がけるとよいのではないでしょうか。

今回は返品在庫の原因についてお伝えしました。商品がせっかく売れているのに戻ってきてしまうのはもったいないですよね。鍵を握るのは消費者に伝わる情報かもしれません。あなたの商品の情報説明は大丈夫でしょうか、一度見直してみてもよいかもしれません。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です