在庫処分をする際に知っておきたい有力な業者の選び方を2つご紹介

商品を大量に生産して、それらを大量に余してしまったり、転売目的でたくさんの商品を仕入れたが思っていたより売れずに残ってしまったりなど、様々な理由で在庫の処分にお悩みの方は少なくありません。

滞留してしまった大量の商品ですが、「何か利益に変わるかも」となんとなく倉庫などに残しておくだけでは結局何の利益にもなりません。それどころが、それら大量の商品を管理費用がかかってしまい、かえって不利益を被ってしまいます。

しかし、大量に仕入れたり、大量に生産するのにもお金がかかっていますから、処分するとなるとなかなか気が重いですよね。せめて少しものお金や価値に換えたい、とお考えになると思います。

そんな方々には、大量に余ってくれる在庫を買い取ってくれる「在庫買い取り業者」がオススメです。買い取り業者に依頼する場合、その依頼する業者によって大量の在庫を買い取ってくれる額がかなり異なってしまうことがあります。

そこで今回は、余してしまった在庫をできるだけ有利に売却するために、どういった業者が有力なのか、その選び方についてご紹介します。

[大口ロットに対応可能かどうか]

小口で複数での販売になってしまうと、手続きが煩雑なのに加えて、それに伴う費用が多く発生してしまいます。大口での取引が可能な業者であれば、一度での在庫の買い取りが可能なので、売り手からしてみれば、より楽な手続きに加えて費用も大量の在庫を送る費用も抑えることができます。

[多くの販路を持った業者]

販路が少ない業者であれ、その在庫を買い取った業者が売却できない可能性が出てくるので必然的に買い取り価格は下がってしまいます。

しかし、すでに販路を多数抱えている業者であれば多量の在庫を買い取っても売却が可能であるので比較的高価での買い取りが可能になります。在庫買い取り業者の白石商事は、国内はもちろん、海外にも多数販路を抱えているので、比較的高価な買い取りを実現しています。

以上、溜まってしまった不良在庫の売却をする際に、よりお得に売却ができるような取引業者の選び方について2つご紹介しました。

一つは販路を複数持っていることです。これはその業者がどれくらい長くこの業界にいるかと比例するでしょう。もう一つは大口ロットに対応可能かどうかということです。

大口ロットに対応している業者の方が効率が上がるので、比較的高くでの在庫の売却が可能でしょう。上記のことを参考に、在庫の買い取り業者を選んでみてはいかがでしょうか?

カテゴリー: 未分類   パーマリンク