滞留在庫で悩んでる方必見!滞留在庫を溜めない対策方法とは?

「毎回、滞留在庫がどうしても溜まってしまう」このようなお悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?
滞留在庫があると業務への支障が多少なりともでてきてしまいますよね。

そこで今回は、滞留在庫を溜めない対策方法をご紹介します。

■連携の取れたシステムを導入する

在庫管理や販売管理などの基幹系システム同士の連携をしっかり取ることができれば、二重三重の作業が発生しないため、入力ミスや入力忘れなどを防ぐことができます。

また、作業を一回で終わらせることができるので業務の効率化につながり、生産性を上げることが可能です。

このような連携を取ることができるシステムといえば、ERP(統合基幹業務システム)が挙げられます。
これは、在庫管理から会計システム、顧客管理などの幅広い基幹系システムをすべて提供しています。

ERPは高価で大企業が導入しているイメージが強いかもしれませんが、ここ最近ではクラウドサービスが台頭したことにより、低コスト化が進んで中小企業でもたくさん導入されています。

■在庫管理をマニュアル化する

担当者ごとに異なった作業を招かないためにも、事務処理や全ての作業を同一化するなど在庫管理のマニュアル化と現場での管理の徹底は必要不可欠です。
在庫管理に関連する規則を作った場合は、必ずマニュアルを改定するようにしましょう。

また、事務処理に関してもマニュアル化し、管理を同一化して生産性のレベルアップを図りましょう。

■ロケーション管理の徹底

ロケーション管理は在庫の管理を明確にして、在庫が見つからないという状況を防止するために行われます。
仕入れた時期ごとに物を配置したり、種類に応じて分ける方法があります。
取り扱う物の特徴などによって使い分けることが重要です。

■タブレット、バーコードの利用

在庫管理にバーコードを使用すれば、ピッキング時はスキャナーで読み取るだけで在庫管理を行うことができます。
また、現場にタブレットを導入することでより効率的な在庫管理を行うこ

とが可能になります。

タブレットを導入することによって、現場にいながらシステムへの入力を行うことができるので、データの正確性が向上します。
このようにITを利用すれば、在庫管理をより効率化することが可能ですよ。

■まとめ

今回は滞留在庫を溜めないための対策を紹介しました。
これからの業務の改善に向けて、上記でご紹介したことを是非あなたの会社でも役立ててみてくださいね。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です