滞留在庫を溜めこむことにはデメリットがあるのは本当?

滞留在庫を溜めこんでしまっている業者は多いのではないでしょうか?
しかし、滞留在庫を溜めていてもメリットは何もありません。
そのためできるだけ早く処分することをおすすめします。

 

この記事では、滞留在庫を溜めこんでいることによって生じるデメリットをご紹介しますので是非参考にしてみてくださいね。

■滞留在庫の定義

滞在在庫とは、たとえ新品であったとしても型落ち・季節外れなどで、適正価格で販売することができず、大幅な値引きを行わないと売ることができないと考えられるもののことを指します。

■滞留在庫を溜めるデメリット

1.税負担が生じてしまう

税金がかけられる会社の所得は利益をもとにして計算が行われますから、滞留在庫を廃棄することによって利益が減ればその分所得も減り、支払う税金を少なくすることができます。
逆に廃棄するしかない滞留在庫をずっと保管してしまっていると、本来廃棄すれば軽減することができる税金を余分に払わなければなりません。
滞留在庫を廃棄して税負担をいかに減らすかが重要です。

2.会社のお金が減少してしまう

在庫が滞留しているということは、その在庫の生産・購入に掛かったお金だけがでていって、それらを販売・使用すれば入ってくるはずのお金が入ってこないということを意味します。
要するに会社のお金が、滞留在庫の分だけ減少してしまっているということです。

3.管理の手間が発生してしまう

通常の在庫を管理するのと同じぐらいの手間が発生してしまいます。
会社にお金をもたらすことがない在庫を管理するためだけに人件費、時間、在庫スペースを割かなければいけなくなります。そのため在庫の管理や業務が圧迫されてしまうことがよくあります。

■弊社の買取サービス

1.中古品の買取が可能

新品の商品だけでなく、一定の物量がある場合中古品の買取を行うことも可能です。
事務所の移転や、宿泊施設などの備品買い替え時にお気軽にご相談ください。

また大量商品が得意ですので、どんなにたくさんあっても対応することができます。

2.買取査定の見積り無料

創業以来、お見積りでお金を頂いたことは一切ございません。そのためお気軽にお見積りを依頼して頂けます。

3.様々なジャンルの商品の買取に対応しています。

基本的に再販売できるものと判断できたものは、ジャンルを問わず買取を行うことが可能です。
価値があると思ったらどんなものでもお問い合わせください。

■まとめ

今回は滞留在庫を溜めこんでいることによって発生するデメリットを紹介しました。
買取についてご相談等ございましたら、是非弊社までご連絡くださいませ。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です