返品在庫の処分にお困りですか?処分方法を2つご紹介

企業様や、個人事業主様で、返品される在庫に悩んでいる方々も少なくないと思います。

商品が返品されるということは、その商品に対するイメージが落ちてしまい、また会社に対するイメージも落ちてしまいます。

そして何より、その返品された在庫に管理に困ってしまいます。再販売しにくくなってしまったり、もしくは販売不可になってしまった商品を管理しておくと、在庫管理費用や、それに伴う人件費まで発生してしまいます。

そこで今回は、溜まってしまった在庫処理方法について2つに絞ってご紹介します。

[安売り]

消費期限や賞味期限が近づいてしまった食品や、服などの流行り廃りがあるものでシーズンが過ぎてしまい「旬」ではなくなってしまったものは、商品として価値は低くなってしまいます。

よって、売れ行きもだんだん下がってしまい、大量の在庫となってしまうことがあります。そこでこういった「旬」の過ぎてしまった商品は、価値が下がってしまった分安売りされることもよくあります。

そのような売れ残りの在庫と同様に、返品在庫も安売りをするという手段を取れる

場合があります。

サイズが合わなかったり、購入者の意図にそぐわなかった商品などを、価格を落として

 

再び販売しているのがアウトレットセールなどです。実際にアウトレットセールによって、一定数の返品になってしまった商品を売ることができます。

 

しかし、自社の商品を安売りしてしまうことは、ブランドイメージを落としてしまうことに繋がりかねないなどのデメリットもあります。

[在庫買い取り業者へ売却]

在庫買い取り業者であれば、大量に返品になってしまった商品も買い取ってくれます。

また、買い取ってくれる商品の幅も広く、食品から工業品まで扱う業者もあります。

業績のある在庫買い取り業者は、豊富な販路を抱えていることで、比較的優位に商品を販売することができるので、予想よりも高い価格で在庫の買い取りをしてくれる可能性があります。

 

在庫の管理費用などを考えると会社に負担がかかってしまうことを考え、返品在庫や流動性の悪い在庫を業者に売却される方も多いです。

以上、返品在庫の2つの処理方法を紹介しました。まず一つに、安売りをしてお客様

の購買意欲を誘い再販売することです。しかし、これにはデメリットがあり、自社ブランドイメージを落としてしまう可能性があります。

もう一つの返品在庫処理方法として、在庫買い取り業者へ売却する方法がありました。比較的高めでの購入の可能性と幅広い商品の買い取りに対応しているので返品処理には適してしいます。上記のことを参考に、返品在庫の処理方法をご検討ください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク