増える返品在庫に悩む方へ|2つの原因と対処法をご紹介

小売店や専門店などを経営もしくは所有していて、返品在庫の増加にお悩みの方はいらっしゃいませんか?

返品が多いままでは、その返品在庫によってお店の経営が圧迫され続けるかも
しれません。

そこで今回は、返品在庫を減らして経営状況をより良くするために、返品がされやすくなる原因について二つご紹介します。

[返品がしやすいシステムになっている]

まず確認したいのが、返品がしやすいシステムを設けていないかという点です。
もちろん、不良品等に関して返品システムを設けることは、消費者の方に不利にならず安心して取引していただけると
いう意味で重要です。

しかし、なんでも返品可能としてしまうと、「気に入らなかった」「使用中に傷ついた」というような理由で気楽に返品されかねません。

実際に、返品の条件を具体的に設けていないオンラインショップでは返品が多いとも言います。そのような事態を防ぐためにも、しっかりとした返品条件を設けておくことが大切でしょう。

[イメージギャップを生んでしまっている]

次に確認したいのが、消費者のイメージと実際の商品に乖離がないかという点です。

ディスプレイされている商品から抱いたイメージと実際の商品との間にギャップがあったために返品が起こるケースはよくあります。

例えばオンラインショップなら、実際の色味やデザインが伝わるような写真を撮る工夫をしてみるのはいかがでしょうか。店頭販売であれば、ディスプレイとして並べるのみならず、試着や実際に触れてみることを顧客に促したり、機能の説明を詳しくしたりすることも考えられます。

こうした販売側の配慮により、イメージのズレによる返品の数を減らすことができるでしょう。

以上、返品在庫に悩んでいる方へ向けて、返品在庫が起こってしまう原因について二つご紹介しました。

一つ目に返品されやすいシステムを設けてしまっているということでした。返品条件を設けていないために返品しやすくなり、販売者にとって不利な状況になってしまっているのです。

もう一つが、イメージギャップによる返品でした。この返品をなくすためには、ディスプレイのみならず、実際に顧客に試着や商品を触ってみることを促し、商品の本当の質感や色を知ってもらうことが肝心です。

白石商事では、個人事業主を含む法人様向けの在庫商品の買い取り査定を行っております。既に存在する返品在庫にお悩みの方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です